関西大学

関西大学は大阪府にキャンパスをもつ、関西圏屈指の人気を誇る大学です。
関西学院大学、同志社大学、立命館大学とともに「関関同立」と関西の4つの難関私立大学として知名度は抜群です。
関西大学独特の傾向があり、関西大学の過去問演習をじっくり行い、傾向に合わせた対策をしておくことが重要です。

関西大学 試験の出題傾向/対策

英語

【特徴と傾向】
英語は全てマーク式問題となっており、読解が多く出題される形式となっている。
大問1では会話問題とパラグラフ整序問題が出題される。
パラグラフ整序問題では正しい順序に並べ替える問題となっており、単語一つでも並び替えがミスるとだめになっている。大問2,大問3では長文問題となっている。
【対策方法】
大問1では過去問などで対策をしましょう。大問2ではMarchレベルの『やっておきたい英語長文500』までができていれば問題がない。
大問3は空所問題が出てくるため前後関係の問題が出てくる事がある。
問題が結構特徴となっているため過去問を通せば点数が取れるようになっていますので過去問のやり込みを行いましょう。

国語

【傾向と特徴】
現代文と古文の2題のみの出題となっている。
センター試験と形式が似ている。マーク式問題が多く、学部個別日程によっては記述問題がある。現代文では文章に傍線が引かれていないため、設問をよく見る必要がある。古文では選択式がヒントになるのが特徴となる。

【対策方法】
現代文ではMarchレベルの『Gmarchの関関同立の現代文』まで行いましょう。
ルートが間に合わない方は過去問のやり込みを最優先で行うようにしましょう。
古文でも『Gmarch&関関同立の古文』『「有名」私大古文演習』などのMarchレベルの参考書をやり込みましょう。同様にルートが間に合わない場合は過去問のやり込みを最優先で行いましょう。

文系数学

【傾向と特徴】
大問構成は3題となっており、易しめの問題となっている。
基礎が問われる問題となっており、典型的な問題が多い。

【対策方法】
『基礎問題精講シリーズ』や『文系の数学 重要事項完全習得編』を完璧に行い、他の問題にも応用が聞くようにしましょう。高得点を狙う方はMarchレベルの『文系の数学 実践力向上編』をおこないましょう。基礎勉教した分試験につながりますのでしっかりと勉教をしましょう。

理系数学

【傾向と特徴】
大問構成は4題
記述の問題とマーク式の問題の割合は5:5となっている。
数3の出題が前回7割出てきている。なので数Ⅲを最優先に対策しましょう。

【対策】
『数学Ⅲ 基礎問題精講』を行い、余裕が無い方は『スバラシクよくわかると評判の合格!数学3』の参考書を行いましょう。高得点を出したい方などは『理系数学 入試の核心 標準編』を行いましょう。微分積分の問題ではミスが許されないので計算の練習を行いましょう。

日本史

【傾向と特徴】
大問構成は4題となっている。語句の内容を問うような問題が出題される。
過去には地図を与えられ、事件が行われた場所な地理的な視点が必要な問題が出てくる。マーク式問題となっている。

【対策方法】
『スピードマスター日本史問題集シリーズ』や『東進の日本史B一問一答』で基礎用語の中身までしっかりと覚える必要があります。参考書以外でも語句の意味をしっかりと覚えるような対策をしましょう。
ルートに余裕がある方はMarchレベルの『実力をつける日本史 100題』まで行いましょう。

倫理・政治経済

【傾向と対策】
大問構成4題となっている。
成立した背景や計算問題なども出題されている。知識を問うような問題とないっているため単語の獄都意味をしっかりと理解しよう。

【特徴】
『畠山のズバッとわかる政治・経済爽快講義や問題集』が身についているのが前提となっている。その後に過去問演習も行い、余裕がある方は,『私大攻略の政治・経済一要点整理と問題演習』を行いましょう。

世界史

【傾向と対策】
大問構成 4題となっており、マーク式の問題となっている。
知識を問うような問題が多く出題される。

【対策方法】
『高校世界史基本用語問題集ツインズマスター』や『一問一答世界史Bターゲット4000』,『ナビゲーター世界史』で基礎用語を覚え、内容までしっかりと理解を最初の段階で行いましょう。
『流れがわかる各国別・地域別世界史Bの整理』で人物や出来事などの整理しましょう。
『オンリーワン世界史完成ゼミ』まで行うのが理想ですが、ルートに余裕が無い方は過去問演習をしっかり行いましょう。

地理

【傾向と特徴】
大問構成は4題
地理は図表やグラフなどの思考力を問うような問題が比較的少なく、
知識を問うような問題が多い。ある程度細かい暗記なども暗記する必要となる。

【対策方法】
Marchレベルの参考書レベルでいう、『実力をつける地理100題』を勉強しましょう。
ルートに余裕が無い方などは過去問を最優先に勉強しましょう。

物理

【傾向と特徴】
大問構成は2題で力学や電磁気は必ず出ている。熱力学や波動、原始などの問題がでてくるのが予想されている。問題文の文章量がとても多い。その分文章から一部ヒントが貰えることがある。

【対策方法】
Marchレベルの参考書『良問の風物理頻出・標準入試問題集』までを勉教しましょう。
過去問で答えを導き出せるようにしましょう。

化学

【傾向と特徴】
大問構成は3題となり、マーク方式が多くなっている。計算問題が多く、理論化学と有機化学の問題が多く出題されるが全分野出てくるので、しっかりと勉強しておく必要がある。文章はしっかりよみましょう。

【対策方法】
基礎ができるようにしましょう。
Marchレベルの『化学 基礎問題精講』が解けるようにしておきましょう。
過去問をやるときに、しっかりと文章を読む能力を付けましょう。
『リードLightノート化学』もおこなえるようにしましょう。

生物

【傾向】
大問構成は3題でマーク式が主な出題となっています。空所補充問題では確実に対策をしましょう。実験考察の問題が比較的少なく、思考力を求められるような問題が多く出題されます。

【対策】
Marchレベルの『生物の必修整理ノート』では周辺の語句もしっかりと勉教をしておきましょう。また『生物の基礎問題精講』で試験の対策になるのでしっかりと勉強しておきましょう。講義の参考書の『高校これでわかる生物』をしっかりと読み込み、化学事象の説明の対策をしましょう。過去問の演習などをやるとよい。

関西大学 武田塾式偏差値40からの受験生活

高3春(偏差値40)

関西大学を目指す方が春の時期にすべきことは徹底的な基礎固めです。
関西大学では、基礎基本の知識も入試でよく出題される傾向にあります。
例えば英語なら英単語・英熟語・英文法などの土台をしっかり固めるようにしましょう。

高3夏(偏差値50)

8月末は産近甲龍レベルの過去問でしっかり合格点を取れる状態になっておくことが理想です。
春の時期に基礎固めを完了させ、夏の時期は基礎事項の復習と、近大レベルの演習の時期にしましょう。
演習を行うと意外と基礎事項の漏れが出てくるかと思います。
基礎にもれがないよう徹底的に復習しましょう。

高3秋(偏差値60)

受験学年の秋は、関関同立レベルの演習と過去問対策をスタートさせましょう。
夏と比較して難易度は上がりますが、基礎基本がしっかり身についていれば対応できるかと思います。
苦手科目がある場合はいち早く苦手を潰しましょう。
この時期に志望大学の傾向を掴んでおきましょう。

高3冬(偏差値65)

入試直前期は、過去問演習と今までの参考書の復習に全力を注ぎましょう。
関西大学は傾向が一定で、関西大学に合わせた対策が特に重要になります。
過去問研究を重点的に行いましょう。

関西大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP