『国公立標準問題集 CanPass 現代文』で地方国公立・東大入試を突破

『国公立標準問題集 CanPass 現代文』で地方国公立・東大入試を突破
出版社名:駿台文庫

科目

国語 現代文

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ジャンル

    現代文記述問題集

    目的

    現代文記述対策

    分量

    127ページ

    参考書対応大学

    MARCHや国公立大学を志望する受験生にとって記述問題の対策は大切です。そこで今回は『国公立標準問題集 CanPass 現代文』を紹介します。国公立でよく出題される記述問題の対策をしっかりと行うことができるのでぜひ参考にしてください。

    国公立標準問題集 CanPass 現代文の特徴

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は名前の通り国公立の大学を目指す受験生向けの参考書です。国公立の多くの二次試験では記述問題が出題される傾向が多くその対策のために『国公立標準問題集 CanPass 現代文』が利用されています。また国公立だけでなくMARCHや関関同立・早慶など難関私大では選択問題に加え記述問題が出題される時があります。

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は国公立を目指す受験生だけでなく記述式の問題が出題される難関私大を目指す受験生にもオススメの参考書となっています。『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は他の参考書と比べ採点の解説が細かいのでどのような記述が求められているのか解説を読むだけですぐに理解することができます。求められているポイントを正確につかむことは国語現代文の力を伸ばすために必要な力なのでこの『国公立標準問題集 CanPass 現代文』で力を上げていただきたいです。

    参考書の使い方

    別解の解説もしっかりと読もう

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』のように国公立の二次対策・難関私大の一般入試で出題される記述式の問題を扱っている参考書には採点ポイントが記載されていない場合が多いです。しかし『国公立標準問題集 CanPass 現代文』ではなぜこのポイントが必要なのか、なぜこの解答が求められているのかしっかりとポイントをまとめています。

    さらに解説だけでなく別解も解答にあるので自分の力が正解にどれくらい近づいているのか、何が足りないのか自分でも分析を行うことができます。解答と自分の回答をしっかりと比較して何が足りないのか理解することで国語現代文の記述問題の問題の得点を上げることが出来るので諦めずに取り組みましょう。

    志望大学の過去問に取り組もう

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』に取り組んだ後は志望大学の過去問に取り組みましょう。『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は標準〜発展レベルの問題を取り扱っているのでこの参考書に取り組む力を身につけることができれば、志望大学の過去問に取り組んでみましょう。

    しかし適当に参考書に取り組み、復習をしっかりせず次の問題に進んでしまうと記述問題に取り組むための力を身につけることができません。非常に効率の悪い学習になってしまうので1問1問丁寧に復習を行うようにしましょう。

    また過去問で記述式の問題に取り組んだ後は、予備校や学校の先生に添削をしてもらってください。記述問題は自分が問題を理解するだけでなく、採点者が理解することが出来る文章を書くことが大切です。恥ずかしがらず添削をしてもらいましょう。

    『地方国公立・東レベル』を狙う受験生に『.国公立標準問題集 CanPass 現代文』がオススメの理由

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は名前の通り国公立対策に有効な参考書です。地方国公立や東大の二次試験では小論文や論述の問題が出題されます。もちろん選択問題も出題される入試が多いですが、記述問題が出題されることが多いです。そのため国公立の大学を志望する受験生は記述問題の対策をしておく必要があります。

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は標準レベルの国公立大学の二次試験対策を行うことができる参考書なので、中堅レベルの国公立を目指す人〜東大レベルの国公立を目指す受験生全てに取り組んでいただきたいです。

    しかし東大レベルの大学を目指す受験生は、センター試験国語で8割を取れる程の力をつけなければいけません。過去問に取り組む前に『国公立標準問題集 CanPass 現代文』を1問1問丁寧にしっかりと取り組んでください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際に『国公立標準問題集 CanPass 現代文』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介をします。大学別に参考書ルートをまとめてみました。もし自分の志望大学がない場合は志望大学の出題傾向を分析して似ている大学の参考書ルートを参考にしてください。

    地方国公立レベルのルート

    地方国公立レベルの大学を志望する受験生はこの参考書に取り組む前に、基礎〜標準レベルの問題に取り組むことができる力を身につける必要があります。そこでオススメの参考書は『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』です。

    そして過去問に取り組む前に『国公立標準問題集 CanPass 現代文』へ取り組み、最終調整を行うようにしましょう。

    入試現代文へのアクセス基本編

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 190ページ
    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ

    東大レベルのルート

    東大レベルの大学を志望する受験生は『国公立標準問題集 CanPass 現代文』に取り組む前に『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』に取り組みましょう。

    その後『得点奪取 現代文』『難関校過去問シリーズ』でさらに難しい問題に取り組み、志望大学の過去問に取り組めるように力を伸ばしましょう。

    入試現代文へのアクセス基本編

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 190ページ
    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    得点奪取 現代文

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 難関国公立大学
    ジャンル 現代文記述問題集
    目的 現代文記述対策
    分量 197ページ
    難関校過去問シリーズ

    出版社 教学社
    対象となる大学群 難関大学
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 27年分

    まとめ

    『国公立標準問題集 CanPass 現代文』は名前の通り国公立大学の二次試験対策の参考書ですが、MARCHや関関同立・早慶レベルの大学を志望する受験生も活かすことができます。記述問題の対策は別解が存在するので対策しにくいですが、諦めず取り組むことで国語現代文の読解力を上げることができます。志望大学ごとにまとめた参考書ルートを活用して合格圏に近づくことが出来るように頑張ってください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP