計算問題を多く解きたい参考書はこれだ!『大学受験 合格る計算 数学I・A・II・B』

計算問題を多く解きたい参考書はこれだ!『大学受験 合格る計算 数学I・A・II・B』
出版社名:文英堂

科目

数学

対象となる大学群

ジャンル

計算問題集

目的

数学計算練習

分量

1A2B 200ページ 数学3 136ページ

受験の勉強をしていると、どうやったら計算方法がわかるんだろう、楽に早く溶ける問題集はないかな、と思ったことはありませんか?今回はそんな受験生にぴったりな参考書を紹介します。

参考書の特徴

今回紹介する『大学受験 合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』はセンター試験〜日東駒専レベルの大学を志望する受験生にオススメの参考書です。この参考書は計算を中心に収録されている参考書なので、何問も計算問題に取り組みたい受験生にオススメです。

この参考書で計算問題に取り組むことでセンター試験に設けられる時間制限以内に全問題に取り組むことができる力を身につけることができます。問題に解きかたがわかっていても時間以内に解き終わることができない人、楽に解くことができるコツを学ぶことができますのでぜひ挑戦してみてください。

参考書の使いかた

計算の早い人が使うコツを吸収しよう

計算問題が苦手な人と計算問題が得意な人の差といえば、いかに簡単を簡単に解くことができるコツを知ってるかどうかです。計算問題が得意な人は何度もコツをしようした問題に取り組み、無意識にそのコツを使っているのです。しかし問題をできるだけ簡単に解くコツは教科書には載っていないので、どれほどこのようなコツが載っている参考書に解くかどうかが鍵になります。

問題を早く解くことができる人はできるだけ使う方式を最小限に抑え、必要な計算だけを行なっているので問題を早く解くことができるのです。そのため無駄な計算が少なく問題を間違える可能性もかなり低いです。計算が苦手な人はこの参考書を使い、計算が早い人はどのような問題の解き方をしているのかこの参考書で学ぶようにしましょう。

何度も問題に取り組もう

『合格る計算 数学I・A・II・B/数学Ⅲ』は普通の計算式参考書でではなく、実際に出題された問題も収録しています。そのためこの参考書を使って実際に入試問題に取り組むにはどのように解いていけば良いのか受験勉強中に身につけることができます。コツを身につける方法としては問題ごとに設置されている例題を解きつつ、紹介されたコツを使って問題に取り組んでみてください。

取り組んだ問題がしっかり定着しているか確認をする確認問題もあります。これを繰り返し行うことでかなり1つの問題に取り組む時間を短縮することができますよ。またこの参考書は計算問題が付いているので学んだことを最終確認テストを行うことができますのでぜひ取り組んでみてください。

大学傾向分析

『MARCHレベル』を狙う受験生に『大学受験 合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』がオススメの理由

MARCHレベルの理系数学の問題ではある程度典型的な問題が中心に出題されます。出題される問題は数Ⅲからの出題が半分の出題割合を占めているので数Ⅲの対策を優先的に行うことがオススメです。参考書をたくさんこなし、問題の解き方が難なくわかるレベルになるまで頑張りましょう。

この参考書は繰り返し問題に解くことができる問題が収録されています。計算問題が苦手な原因としては圧倒的な問題に取り組む量が少ないからです。そのためこの参考書で早く問題を解くコツとそのコツを生かして問題に取り組む力を身につけていきましょう。そうすることでセンター試験でも問題に解く時間に余裕を持つことができますし、一般入試でもその力を生かして数学の問題を解くことができます。

またこの参考書では計算ミスが起こりやすいポイントや計算が苦手な人が陥ってしまいがちな計算ミスまでわかりやすく解説してくれていますので計算に苦手意識を持っている受験生は是非取り組んでみてください。この参考書についている計算問題演習の項目もしっかりと取り組むことで計算練習をすることができますので是非取り組んでみてください。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際にこの『大学受験 合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』を使ってどのように参考書を進めていけば良いのか各大学別にオススメの参考書ルートを紹介します。もしこの記事で自分の志望大学が紹介されない場合は志望大学のレベルと問題傾向を参考に選ぶようにしてください。また自分の実力と使用する参考書のレベルもしっかりと考慮しましょう。

MARCH〜早慶レベルのルート

日東駒専など偏差値50前後の大学を志望する受験生は過去問を取り組む前にこの『大学受験 合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B}に取り組むようにしてください。もしこの参考書に取り組み、難しいと感じた場合は『大学入試・センター突破 計算力トレーニング 上』『大学入試・センター突破 計算力トレーニング 下』に取り組み、センター試験や標準レベルの問題に取り組むことができる参考書に取り組むようにしましょう。この『大学入試センターとっぱ 計算力トレーニング シリーズ』は計算問題に特化した参考書なのでできるだけ早く計算力を身につけられるように取り組みましょう。

大学入試・センター突破 計算力トレーニング 上

出版社 桐書房
分量 151ページ
大学入試・センター突破 計算力トレーニング 下

出版社 駿台文庫
分量 195ページ
やさしい理系数学

出版社 文英堂
対象となる大学群 東大、早慶レベル
ジャンル 計算問題集
目的 数学計算練習
分量 1A2B 200ページ 数学3 136ページ

まとめ

今回紹介する『大学受験 合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B』は名前に反して早慶や東大レベルの大学を志望する人向けの難しい問題が収録されています。自分の実力と志望大学の合格圏までの差をしっかりと確認した上で参考書ルートに取り組むようにしましょう。そうすることで着実に志望大学の合格圏に近づく学力を身につけることができます。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP