志望国公立突破ができる数学参考書『国公立標準問題集 CanPass 数学I・A・II・B』

志望国公立突破ができる数学参考書『国公立標準問題集 CanPass 数学I・A・II・B』
出版社名:駿台文庫

科目

数学

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ジャンル

    数学問題集

    目的

    数ⅠAⅡB問題演習

    分量

    291ページ

    参考書対応大学

    文系の国公立大学を目指す受験生は文系国公立にあった参考書を探すことがあると思います。今回は文系の国公立志望の受験生でも安心して取り組むことのできる数学の問題集を紹介します。

    参考書の特徴

    この『国公立標準問題集 CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』は国公立で出題される記述式の問題や証明問題をカバーしている参考書です。そのため記述や証明問題を含めた数ⅠAⅡBの演習ができる優良な1冊となっています。文系受験生の多くは簡単な数学ⅠA・ⅡBの問題が解くことができても証明問題や記述式の問題を取り組むとなると頭が混乱し正解に導くことが難しくなることがあると思います。

    さらにこの参考書は志望大学の過去問に取り組む前に最後の仕上げとして取り組むことができる参考書なのでぜひ国公立志望の人は参考にしてみてください。

    参考書の使いかた

    解説を熟読し、難しい問題に取り組もう

    この参考書は国公立大学を志望する受験生にピッタシの参考書です。多くの国公立の入試では証明問題など記述式の問題が多いです。収録されている問題は国公立の標準的な問題を中心に構成されています。解説も問題ごとに細かくわかりやすくされており国公立を目指すための参考書としては1番優れている参考書です。

    またほぼ全ての単元の問題がこの参考書で触れることができますので効率よく数学の学習に取り組むことができます。記述式や証明の問題が収録されており、解説も細かいので自分が回答したものと解答とどこが違うのかしっかりと見比べることができるので、何が違うのか、どのような回答をしたら点数を上げることができるのか自分で研究することができるのでかなり有能な参考書です。

    滑り止め大学にも有効

    この『国公立標準問題集 CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』は国公立向けの標準問題が収録されていますが、難関私大を数学で受験する人はこの参考書を使って受験勉強をすることができます。国公立の標準問題に取り組み、証明問題や記述式の問題をしっかりと理解することができれば私大の滑り止め大学でも点を落とすことなく合格圏に近づくことができます。

    数学が苦手な文系の受験生は教科書や公式をそのまま覚えてしまい、実際に問題に取りかかると必要な公式を上手に使うことができないことがあると思います。しかしこの参考書を使い、解説をしっかり読めば難しい問題にも対応することができる実力がつきますのでぜひ取り組んでみてください。

    大学傾向分析

    『地方国公立・東大のレベル』を狙う受験生に『国公立標準問題 CanPass 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』がオススメの理由

    地方国公立や東大などの入試問題では標準的な問題と極端に難しい問題に分かれているため、基本的な問題の対策をした後に応用的な問題の対策もしっかりとしておく必要があります。

    『国公立標準問題集 CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』は名前にもある通り国公立大学受験数に適した参考書です。さらにそれだけでなく難関大学の入試にあった良問が収録されているのです。地方国公立大や東大レベル文系学科を志望している学生の多くは文系向けの難関大対応参考書になかなか出会うことができないと思います。

    しかしこの参考書があれば志望大学の過去問や合格点に近づくことができる力を身につけることができます。さらに解説が細かく途中式まで全て書かれているのでなぜその答えになるのか、疑問を抱いたまま次の問題に取り組む必要がないので効率的な受験勉強をすることができます。地方国立大学を目指す受験生は志望大学の過去問に取り組む前に最終調整としてこの参考書に取り組むようにしましょう。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    ではこの参考書を使ってどのように志望大学の合格圏に近づけば良いのか、大学別に参考書ルートをまとめてみました。この参考書ルートに自分の志望大学が載っていない場合は志望大学のレベルと大学の出題問題の傾向にあった参考書に取り組むようにしましょう。

    地方国公立レベルのルート

    地方国公立の大学を志望する人はこの『国公立標準問題 CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』を半分以上解くことができれば地方国公立偏差値50前後の大学を受ける人でしたら過去問に取り組んでも大丈夫です。もしこの参考書を難しいと感じた場合『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』に取り組み基礎的で難易度の高い問題に取り組むために必要な知識を吸収してください。

    基礎的な知識を学習した後は志望大学の過去問に取り組み、合格圏に近づくための学習に専念してください。難しいと思った問題は飛ばすことなく丁寧に解説を読み取り組みましょう。

    数学I・A 基礎問題精講ズ

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH・関関同立・東大
    ジャンル 数1A問題集
    目的 数学基礎固め
    分量 284ページ
    数学II・B 基礎問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH〜東大レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学問題対策
    分量 303ページ
    国公立標準問題集 CanPass 数学I・A・II・B

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 地方国立大・東大
    ジャンル 数学問題集
    目的 数ⅠAⅡB問題演習
    分量 291ページ

    東大レベルのルート

    東大を志望する受験生はこの『国公立標準問題集 CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』にできるだけ早い段階で取り組みましょう。もしこの参考書に取り組む場合は『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』に取り組み基礎土台をしっかりと築きましょう。

    その後『数学I・A 標準問題精講』『数学II・B 標準問題精講』に取り組む標準問題を解きましょう。このレベルまできたら国立大学の過去問に取り組むことができるようになります。そして東大の過去問に取り組む直前に『文系数学の良問プラチカ』に取り組み、最終調整を行なってください。

    数学I・A 基礎問題精講ズ

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH・関関同立・東大
    ジャンル 数1A問題集
    目的 数学基礎固め
    分量 284ページ
    数学II・B 基礎問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH〜東大レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学問題対策
    分量 303ページ
    国公立標準問題集 CanPass 数学I・A・II・B

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 地方国立大・東大
    ジャンル 数学問題集
    目的 数ⅠAⅡB問題演習
    分量 291ページ
    数学I・A 標準問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 早慶、旧帝大レベルを目指す受験生
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学問題演習
    分量 数学ⅠA 296ページ ⅡB 440ページ Ⅲ 340ページ
    数学II・B 標準問題精講

    出版社 旺文社
    科目 数学
    ジャンル 数2B問題集
    文系数学の良問プラチカ

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 早慶・東大
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学難問演習
    分量 47ページ

    まとめ

    地方国立大・東大レベルの大学を目指す受験生にぜひ取り組んでいただきたい参考書『国公立標準問題集 CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』。しかしこの参考書に取り組む前に必要な知識を学習するために上記で表示した大学群別の参考書ルートを参考にして取り組むようにしてください。また自分の実力と志望大学の合格圏にあった参考書選びをするようにしましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP