『現代文勉強のスタートは田村のやさしく語る現代文』

『現代文勉強のスタートは田村のやさしく語る現代文』
出版社名:代々木ライブラリー

今回紹介する『田村のやさしく語る現代文』は現代文を解くために必要なテクニックを学ぶことができる参考書です。初めて現代文を学ぶ人・現代文が苦手な人はぜひ取り組みましょう。今回は『田村のやさしく語る現代文』の特徴や使い方を紹介します。

田村のやさしく語る現代文の特徴

今回紹介する『田村のやさしく語る現代文』は現代文が苦手な受験生、もしくは国語の受験勉強を始めたばかりの受験生にオススメの参考書です。「現代文の点数が全然上がらない・・・」と悩みを抱えている受験生が入試で基礎テクニックを身につけることができます。

この参考書は国語が苦手な方でも最後まで取り組むことができるように収録問題数が少ないです。そのため集中して現代文の問題への取り組み方、注目すべき点を学習することができるので今後国語現代文の点数を上げたい受験生にオススメの参考書です。さらに演習問題を行いたい人は別の参考書にも取り組みましょう。

参考書の使い方

基礎事項を学習しよう

現代文で出題される選択肢はどれも正解に思えてしまい、なかなか正解できないことが多いと思います。しかし『田村のやさしく語る現代文』は国語の現代文で正解を導くためのテクニックを伝授してくれるのでセンター試験や選択問題の入試にはもってこいの参考書です。

国語現代文はただ読めば正解できる訳ではありません。ある程度基礎事項を身につけておかなければ安定した得点を取ることができないです。そのため参考書に記載されている基礎事項をしっかり身につけましょう。この参考書は国語の現代文で得点が取れない人の気持ちをしっかりと理解した上でわかりやすく解説をしてくれるのでぜひ取り組んでみてください。

2日で第一部を読み、2部は1日1題取り組むようにしよう

『田村の優しく語る現代文』は2部に分かれています。第1部は現代文の解き方や注目すべきポイントをわかりやすく解説をしてくれます。この第1部で現代文に取り組むにあたり必要な箇所を吸収することができるので適当に読むのではなく、しっかりと理解しながら先に進むようにしましょう。

そして第1部で吸収した知識を使って第2部の練習問題に取り組みましょう。この参考書は紹介されたテクニックを実際に使って練習問題に取り組むことができます。自分の実力が上がっていることを実感することができるので国語の苦手意識も払拭できます。

解き終わったら演習問題に取り組もう

『田村のやさしく語る現代文』は国語現代文の問題の解き方をわかりやすく解説してくれている参考書ですが、センター試験や入試問題に勝負するだけの力を身に付けることができません。『田村のやさしく語る現代文』は問題数がかなり少なく、センター試験の国語現代文の問題が網羅されていません。『田村のやさしく語る現代文』に取り組み終わったら演習問題に特化した参考書に取り組み入試に必要な力をつけていきましょう。

『日東駒専〜東大レベル』を狙う受験生に『田村の優しく語る現代文』がオススメの理由

日東駒専〜東大レベルの大学を目指す受験生の多くが入試で現代文を受けると思います。入試で出題される問題を解くには基礎を身につけていなくてはいけません。この参考書は基礎を覚えて実際に問題に取り組むことができるよう、2部構成になっています。

国語の現代文というとどのように学習を始めたらよいかわからない人も多く、現代文は勉強しなくてもいいやと諦めてしまう人もいます。『田村の優しく語る現代文』出来るだけ正解率をあげてセンター試験や入試で得点率を高めることで他のライバルとの差をつけることができます。

さらに早くこの参考書に取り組んでおくことで基礎を固める時間ができますし、今後の学習に活かせる知識をこの参考書で吸収しましょう。この参考書は日東駒専〜東大レベルを目指す全ての受験生にオススメの参考書です。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際にこの参考書を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか各大学レベルごとに参考書ルートをまとめました。自分の志望大学と現在の自分の実力をしっかりと理解した上で参考書ルートを参考にしてみてください。またこの参考書ルートに自分の志望大学が入っていない場合は、志望大学のレベルと入試問題の傾向をしっかりと比較して似ている大学ルートを参考にしてください。

日東駒専・産近甲龍レベルのルート

日東駒専、産近甲龍レベルの大学を志望した人は『田村の優しく語る現代文』に取り組んだ後『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』に取り組むようにしましょう。

これらの参考書はセンター試験のような選択問題の入試傾向のある大学に適した参考書です。『田村の優しく語る現代文』で学習した知識を実際の問題に使うことができるので応用力なども身につけることができます。その後自分の志望大学の過去問に取り組むようにしましょう。

入試現代文へのアクセス基本編

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 190ページ
きめる!センター現代文

出版社 学研マーケティング
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 405ページ
マーク式基礎問題集 現代文

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文演習
分量 229ページ
日東駒専&産近甲龍の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文過去問演習
分量 105ページ

地方国公立レベルのルート

地方国公立レベルの大学を志望する受験生は『田村の優しく語る現代文』に取り組んだ後『入試現代文へのアクセス基本編』に取り組み基礎問題に慣れるようにしましょう。その後標準問題が中心の『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』に取り組み実力を伸ばします。

応用力や入試で生かすことが出来る力を身につけるために『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』に取り組みましょう。そして過去問に取り組む前に『国公立標準問題集 CanPass 現代文』で最終調整をしましょう。

入試現代文へのアクセス基本編

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 190ページ
きめる!センター現代文

出版社 学研マーケティング
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 405ページ
マーク式基礎問題集 現代文

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文演習
分量 229ページ
日東駒専&産近甲龍の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文過去問演習
分量 105ページ
現代文読解力の開発講座

出版社 駿台文庫
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文読解・要約演習
分量 173ページ
国公立標準問題集 CanPass 現代文

出版社 駿台文庫
ジャンル 現代文記述問題集
目的 現代文記述対策
分量 127ページ

MARCH 関関同立レベルのルート

MARCH・関関同立を目指す受験生は『田村の優しく語る現代文』に取り組んだ後『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』に取り組みましょう。センター試験レベルの標準問題に数多くことで出題ジャンルの傾向も把握することができますし、繰り返し問題に取り組みながら『田村の優しく語る現代文』で学習した知識を使ってみましょう。

その後『日東駒専&産近甲龍の現代文』で偏差値50前後のレベルの問題に取り組み、難関大学の合格圏に近づくために『現代文読解力の開発講座』『入試現代文へのアクセス 発展編』『GMARCH&関関同立の現代文』に取り組むようにしましょう。その後志望大学の過去問に取り組みましょう。

入試現代文へのアクセス基本編

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 190ページ
きめる!センター現代文

出版社 学研マーケティング
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 405ページ
マーク式基礎問題集 現代文

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文演習
分量 229ページ
日東駒専&産近甲龍の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文過去問演習
分量 105ページ
現代文読解力の開発講座

出版社 駿台文庫
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文読解・要約演習
分量 173ページ
入試現代文へのアクセス 発展編

出版社 河合塾
対象となる大学群 MARCH、関関同立
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 176ページ
GMARCH&関関同立の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 GMARCH、関関同立
ジャンル 過去問集
目的 過去問演習
分量 140ページ

早稲田レベルのルート

早稲田レベルの大学を志望する受験生はできるだけ早い段階で『田村の優しく語る現代文』に取り組み国語現代文に取り組むための力を身につけましょう。その後まずは標準問題に取り組むために『入試現代文へのアクセス基本編』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』『日東駒専&産近甲龍の現代文』に取り組みましょう。

そして志望大学の合格圏に近づくためにさらに難しい問題を取り扱っている『現代文読解力の開発講座』『入試現代文へのアクセス 発展編』『GMARCH&関関同立の現代文』に取り組み、過去問に取り組む前に『早稲田の国語』で最終調整を行うようにしましょう。どの参考書も『田村の優しく語る現代文』で学んだテクニックを忘れないようにしましょう。

入試現代文へのアクセス基本編

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 190ページ
きめる!センター現代文

出版社 学研マーケティング
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 405ページ
マーク式基礎問題集 現代文

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文演習
分量 229ページ
日東駒専&産近甲龍の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文過去問演習
分量 105ページ
現代文読解力の開発講座

出版社 駿台文庫
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文読解・要約演習
分量 173ページ
入試現代文へのアクセス 発展編

出版社 河合塾
対象となる大学群 MARCH、関関同立
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 176ページ
GMARCH&関関同立の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 GMARCH、関関同立
ジャンル 過去問集
目的 過去問演習
分量 140ページ
早稲田の国語

出版社 教学社
対象となる大学群 早稲田大学
ジャンル 国語過去問題集
目的 早稲田大学の学部別対策
分量 384ページ

東大レベルのルート

東大レベルを目指す受験生はこの『田村の優しく語る現代文』にできるだけ早い段階で基礎学習を終了させましょう。そしてその参考書で学習したテクニックを使い『入試現代文へのアクセス基本』『きめる!センター現代文』『マーク式基礎問題集 現代文』『センター試験過去問 本試』で出題問題のジャンルを把握しておきましょう。

その後『日東駒専&産近甲龍の現代文』『現代文読解力の開発講座』で少し難しい問題に取り組み、『国公立標準問題集 CanPass 現代文』で国公立の入試に向けた学習を進めましょう。そして過去問に取り組む前に『得点奪取 現代文』『難関校過去問シリーズ』で最終調整を行うようにしましょう。

入試現代文へのアクセス基本編

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 190ページ
きめる!センター現代文

出版社 学研マーケティング
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文の読解演習
分量 405ページ
マーク式基礎問題集 現代文

出版社 河合塾
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文演習
分量 229ページ
日東駒専&産近甲龍の現代文

出版社 日栄社
対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文過去問演習
分量 105ページ
現代文読解力の開発講座

出版社 駿台文庫
ジャンル 現代文問題集
目的 現代文読解・要約演習
分量 173ページ
国公立標準問題集 CanPass 現代文

出版社 駿台文庫
ジャンル 現代文記述問題集
目的 現代文記述対策
分量 127ページ
得点奪取 現代文

出版社 河合出版
対象となる大学群 難関国公立大学
ジャンル 現代文記述問題集
目的 現代文記述対策
分量 197ページ
難関校過去問シリーズ

出版社 教学社
対象となる大学群 難関大学
ジャンル 過去問集
目的 過去問演習
分量 27年分

まとめ

国語の現代文の受験勉強のスタートは『野村の優しく語る現代文』で決まり、と言えるほど国語現代文の基礎事項を学ぶことが出来る参考書です。現代文の勉強を後回しにせずしっかりと早い段階で取り組んでおくことで、今後の国語の点数の伸びが変わってきますのでぜひ取り組んでみてください。また参考書ルートも参考にして志望大学の合格圏に近づけるように頑張りましょう。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP