明治大学 国際日本学部

明治大学 国際日本学部 試験の出題傾向/対策

英語

大問構成:5題

会話問題の出題量が多い。特別な対策をしないと受験生にはきついのでしっかり重点を置いて対策をしましょう。。会話文問題の対策をしていきましょう。

## 大問1題と2題 長文
分量が多く、参考書ルートしても『やっておきたい英語長文500』をしっかりやっておきましょう。
その後過去問をやって、長い文章にしっかり慣れていく。
## 3題 文法問題
語句の言いかえ問題、空所補充問題が多いので、品詞を見極めて語法に注意する。
文の読み取りなども重要になってくる。
過去問や武田塾のMarchルートにある参考書をしっかりと勉強しておきましょう。
## 4題と5題 会話問題
英会話文に対して
『英会話問題のトレーニング』で長い長文や会話文になれておきましょう。

国語

"大問:3題

# 大問1・2の対策(現代文)
現代文の中では、記述式問題で50字で書く問題が複数あり時間的に厳しくなる。
そのため時間内で解ききれる訓練・勉強が必要です。
武田塾のルートの中で
『入試現代文のアクセス発展編』
『Gmarch関関同立の現代文』があります。
そちらをしっかりやっておきましょう!

# 大問3の対策(古文)
知識面の強化をする必要がある。文書の読解力も必要
『有名私大古文演習』
『首都圏難関私大古文演習』
『Gmarch関関同立の古文』
の参考書をやって総合力を鍛えておきましょう。
古文の単語の知識も
『読んでみて覚える重要古文単語315』で説明の部分もしっかりと見ておきましょう。"

日本史

大問構成:4題

# 問題レベル
武田塾のルート Marchレベル
『実力をつける100題』までのレベルができれば対応ができます。
# 特徴
大問の中で史料問題が中心として出題されます。
そのほかに正誤問題が多く出てくる。
なので間違っている文など区別ができるような正確な知識が必要となってくる。
また時代順に並べ変えする問題などが出てきりするので、語句の暗記だけでは対策ができません。語句+出来事+年号で覚える必要があります。
# 対策
1.『スピードマスター日本史問題集』『日本史一問一答』で語句を覚えていこう。
2.『センター試験の過去問』や『センター試験への道』で正誤問題の対策をしよう。
3.『実力をつける世界史100題』を通して総合力を鍛えていこう。
4.『日本史史料問題の一問一答』で史料の対策をやっていこう。

世界史

大問:3題

# 2017年の大きな特徴
大問3ではアフリカで起きた事件を地図でマークするような問題がでてきました。
地図をみながら勉強をしてなければ、きつい問題になっている。今後このような傾向問題が出されたときに
対策をしておく必要がある。地図帳を見ながら勉強しながらやったり『ビジュアル世界史問題集』があるので対策も必要。
地図を見ながら勉強してないと点数がとれないので点数を取りたい方はしっかり勉強しておきましょう。
# 1題・2題 総合力問題
正誤問題や一問一答の問題が出てきており世界史の総合力が問われる。
そのため対策として
1.『神余のパノラマ世界史シリーズ』
『高校世界史基本用語ツインズマスター』
『一問一答 世界史Bターゲット4000 改訂版』で基礎知識を保管する
2.『ビジュアル世界史問題集』
『センター試験への道 世界史』で正誤問題や地図の対策をする。
3.『オンリーワン世界史 完成ゼミシリーズ』で完璧に使用。過去問もしっかりやって傾向を抑えておこう。

政治経済

大問:4題

# 特徴
全体的に政治経済の総合力を問うような問題となっている。
大問4題で小論文のような問題など特殊な問題が出てくる。
「国際日本学部」ということで、世界情勢の問題に関しての問題が出てくる。
# 対策
大問4の特殊問題に対して、論述の対策などが必要となってくる。
細かい数字の部分やGDPに対しての問題も出てくるので、講義系の参考書も数字など
覚える必要があります。

参考書
1.『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義 改訂5版』
『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集 改訂3版』で基礎を固めよう。
2.『私大攻略の政治経済』で問題演習をしっかりしよう。
3.『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義 改訂5版』をしっかりと見て、完璧な知識にしていこう。

明治大学 国際日本学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP