金沢大学

金沢大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1大問2が英語長文問題。大問3が自由英作文の問題となっています。長文問題の中にも文章を読んであなたの意見は賛成か反対か記述する自由英作文に似た問題も出題されています。他の大学の問題と比較すると自由英作文の出題の割合が高い大学になります。英語長文の対策と自由英作文の対策を中心に勉強を進めて行きましょう。

対策
英語の長文に関しては『国公立標準問題集Canpass』のレベルまでは仕上げておきましょう。ただ、他の大学と比べて和訳問題が少ないのでその辺の対策よりはどちらかというと自由英作文の対策に力を入れると良いかと思います。自由英作文に関しては『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』の方で対策をしていきましょう。英作文の書き方を学んでしっかり記述で書けるようになってもらえたらと思います。

国語

傾向
大問1が現代文の問題。大問2が古文の問題。大問3が漢文からの出題となっています。どの大問にも共通して言えることは記述問題も量が多いということです。記述・論述問題の対策をしていくことが金沢大学の国語の問題の攻略にとても重要なポイントになってきます。

対策
現代文は記述問題の対策として『国公立標準問題集Canpass現代文』のレベルまでを仕上げておいて貰えたらいいかと思います。古文漢文も共通なのですが『国公立標準問題集Canpass古典』の方で記述対策をしていきましょう。
記述対策のコツとしてはまず自分で回答を書いてみて、答えに足りない部分を採点基準と照らし合わせながらみていって下さい。最終的には完全答案を自分で再現できるようになるまで繰り返し練習をしていきましょう。その記述・論述対策をしっかり行った後、過去問の対策をすれば十分金沢大学の国語で合格点が取れるかと思います。

文系数学

傾向
どの大問もいくつかの小問によって構成されています。後半にかけて徐々に難易度が上がっていく大問構成になっています。それぞれの問題を見てみると標準レベルの問題が多いです。しっかりと文系数学の対策を行った方であれば十分合格点が取れる設問になっています。

対策
『数学 基礎問題精講』でセンター試験のレベルで点数が取れるようにしていきましょう。『数学 基礎問題精講』で基礎を固めた後は『国公立標準問題集Canpass 数学』に取り組んでいきましょう。『国公立標準問題集Canpass 数学』と同じようなレベルの問題が金沢大学の過去問に出題されているので、この問題集の問題に完答できる力をつけていくことがとても重要になります。後は過去問で演習を重ねていきましょう。

理系数学

傾向
金沢大学の理系数学の難易度がやや高めの問題が多く出題されています。なので、難易度の高い問題にもしっかり取り組んで行くことが重要になります。難易度の高い問題がどれぐらい正答できるかというのが合否のポイントになってきます。

対策
『数学 基礎問題精講』で数Ⅰ・A~数Ⅲまでの基礎固めを行った後、『国公立標準問題集Canpass 数学』『理系数学入試の核心標準編』などの参考書で地方国公立大学レベルの数学の対策をしていきましょう。ここまでで合格点は十分狙えるのですが、さらに難易度の高い問題を正解していくために『易しい理系数学』で難易度の高い問題に対して思考力をつけていく対策も必要になります。『易しい理系数学』で難しい問題の対策も行っていきましょう。その後過去問を解き演習力をつけていって下さい。

物理

傾向
前半の大問1~大問3傾向としてはやや基礎的な問題。後半の大問4、大問5に関しては難易度の高い問題となっています。理工学部や医学部医学科薬学科に関しては難易度の高い問題まで解かなければならないので、レベルの高い物理の問題まで対策をするようにしましょう。

対策
基礎の問題であれば『国公立標準問題集Canpass 物理』や『物理のエッセンス』『良問の風』といった問題がしっかり仕上げられる実力があれば問題なく解けるかと思います。ただ、後半の大問4、大問5のような難易度の高い問題に関しては『名門の森』『物理重要問題集』まで着手しておくことをオススメします。『名門の森』『物理重要問題集』のレベルまで力がつけば大問4、大問5のような難易度の高い問題にも対応できるでしょう。

化学

傾向
前半の大問1~4は比較的易しめの問題が多いです。後半の大問5、大問6が難易度の高い問題が多いという形式になります。なので金沢大学の化学を受けるといっても学部によって難易度が大きく変わってくるので、対策もまた変わってくるということを意識して下さい。過去問を持っている方は早めに内容を確認することをオススメします。特に理工学域を受験する方にとっては後半の大問5、大問6でどれだけ点数が取れるかが合否の分かれ目になってきます。

対策
まず全学部受験者に共通して言えることは『化学リードLightノート』と『国公立標準問題集Canpass 化学』にしっかり取り組むようにして下さい。特に『化学リードLightノート』の時点での基礎固めが非常に重要になってきます。基礎の知識だけで解ける問題もいくつか出題されているので、基礎は徹底的に対策をしていきましょう。後半の大問5、大問6といった難易度の高い問題に関しては『国公立標準問題集Canpass 化学』の演習をしっかりやっていくことで対策をして下さい。『国公立標準問題集Canpass 化学』で補えない部分もあります。過去問を見てみると初めて見るような実験であったり、化学物質が出てきたりします。そのような問題は問題文をしっかり読み込み自分の知っている知識とうまく関連づけて解いていくことが必要になるので、過去問演習が非常に重要になってきます。
『国公立標準問題集Canpass 化学』をしっかり解き終えた後は過去問演習の中で初めて見る問題に対してアウトプットする練習をしていくようにしましょう。

生物

傾向
大問5問の中から3題もしくは4題問題を選択する形式になっています。選択数は学部によって異なります。なので大問5問の中から自分が解ける問題の見極めがとても重要になってきます。そのあたりは過去問演習で力をつけていくようにしましょう。問題の内容は生物の基礎知識を問われる問題が多いです。基礎が身についていれば最低限の点数は取れるような設問となっています。さらに得点を伸ばすためには多く出題されている記述・説明問題の対策を徹底的に行う必要があります。

対策
『生物 必修整理ノート』『生物基本徹底48』などで生物の基礎知識を身につけていくようにしましょう。記述問題の対策としては記述問題が多く入っている『国公立標準問題集Canpass 生物』を使って記述力を伸ばしていくようにしましょう。

金沢大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP