センター試験数学Ⅱ・Bでライバルと差をつけるにはこの参考書『Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B』

センター試験数学Ⅱ・Bでライバルと差をつけるにはこの参考書『Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B』
出版社名:駿台文庫

科目

数学

対象となる大学群

  • 大東亜帝国 一覧
  • ジャンル

    数学問題集

    目的

    センター数学対策

    分量

    235ページ(ⅠA)、206ページ(ⅡB)

    参考書対応大学

    今回は数学が苦手な文系受験生でセンター試験の数学Ⅰ・Aを受験する人にぴったりな参考書を紹介します。この参考書は時間がない受験生や短期間で最終調整がしたい受験生にオススメです。

    参考書の特徴

    『Z会 センター試験 実践模試数学Ⅱ・B』はセンター試験模試参考書としては少し難易度の高い参考書になっています。Z会の通信教材は難関大学を志望する受験生にもってこいの教材なのですが、その教材を出しているZ会が出版しているセンター試験向け参考書も少しだけ他の参考書と比べ難しいです。というのも他の参考書と比べレベルは大きく変わらないのですが時々ひねった問題が出てきます。

    そのためセンター試験1回分の模試に取り組むと思ったより点数が取れないことがあると思いますが、あまり気にしないようにしましょう。正確な模試の点数が知りたい場合はセンター試験の赤本に取り組むことをお勧めします。

    参考書の使いかた

    間違えた問題を何度も取り組もう

    『Z会 センター試験 実践模試数学Ⅱ・B』はZ会編集部が出版している参考書です。Z会は通信教育として有名ですがZ会が出版している参考書も他の参考書と比べて難易度が少し高いです。他の参考書と大きくレベルの差があるわけではありませんが、少しひねった問題が他の出版社と比べて多い傾向があります。

    しかしその分難しい問題に慣れることができるのでセンター試験がなんかした時に対処することができます。間違える確率も他の参考書と比べて増える可能性がありますが、間違えてしまった時はその都度しっかりと学習し直しましょう。間違えてしまうことで入試で難しい問題が出た時に対処するのに必要な箇所を発見することができます。

    他の参考書にも取り組もう

    Z会出版の参考書は上記にも書きましたが難易度が他の参考書と比べ少しだけ高いです。そのためこの参考書に取り組んで点数を見ると、思ったより点を取ることができず自信がなくなってしまうことがあるかもしれません。しかしこの『Z会 センター試験 実践模試数学Ⅱ・B』はひねった問題が時々含まれているので低い点数が出てしまうことがあります。

    そのため目標としてはこのZ会出版の『センター試験 実践模試数学Ⅱ・B』で目標の点数が取れれば、センター試験の赤本でかなり上の点数が取れます。そのため点数が低かったとしても諦めずしっかり解説を読んで次に繋げてください。難しかった問題に取り組み、必要な方式や定理をその都度学習することで難しい問題にも取り組むことができるようになりますので頑張ってください。

    大学傾向分析

    『センターレベル』の大学を狙う受験生に『Z会 センター試験 実践模試数学Ⅱ・B』がオススメの理由

    数学のセンター試験では日大レベルの数学力が求められます。基本的な問題を確実に解けるように参考書を利用して対策をしましょう。その後応用的な問題の対策を進めていき、満点を目指しましょう。

    この参考書は少し難易度の難しい参考書ですが、ある程度問題がこなせるようになるとセンター試験赤本に取り組むと自分の実力が伸びていることが実感できる参考書になります。どのような科目もそうですが、少し難易度の高い問題に取り組んだ後標準問題の問題を取り組んでいると標準問題が少し易しく思えますし自分の実力に自信が持てるようになります。受験勉強期間中はライバルよりも自分との戦いが中心になってくるのでこの参考書に取り組み自分の自信に繋げていただきたいです。わからない問題は答え合わせの後しっかりと答え合わせをすればセンター試験だけでなく大学の入試でも生かすことができる力が身につきますので諦めず取り組んでみてください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際に『Z会 センター試験 実践模試 数学Ⅱ・B』に取り組み、志望大学に合格するためにはどのような参考書に取り組んでいけば良いのか紹介をします。自分の志望大学がない場合は、志望大学と同じレベルの大学や同じ問題傾向の大学合格ルートを参考にしてみてください。

    センター試験対策ⅡB克服のルート

    この参考書に取り組むにはある程度センター試験の過去問が解けるほど実力をつけておく必要があります。そのためにオススメの参考書は『直接書き込む やさしい数学Iノート』『直接書き込む やさしい数学Aノート』『直接書き込む やさしい数学IIノート』『直接書き込む やさしい数学Bノート』『基礎問題精講I・A』『数学II・B 基礎問題精講』『短期攻略 センター数学I・A 基礎編』『短期攻略 センター数学II・B 基礎編』『河合塾 マーク式総合問題集 数学I・A』『河合塾 マーク式総合問題集 数学II・B』『Z会 センター試験 実戦模試 数学I・A』です。その後『Z会 センター試験 実践模試 数学Ⅱ・B』に取り組み『センター試験 必勝マニュアル 数学I・A』『センター試験 必勝マニュアル 数学II・B”』で最終調整を行うようにしましょう。

    直接書き込む やさしい数学Iノート

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 センター〜日東駒専レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 数Ⅰ80ページ、数A64ページ、数Ⅱ80ページ、数B56ページ
    直接書き込む やさしい数学Aノート

    出版社 旺文社
    科目 数学
    目的 数学基礎演習
    分量 64ページ
    直接書き込む やさしい数学IIノート

    出版社 旺文社
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 80ページ
    直接書き込む やさしい数学Bノート

    出版社 旺文社
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学基礎演習
    分量 56ページ
    数学I・A 基礎問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH・関関同立・東大
    ジャンル 数1A問題集
    目的 数学基礎固め
    分量 284ページ
    数学II・B 基礎問題精講

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 MARCH〜東大レベル
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学問題対策
    分量 303ページ
    短期攻略 センター数学I・A 基礎編

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 センター試験対策ⅠA攻略
    ジャンル 数学問題集
    目的 センター数学対策
    分量 235ページ(ⅠA)、206ページ(ⅡB)
    短期攻略 センター数学Ⅱ・B 基礎編

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 センター試験対策ⅠA攻略
    ジャンル 数学問題集
    目的 センター数学対策
    分量 235ページ(ⅠA)、206ページ(ⅡB)
    河合塾 マーク式総合問題集 数学I・A

    出版社 河合塾
    科目 数学
    河合塾 マーク式総合問題集 数学I・A

    出版社 河合塾
    科目 数学
    短期攻略 センター数学Ⅱ・B 基礎編

    出版社 駿台文庫
    対象となる大学群 センター試験対策ⅠA攻略
    ジャンル 数学問題集
    目的 センター数学対策
    分量 235ページ(ⅠA)、206ページ(ⅡB)
    Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B

    出版社 Z会編集部
    対象となる大学群 センター試験数学Ⅱ・Bを受ける受験生
    ジャンル 数学問題集
    目的 センター試験対策
    分量 センター試験模試6回分+予想問題1回分
    Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B

    出版社 東京出版
    対象となる大学群 センター試験満点を目指す人
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学センター対策
    分量 180ページ
    Z会 センター試験 実戦模試 数学II・B

    出版社 東京出版
    対象となる大学群 センター試験数学ⅡB満点を狙う人
    ジャンル 数学問題集
    目的 数学センター対策
    分量 136ページ

    まとめ

    『Z会 センター試験 実践模試 数学Ⅱ・B』は少しひねった問題に取り組み、レベルアップした問題に取り組むために力を身につけることができます。他の参考書と大きくレベルが上がることはないのですが上のレベルの大学を目指す人も基礎的な知識は必須となりますので参考書ルートを参考にして自分の実力を上げていってください。参考書ルートの参考書に取り組んだ後はセンター試験や志望大学の過去問に取り組むようにしましょう。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP