数学が苦手な人はこれに取り組もう『直接書き込む やさしい数学Iノート』

数学が苦手な人はこれに取り組もう『直接書き込む やさしい数学Iノート』
出版社名:旺文社

科目

数学

対象となる大学群

  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 産近甲龍 一覧
  • ,
  • 大東亜帝国 一覧
  • ジャンル

    数学問題集

    目的

    数学基礎演習

    分量

    数Ⅰ80ページ、数A64ページ、数Ⅱ80ページ、数B56ページ

    参考書対応大学

    受験勉強に取り組み始めた文系の受験生は「数学苦手だ」「受験科目に数学があるなんて苦痛だ」と苦手意識を持ってしまう傾向があります。このような傾向を減らすために今回は『直接書き込み やさしい数学Ⅰノート』を紹介します。

    参考書の特徴

    この『直接書き込む やさしい数学Ⅰノート』は数学が苦手な人や数学の受験勉強を始めたばかりの人にオススメの参考書です。この参考書は数Ⅰ・A・Ⅱ・Bごとにパートが分かれています。また内容も基礎的ものなので各分野の基礎を学ぶことができます。

    この参考書は高1〜高2の基礎的な内容を学び直すことができますので基礎的な問題から問題の解き方を学び直すことをお勧めします。またこの参考書のレイアウトもわかりやすく、集中力が切れにくいレイアウトになっていますので数学が苦手な受験生にお勧めです。直接書き込むことのできる参考書なので手軽に持ち運び学習に取り組むことができます。

    参考書の使いかた

    左ページの例題を参考に右の問題を取り組もう

    この参考書は数学に苦手意識を持つ受験生や初めて受験勉強に取り組む文系の受験生にオススメの参考書で問題の難易度はやさしい参考書の中でも特に優しく取り組みやすい問題が取り扱われています。初めて見る問題に取り組むとどの公式を使えば良いのか、これまだ学習した分野が混同してしまうことが多々あります。

    しかしこの参考書は左ページに例題の解き方参考例があるので、この左ページの参考例を使って右ページの問題が解けるようになっています。この参考書に取り組み始めた時はできるだけ例題に近い解き方を行い、参考書の後半に突入した時にはなぜこの公式が必要なのか考えながら問題に取り組むようにしましょう。そうすることで例題のない参考書に取り組んだ時に自力で必要な公式を使用して問題を解くことができるようになります。

    コピーをして取り組もう

    『直接書き込む やさしい数学Ⅰノート』は直接書き込むことができる参考書です。しかしこの参考書全ての問題を一発で正解に導くことができるか不安な方は、毎度参考書の書き込みページをコピーして問題に取り組むようにしましょう。

    数学は基礎的な知識を身につけずに難しい問題に取り組んでしまうと、正解を導くのはかなり難しくなります。さらに基礎知識をしっかりと覚えておかないと今後の受験勉強に支障が来たし非効率的な学習になってしまうので注意してください。数学に苦手意識を持っている受験生や初めて数学の受験勉強に取り組む人は注意してください。

    大学傾向分析

    『センターのレベル』を狙う受験生に『直接書き込む やさしい数学Ⅰノート』がオススメの理由

    数学のセンター試験では日大レベルの数学力が求められます。基本的な問題を確実に解けるように参考書を利用して対策をしましょう。その後応用的な問題の対策を進めていき、満点を目指しましょう。

    この参考書は数学の基礎中の基礎の問題を取り扱っており、この基礎問題で学習する内容は今後数学の難易度の高い問題に取り組む上で必要不可欠な知識です。またこの参考書の内容が基礎的なものであることから日東駒専・産近甲龍レベルの大学を志望する人やセンター試験で数学を受験する人にオススメです。

    しかし日東駒専など偏差値50前後の大学はこの『直接書き込む やさしい数学Ⅰノート』だけでは合格するのに足りない箇所もありますので少し難易度の高い参考書に取り組み実力を伸ばすようにしてください。オススメの参考書としては『Z会 センター試験 実践模試 数学Ⅰ・A』や『短期攻略 センター数学Ⅰ・A基礎編』です。わからない箇所は教科書などを参考にし取り組むようにしてください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    ではこの『直接書き込む やさしい数学Ⅰノート』はどのような参考書の順を踏んで取り組めば良いのか紹介をします。今回はレベルの近い大学ごとに参考書ルートを紹介しますので自分の実力と志望大学の合格圏とのギャップをしっかりと計算した上で参考にしてみてください。また紹介される参考書ルートに自分の志望大学がない場合は、出題傾向とレベルが似ている大学のルートを参考にするようにしましょう。

    センターレベルのルート

    センター試験で数学を使用する人はまず『直接書き込むやさしい数学Ⅰノート』に取り組み基礎的な学習を丁寧に進めてください。その後さらにレベルを上げるために『直接書き込む やさしい数学Aノート』『数学I・A 基礎問題精講』『短期攻略 センター数学I・A 基礎編』『河合塾 マーク式総合問題集 数学I・A』に取り組みましょう。

    そしてセンター試験に向けた実践的な問題傾向に慣れるために『Z会 センター試験 実戦模試 数学I・A』『センター試験 必勝マニュアル 数学I・A』に取り組み、センター試験の過去問に取り組みましょう。

    直接書き込む やさしい数学Iノート

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 センター〜日東駒専レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 数Ⅰ80ページ、数A64ページ、数Ⅱ80ページ、数B56ページ
    数学II・B 標準問題精講

    出版社 旺文社
    科目 数学
    ジャンル 数2B問題集
    短期攻略 センター数学I・A 基礎編

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 センター試験対策ⅠA攻略
    ジャンル 数学問題集
    目的 センター数学対策
    分量 235ページ(ⅠA)、206ページ(ⅡB)
    河合塾 マーク式総合問題集 数学I・A

    出版社 河合塾
    科目 数学
    Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B

    出版社 Z会編集部
    対象となる大学群 センター試験数学Ⅱ・Bを受ける受験生
    ジャンル 数学問題集
    目的 センター試験対策
    分量 センター試験模試6回分+予想問題1回分
    Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B

    出版社 東京出版
    対象となる大学群 センター試験満点を目指す人
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学センター対策
    分量 180ページ

    日大・産近甲龍レベルのルート

    日大・産近甲龍レベルの大学を目指す受験生は『直接書き込むやさしい数学Ⅰノート』の後に、さらにレベルを上げなければいけません。そのためには『直接書き込む やさしい数学Aノート』『直接書き込む やさしい数学IIノート』『直接書き込む やさしい数学Bノート』に取り組み基礎的な学習に徹底してください。

    基礎的な学習に徹底することで『数学I・A 基礎問題精講』や『数学II・B 基礎問題精講』など出題問題のレベルが高い参考書にも取り組むことができるようになりますので諦めず基礎を固めるようにしてください。その後志望大学の過去問やセンター試験の過去問に取り組むようにしましょう。

    直接書き込む やさしい数学Iノート

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 センター〜日東駒専レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 数Ⅰ80ページ、数A64ページ、数Ⅱ80ページ、数B56ページ
    直接書き込む やさしい数学Aノート

    出版社 旺文社
    科目 数学
    目的 数学基礎演習
    分量 64ページ
    直接書き込む やさしい数学IIノート

    出版社 旺文社
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 80ページ
    直接書き込む やさしい数学Bノート

    出版社 旺文社
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 56ページ
    数学I・A 基礎問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH・関関同立・東大
    ジャンル 数1A問題集
    目的 数学基礎固め
    分量 284ページ
    数学II・B 基礎問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH〜東大レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学問題対策
    分量 303ページ

    まとめ

    『直接書き込む やさしい数学Ⅰノート』は基礎的な問題を徹底し、レベルアップした問題に取り組むために力を身につけることができます。基礎的な内容がメインですが上のレベルの大学を目指す人も基礎的な知識は必須となりますので参考書ルートを参考にして自分の実力を上げていってください。参考書ルートの参考書に取り組んだ後はセンター試験や志望大学の過去問に取り組むようにしましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP