関西学院大学

関西学院は兵庫県西宮市にキャンパスをもつ関西の私立大学です。
関西の有名私大を指す「関関同立」の一つです。
関関同立の中では英語の難易度が比較的高い大学になります。
関西学院は傾向も一定の大学になるので過去問演習を徹底的に行うようにしましょう。

関西学院大学 試験の出題傾向/対策

英語

【傾向や特徴】
文系学部は200点で理系学部は150点となっており、大問は6題となっている。1題目から3題目では極の言い換えや空所補充などの一般的な問題が多い。4、5題目は文法系の問題が多く出てくる。全学部日程はマーク式問題となっており、学部個別日程は記述問題の中で和訳問題や英作問題などがでてくる。知識系の問題が多く出題されている。

【対策】
『やっておきたい英語長文500』までのmarchレベルの参考書をしっかりとやりましょう。英作文対策としては『英語長文 ハイパートレーニング』をやりましょう。

国語

【特徴と傾向】
大問2題となっている。
現代文と古文となっており、全学部日程はマーク式、学部個別日程では記述問題が出題されているが特別な対策を取る必要がない。
【対策方法】
現代文では『入試現代文へのアクセス発展編』『現代文読解力の開発講座』『Gmarch関関同立の現代文』などのMarchレベルの参考書を行いましょう。
古文では『Gmarch&関関同立の古文』や『「有名」私大古文演習』を行いましょう。学部別で記述問題に自信の無い方などは『入試漢字マスター』で対策をしましょう。

文系数学

【特徴と傾向】
問題の難易度では易しめとなっている。
出題分野では、確率やベクトルや微分積分がテーマとなっている。

【対策方法】
『基礎問題精講』ができれば基礎的な問題は解けます。
Marchレベルの『文系の数学実践力向上編』までを行えば、余裕が生まれます。
勉強時間する時間がない方などは『基礎問題精講』➜『文系の数学重要事項完全習得編』を身につけましょう。その後過去問を行えば対応ができます。

理系数学

【特徴と傾向】
大問構成4題となっており、第1問~第3問では答えのみ第4問では解答の過程までが必要となっている。出題分野では数学Ⅲが多めとなっているが全分野満遍なく出てくる。難易度は典型的な問題が多い。

【対策方法】
Marchレベルをやりましょう。具体的には
『理系数学 入試の核心 標準編』まで行えば理想という形になります。
時間がない方は、『文系数学重要事項習得編』,『合格る計算数学Ⅲ』を行い、その後過去問を行いましょう。

日本史

【特徴と傾向】
大問構成5題となっており、マーク式となる。正誤問題が多く、正確な知識や基礎力が必要となる。

【対策方法】
『(東進)日本史B 一問一答』を行い、問題と答えをセットで覚えましょう。
その後、『石川晶康の日本史B講義の実況中継』を何回も読み込み、間違った選択肢に気づけるようにしましょう。『センター試験への道』や『センター試験の過去問』で正誤問題の対策となります。Marchルート『実力をつける日本史100題』まで行っていれば知識としては十分。

世界史

【傾向と特徴】
5題出題となり、マーク式の問題となる。出題は正誤問題となっている。
正確な知識が必要となる。

【対策方法・参考書】
『ツインズマスター』、『ナビゲーター』、『Target6000』を用いて
語句を暗記しましょう。『パノラマ世界史』や『ナビゲーター世界史』で文書もしっかりと覚えましょう。Marchレベルの『オンリーワン世界史』をしっかりと行いましょう。

地理

【特徴や傾向】
大問構成は5題となっており、マーク式の問題となる。
細かい知識が要求される問題も出題さわれている。典型的な問題が多い。

【対策方法・参考書】
Marchレベルの『実力をつける地理100題』をやりこみましょう。

物理

【特徴や傾向】
大問は3題になっており、1問は力学,2問は電磁気となっている。題3問は波動や力学や原子力学などの問題が出てくるのが予想されている。マーク式の問題が一部出題されているが、基本的には記述の回答方法となっている。図を書くこともある。

【対策】
計算が複雑なものは過去問で対策をしよう。Marchレベルの『良問の風物理頻出』まで繰り返し演習をしましょう。その後は関西学院の物理の過去問をやりましょう。

化学

【傾向と特徴】
大問構成は4題となっている。2016年度は3題から2017年度では4題となった。多くの問題が記述式の問題となっており、分野としては理論化学の出題が多く、
2017年では、1問,2問,4問が出てきました。なので理論化学を中心に勉強しましょう。また典型的な問題がでてきます。

【対策方法】
Marchレベルの『化学基礎問題精講』を行いましょう。文量が多いので素早く計算できるようにしときましょう。

生物

【特徴や傾向】
大問構成3題となっており、ほとんどが記述式となっている。
文量が多く、知識も必要となる。

【対策方法・参考書】
Marchの『生物基礎問題精講』までをしっかりと行いましょう。
過去問などを行い、ペース配分や時間管理ができるようにしましょう。

関西学院大学 武田塾式偏差値40からの受験生活

高3春(偏差値40)

関西学院大学を目指す受験生の春は、基礎を完璧に仕上げることが目標になります。
英語なら英単語・英熟語・英文法を仕上げる、日本史や世界史なら通史を一通り終えることが目標です。
夏以降に演習に入れるようにしておきましょう。

高3夏(偏差値50)

8月末は産近甲龍レベル(日大レベル)の過去問で合格点が取れるように仕上げていきましょう。
春の時期に固めた基礎・基本をアウトプットしていく時期です。
関西学院の合格のためには重要な時期になります。
演習量を確保しましょう。

高3秋(偏差値60)

受験学年の秋は、関西学院大学の過去問にも触れ始める時期です。
関西学院の傾向は決まっているので過去問研究をはじめましょう。
関関同立レベルの問題演習を行い、実力を高めていく時期です。
基礎知識に漏れがないかの復習も丁寧に行いましょう。

高3冬(偏差値65)

入試直前期は、関西学院を目指す受験生にとって大事な時期です。
過去問演習と今までの参考書の復習が勉強のメインになってきます。
関西学院大学の傾向に合わせて、最終調整を行いましょう。

関西学院大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP