明治大学 商学部

明治大学 商学部 試験の出題傾向/対策

英語

商学部は、文法問題が1つの大問単独で出題されていることが特徴。長文問題も文量がかなり多く、『やっておきたい英語長文500』が読めることが前提となる。『やっておきたい英語長文500』の難易度で700~800ワードの文章が出題されるので、終始集中しながら読む必要がある。読んでいる途中でメモを残したり、問題文と文章を並行して読むなどの工夫をする。過去問を通して、時間内に解けるかの練習をしておこう。

国語

商学部の国語は、60分で3題の難解な問題を解かなければならず、素早く問題を処理する必要がある。商学部の現代文のテーマは比較的読みやすく、接続詞や難しい語句の空欄補充問題は点を取れるようにしたい。記述問題は『入試現代文アクセス 発展編』に含まれる記述問題で対策してほしい。『現代文読解力の開発講座』で現代文の読み方を練習し、『入試現代文アクセス発展編』で演習を積み、『GMARCH関関同立の現代文』で入試レベルの問題を実践しよう。古文も標準レベル。文中の指示内容や誰から誰への敬意を指すかを問われる問題や、現代語訳が出題される。古文単語、古典文法はもちろん、人物の把握が大事。『古文単語315』『やさしくわかりやすい古典文法』『富井の古文読解初めから丁寧に』で基礎を固め、『有名私大古文演習』『首都圏難関私大古文演習』『GMARCH関関同立の古文』で入試レベルの演習を積む。

文系数学

1題目は3つの小問集合。2題目、3題目は2つの小問集合の問題。1題目はマーク式の問題になっていてセンター試験と似たような傾向になっています。3題目の問題に関しては記述解答の形式になっていて答えだけで無く解答までしっかり書く形式になっています。参考書のレベルでいうと『文系数学実践力向上編』のレベルまでしっかりやっておきたいです。この参考書はある程度典型的な問題が出題されていますが、明治大学商学部の数学は典型的な問題よりひねられており解き方がパッと見ただけではわからないような問題になっています。
『文系数学実践力向上編』で典型的な問題の解き方をしっかりインプットして過去問を解く中で身につけた典型問題の解き方とどの問題の解き方が近いかということを意識して解いていくことが重要です。1題目2題目は空所に合わせて答えていく問題なのである程度誘導に沿って解いていきましょう。3題目は問題文の文章を正確に読み取って解答の方針を立て、問題文から一行目の式を立てるという所までの練習を特に注意してやっていって下さい。

日本史

日本史は、空所を選択肢から選ぶか、空所に記述で答えるかの2通りの問題しか出題されないのが特徴。非常にシンプルな問題だが、問題のレベル自体は高い。『実力をつける日本史 100題』までは仕上げたい。『スピードマスター日本史』『日本史B一問一答完全版』で基礎知識を十分に固め、総合力をつけるために『実力をつける日本史 100題』でアウトプットを行っていく。その後は、過去問で自分の知識が通用するかを確認してみる。『スピードマスター日本史』『日本史B一問一答完全版』でインプット、『実力をつける日本史 100題』や過去問でできなかった部分を重点的に復習という流れで勉強していく。

世界史

世界史は、空所に補う問題、一問一答問題は『ツインズマスター』『ナビゲーター世界史』『ターゲット4000』というような語句を覚える参考書がどれだけ身についているかがわかる問題。正誤問題は、『センター試験の道』やセンター過去問で、基礎知識インプット後に勉強することで対応できる。答え合わせの際、答え以外の選択肢についても、何が誤っていて、どう修正すれば答えになるかも考えてみる。『パノラマ世界史』『ナビゲータ世界史』や教科書などの講義系の参考書を読み込んで、語句の説明までできるようにすることで、三行以内の文章で答える記述問題にも対応できる。

地理

地理は、図表やデータが与えられ、国を答えさせる問題が出題され、知識問題も深い知識問題が出題される。『実力をつける地理 100題』や過去問で演習を行う。『実力をつける地理 100題』の解答解説にある用語や内容は、取りこぼしがないようにする。過去問演習で、解ける問題と解けない問題の選別を練習しておき、取れる問題は確実に取れるようにする。

政治経済

政治経済は、正誤問題が多い傾向にある。法律の成立年度なども出題され、詳しい知識を細かく身につける必要がある。『畠山のズバッとわかる爽快講義』を何回も読み込み、『畠山のズバッとわかる爽快問題集』『私大攻略の政治経済』といった問題集でアウトプットをする。過去問を解く際、知らない知識が出てくると思うので、『畠山のズバッとわかる爽快講義』に戻って理解を深めよう。正誤問題の答え合わせは、答え以外の選択肢にも注目して何が違うかを考える。政治経済は時事ネタも頻出なので、ニュースも見ておこう。

明治大学 商学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP