東大二次試験対策にオススメの参考書『得点奪取 現代文』

東大二次試験対策にオススメの参考書『得点奪取 現代文』
出版社名:河合出版

科目

国語 現代文

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ジャンル

    現代文記述問題集

    目的

    現代文記述対策

    分量

    197ページ

    参考書対応大学

    東大などの難関大学の二次対策を行うための参考書は数多くありません。今回の記事では東大・京大などの難関大学を志望する受験生にとってオススメな『得点奪取 現代文』を紹介します。

    得点奪取 現代文の特徴

    『得点奪取 現代文』は東大や京大など難関大学の二次対策のために利用できる参考書です。東大の二次試験で出題される現代文の難易度はかなり高いです。『得点奪取 現代文』ではただ解説がされれているだけでなく、架空の受験生が解答をし添削がされている例を参考にすることができます。そのためどのような回答をすればよいか理解しやすいです。

    また解説には採点基準も載っており、自己採点も行いやすい参考書になっています。『得点奪取 現代文』を使うことで東大の二次試験で高得点を狙うことができるようになるのでぜひ取り組んでいただきたいです。

    参考書の使い方

    例題を参考に自分の力で取り組もう

    『得点奪取 現代文』は東大レベルの大学入試の対策ができる非常に優秀な参考書ですが、収録されている問題は少し難しいです。しかしこの参考書は教材の最初に5つの例題が載っています。この例題は受験生が入試本番に解くような例題なので、自分の回答が例題とどう離れているのか、どこが違うのか比較することができます。自分の実力を把握するためにもまずは自力で問題に取り組んでみましょう。

    また解説には「どこを改善するべきか」「どこが駄目なのか」をわかりやすい言葉を使って説明をしてくれているので自分の回答も改善することが出来るようになります。自力で問題を解いた後は解説をしっかりと読むようにしましょう。記述問題では採点者がどのような観点を持ち、どのような回答を求めているのかを理解し答えることがとても大切なので慌てず問題に取り組むようにしましょう。

    難しすぎる場合はレベルを1つ落とそう

    『得点奪取 現代文』は現代文の参考書の中でもかなり難易度の高い参考書です。東大を目指す受験生にとってできるだけ早くこの参考書に取り組みたい気持ちもわかりますが、もし難しいと感じた場合は無理をせず少し易しい参考書に取り組むことをお勧めします。

    オススメの参考書としては『きめる!センター現代文』です。センター試験対策に使用される参考書ですが、東大の入試に取り組むためにはセンター試験国語8割を取れるようにしなければいけません。そのため難しいと感じた場合は、焦らず『きめる!センター現代文』に取り組み、その後『得点奪取 現代文』に取り組みましょう。その後志望大学の過去問に取り組むことをお勧めします。

    『東大レベル』を狙う受験生に『得点奪取 現代文』がオススメの理由

    また東大の入試現代文はかなり難易度が高くセンター試験で8割が取れるほどの力がなければ難しい問題です。文章量も多いので正確に、出来るだけ早く読み解く必要があります。文章を最後まで正確に読むことができなければ、回答に必要な箇所を見落としてしまう可能性があります。そのため出来るだけ多くの問題に取り組み、その都度正確に問題文を読むように練習をしましょう。

    また東大の入試問題は選択問題より記述問題が多く出ます。『得点奪取 現代文』ではただ解説がされれているだけでなく、架空の受験生が解答をし添削がされている例を参考にすることができるので繰り返し問題に取り組むようにしましょう。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際に『得点奪取 現代文』を使ってどのように東大レベルの大学合格に近づくことがでいるのか、参考書ルートをまとめてみました。東大レベルの大学はかなり難しい問題が出題されるので、確実に点数が取れるように練習をしていきましょう。その分取り組むべき参考書は多いですが、丁寧に取り組んでいけば確実に実力も伸びていくので諦めないよう頑張ってください。

    東大レベルのルート

    東大レベルの大学を志望する受験生は『得点奪取 現代文』に取り組む前に『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』『国公立標準問題集 CanPass 現代文』に取り組みましょう。これらの参考書で基礎〜標準レベルの問題に取り組んだ後『得点奪取 現代文』『難関校過去問シリーズ』で過去問に取り組むための力をつけましょう。

    入試現代文へのアクセス基本編

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 190ページ
    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    国公立標準問題集 CanPass 現代文

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 127ページ
    難関校過去問シリーズ

    出版社 教学社
    対象となる大学群 難関大学
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 27年分

    まとめ

    東大レベルの大学を目指すために必要な『得点奪取 現代文』。記述問題対策にとてもお勧めです。しかし収録されている問題は難しいものが多いので難しいと感じた場合は無理をせず少しレベルを落として学習に取り組むことをお勧めします。また志望大学ごとにまとめた大学別参考書ルートを参考に志望大学の合格圏に近づけるように頑張ってください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP