記述と選択問題の対策が同時に行える参考書『入試現代文へのアクセス 発展編』

記述と選択問題の対策が同時に行える参考書『入試現代文へのアクセス 発展編』
出版社名:河合出版

科目

国語 現代文

対象となる大学群

  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ジャンル

    現代文問題集

    目的

    現代文の読解演習

    分量

    16題 176ページ

    参考書対応大学

    難関大学を志望する受験生にぴったりな『入試現代文へのアクセス 発展編』。難関大学を目指す受験生にとって国語現代文で発展レベルの問題集に取り組むことはとても大切です。今回は『入試現代文へのアクセス 発展編』の使い方と特徴を紹介します。

    『入試現代文へのアクセス 発展編』の特徴

    この『入試現代文へのアクセス 発展編』はMARCH・関関同立レベルの大学を志望する受験生にオススメの参考書です。この参考書には記述問題と選択問題両方とも収録されているので、記述式の問題が出題される大学でもカバーすることができます。解説もわかりやすく、どのようにして正解を導くことができるのかそのプロセスまで丁寧に解説をしてくれるので現代文が苦手な人でも取り組みやすくなっています。

    『入試現代文へのアクセス』は基本編も出版されていますが、MARCH・早稲田・東大レベルの大学を志望する受験生は基本編に取り組んんだ後はこの発展編に取り組みましょう。

    参考書の使い方

    根拠を明確にして答えよう

    『入試現代文へのアクセス発展編』に収録されている問題はレベルが高いです。ですがMARCHや早慶など難関大学の入試ではさらに難しい問題が出題されます。国語現代文で高得点を狙うには問題に取り組むときはその都度どのような流れの文章になっているのか、前後の段落の関係性はどうなっているのかを確認をしながら読み進めてください。そうすることで混乱することなく落ち着いて文章の趣旨を理解することができます。

    問題にも根拠を持って答えることができるようになるので、問題に取り組むときは集中して取り組むようにしましょう。しかし丁寧に読みすぎてしまうと本番で時間以内に解き終わることができなくなってしまうので、問題に取り組むときは制限時間を設けて取り組むとより効果的でしょう。

    別解の解説もしっかりと読もう

    『入試現代文へのアクセス 発展編』は記述問題が出題される難関大学(MARCH・早稲田・東大)レベルの入試をカバーすることができるように、選択問題と記述問題が収録されています。上記でも紹介しましたが解説にはなぜこの回答になるのか、そのプロセスを紹介してくれますし記述問題の回答には別解を掲載している問題もあります。

    そのため一度自力で問題に取り組んだ後は、解説をしっかり読んで復習を行うようにしましょう。解説を読んで自分の回答に足りない部分を分析したり、選択問題であればもし自分が導いた答えの根拠が異なっていたらどこで捉え方を間違えたのか修正を行うようにしましょう。そうすることで問題の正解率をあげることができます。

    『MARCH〜東大レベル』を狙う受験生に『入試現代文へのアクセス 発展編』がオススメの理由

    MARCH・早稲田・東大レベルの一般入試や二次試験の国語の入試では、選択問題だけでなく記述式の問題が出題されることがあります。しかし特に記述問題のある私大志望者にとっては、多くの私大向けの参考書では選択問題しか収録されておらず記述問題に取り組もうと国公立向けの参考書に取り組むとレベルが高すぎて挫折してしまうことがあると思います。

    しかしこの『入試現代文へのアクセス 発展編』は記述問題と選択問題のどちらも収録しており、レベルも難関私大を目指す受験生にぴったりな参考書になっているのでぜひ取り組んでいただきたいです。また東大レベルの大学を目指す受験生にとっては記述式の問題に取り組むためにも少しずつ問題のレベルを上げていくと、効率よく学習を進めることができるのでオススメです。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際に『入試現代文へのアクセス 発展編』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか紹介します。大学ごとに参考書ルートをまとめてみました。もし自分の志望大学がない場合は志望大学の出題傾向を分析し、似た傾向の大学の参考書ルートを参考にしてみてください。

    MARCH・関関同立レベルのルート

    MARCH・関関同立の大学を志望する受験生は『入試現代文へのアクセス 発展編』に取り組む前にまず『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』に取り組むことをお勧めします。これらの参考書で基礎〜標準レベルの問題に取り組めるようにしましょう。

    その後『入試現代文へのアクセス 発展編』に取り組み、過去問に取り組む前に『GMARCH&関関同立の現代文』で最終調整を行うようにしましょう。

    入試現代文へのアクセス基本編

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 190ページ
    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    GMARCH&関関同立の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 GMARCH、関関同立
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 140ページ

    早稲田レベルのルート

    早稲田レベルの大学を目指す受験生はまず『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』で基礎〜標準レベルの問題に取り組み、力を伸ばしましょう。

    その後『入試現代文へのアクセス 発展編』に取り組み、『GMARCH&関関同立の現代文』『現代文と格闘する』『早稲田の国語』で発展レベルから過去問に取り組むための力を身につけましょう。

    入試現代文へのアクセス基本編

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 190ページ
    きめる!センター現代文

    出版社 学研マーケティング
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解演習
    分量 405ページ
    マーク式基礎問題集 現代文

    出版社 河合塾
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文演習
    分量 229ページ
    日東駒専&産近甲龍の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文過去問演習
    分量 105ページ
    現代文読解力の開発講座

    出版社 駿台文庫
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文読解・要約演習
    分量 173ページ
    GMARCH&関関同立の現代文

    出版社 日栄社
    対象となる大学群 GMARCH、関関同立
    ジャンル 過去問集
    目的 過去問演習
    分量 140ページ
    現代文と格闘する

    出版社 河合出版
    ジャンル 現代文問題集
    目的 現代文の読解力強化
    分量 342ページ
    早稲田の国語

    出版社 教学社
    対象となる大学群 早稲田大学
    ジャンル 国語過去問題集
    目的 早稲田大学の学部別対策
    分量 384ページ

    まとめ

    『入試現代文へのアクセス 発展編』は難易度の高い参考書です。しかし選択問題と記述問題を収録している参考書なので、難関大学を志望する受験生にとってはとても効率が良く取り組みやすい参考書になっています。解説もとても詳しいのでこの参考書で国語現代文の力を伸ばすことができるように諦めず頑張っていきましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP