熊本大学

熊本大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
文学部 2.2~4.3倍 55.0~62.5 なし
教育学部 1.7~2.9倍 50.0~52.5 なし
法学部 1.9~3.9倍 55.0 なし
理学部 1.9~2.1倍 52.5~57.5 なし
医学部 2.6倍 52.5~67.5 なし
薬学部 3.8倍 55.0~60.0 なし
工学部 1.8~2.1倍 47.5~50.0 なし

熊本大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1,2が英語長文問題。大問3が自由英作文問題。大問4が英会話文問題という構成になっています。

対策
大問1と2では問題の傾向が異なります。大問1では記述量の多い問題。大問2ではマーク式の問題というように全く違う形式の問題が出題されています。レベルとしては『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』のレベルまでを丁寧に取り組めば十分かと思います。『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』では記述・論述問題の対策をしていきましょう。大問3の自由英作文問題に関しては『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編』『大学入試英作文ハイパートレーニング自由英作文編』の2冊を使って英作文の対策を行って下さい。大問4の英会話文問題に関しては『英会話問題のトレーニング』で会話文対策を行って下さい。大問ごとに対策方法が異なるのでそれぞれの大問に合わせて対策を行っていきましょう。

国語

傾向
大問1、2が現代文。大問3が古文。大問4が漢文からの出題となっています。大問1は評論から大問2は小説から出題されていました。全部の大問を通して言えることは記述・論述問題の出題割合が非常に高いです。記述力を付けていくことが熊本大学の国語で合格点を取る一番のポイントとなってきます。

対策
記述力をつけるために現代文に関しては『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』。古文・漢文に関しては『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。古文・漢文の簡易では知識系の問題も多く出題されています。特に古文では文学史の問題も出題されていました。文学史の対策としては『SPEED攻略10日間 国語 文学史』という参考書で対策しましょう。現代文の問題では本文全体を通しての要約問題も出題されたりしているので、その辺りもぬかりなく対策をしておきましょう。

文系数学

傾向と対策
熊本大学の文系数学のレベルは標準的なレベルの問題となります。なので具体的な対策としては『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』にまずしっかり取り組んで完璧にしていきましょう。その後に『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』に入って対策をしていって下さい。『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』がどの問題も正答できるというレベルであれば熊本大学の文系数学でも合格点が取れるかと思います。熊本大学の文系数学の1つの特徴として問題文の読解が1つの大きなテーマとなってきます。問題文を正しく読み、その問題文から正しく式を作れるように過去問演習も十分な時間を確保して過去問の対策も行っていきましょう。

理系数学

傾向
熊本大学の理系数学は医学部以外の方が受験する数学と医学部受験の方専用の数学の2種類で分かれています。それぞれ問題の難易度が変わってきます。医学部ではない理学部や薬学部の方が受験する数学は国公立の中でも標準的な問題が集まった構成になっています。特に融合問題が多い傾向なので色々な数学の分野を組み合わせた問題も解けるように対策をしていきましょう。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』『新課程 数学III基礎問題精講』に取り組み基礎の勉強を固めて下さい。その後『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学3 (駿台受験シリーズ)』、『理系数学 入試の核心 標準編 改訂版 (数学入試の核心)』といったような参考書を仕上げていきましょう。『理系数学 入試の核心 標準編 改訂版 (数学入試の核心)』が仕上がったレベルだと熊本大学の理系数学のレベルにも十分対応できるでしょう。医学部を目指す方は難問にも対応できるように思考力をつけておく必要があります。具体的には『やさしい理系数学(河合塾シリーズ)』という参考書に取り組み、初見の問題でもどのようにしたら解答にたどり着くか真剣に考える時間が思考力を鍛えるために重要になるので、『やさしい理系数学(河合塾シリーズ)』でそういった訓練をしていきましょう。最後は過去問演習の中で合格点を取れるように対策していって下さい。

物理

傾向
2017年の出題分野は大問1が力学。大問2が電磁気。大問3が波動からの出題となっていました。力学・電磁気が優先順位が高く、波動、熱力学、原子どの分野から出題されても大丈夫なように満遍なく対策を行っていきましょう。問題のレベルとしては物理のよく聞かれるテーマについて出題されているのですが、問題の設定を複雑にした形で出題されています。なので、過去問演習を通して熊本大学の傾向に合わせた対策をすることがとても重要になってきます。

対策
『物理のエッセンス』で基本を固め、『良問の風』で入試の典型的なレベルの問題演習をしていきましょう。ここまでで一般的な理学部や工学部を受験する方は問題なく過去問に入っていけるかと思います。医学部医学科など難易度の高い学部を受験する方は『名門の森』という物理の参考書で難しい問題にも対応できるように対策していって下さい。また、『物理 重要問題集』で物理の演習量も確保していきましょう。高得点勝負となってくるので、そういった難易度の高いものや問題量が多いものにも取り組んでいって下さい。

化学

傾向
問題の出題傾向としては化学反応式を書かせる問題、化学の計算問題、初めて見るような化学の物質から与えられた問題文を処理して、どのような化学的性質があるかを推測させるような問題も出題されていました。なので、化学の基本的な問題から応用的な問題まで幅広く出題されるという試験になっています。

対策
『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』で化学の基礎的な語句・用語、あるいは基礎的な計算問題に関して対策して下さい。次に化学の標準的な入試問題の演習として『化学レベル別問題集 3上級編 (東進ブックス 大学受験 レベル別問題集)』『化学重要問題集ー化学基礎・化学』のA問題に取り組んで下さい。ここまで対策をしておくと熊本大学の化学の過去問と十分戦えると思います。医学部医学科を目指す方などある程度難易度の高い問題まで触れておきたいという方は『化学レベル別問題集 4難関編 (東進ブックス 大学受験 レベル別問題集シリーズ)』や『化学重要問題集ー化学基礎・化学』のB問題のレベルまで踏み込んで対策をしていきましょう。その後は過去問演習の中で基礎的な問題から応用問題まで取りこぼしなく対策をしていくと合格点に近づくと思います。

生物

傾向
熊本大学の生物は他の国公立大学と比較するとやや記述問題が少なめで、マーク式の問題や知識を問う問題がやや多めの傾向です。ですがやはり合格するためにネックとなってくるのは記述問題の対策です。記述問題もしっかり書けるように練習をしていきましょう。知識面に関しては他の大学を受験する方よりも正確に知識の暗記を行っていって下さい。

対策
まず最初に『リードLightノート生物基礎』『リードLightノート生物』を使って生物の基礎的な知識や問題の対策をしていって下さい。リードLightノートが仕上がった後は『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。この参考書で記述問題の対策も行っていきましょう。『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』が終わったら国公立大学の標準的な生物の問題はある程度完答できる力が身についていると思うので、過去問演習に入って行きましょう。医学部医学科など難易度の高い学部を受験する方で難易度の高い問題までカバーしておきたい場合はさらに『大森徹の最強講義117講 生物[生物基礎・生物]』『大森徹の最強問題集159問 生物[生物基礎・生物] (シグマベスト)』の方に取り組んで下さい。大森徹の最強問題集に取り組めばかなり細かな知識を身につけられるので医学部医学科の合格にも近づいていくと思います。

熊本大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP