明治大学 政治経済学部

明治大学 政治経済学部 試験の出題傾向/対策

英語

[傾向]
3題目が英会話問題
1題目2題目が長文問題
長文のレベルとしては武田塾の参考書で言う『やっておきたい英語長文500』となっている。出題傾向は空所補充問題や同じ意味の語句はどれか?などの問題がでてくる。空所の前後関係をよく見ることが大事になってくる。
文書のテーマなどもしっかりと見ておこう。

[対策方法]
武田塾のMarchレベルの参考書を対策しておきましょう。具体的には
『英会話問題のトレーニング』で英会話に対しての対策。
『やっておきたい英語長文500』で長文の対策をしよう。
そこから過去問対策で60分で全てを解き切れるようにしておきましょう。

国語

[傾向]
知識を問うような問題となっている。
1題目は評論文で2題目は随筆問題となっている。
漢字の対策と随筆の読解問題をしっかりしておきましょう。
漢字を試されたり、四字熟語を試されたりしますので。分野全てを満遍なく勉強しておきましょう。
古文単語や選択肢などを切れるようにしておきましょう。

[対策方法]
漢字では
『入試漢字マスター1800+』で4題目を対策しておきましょう。
現代文の対策としては
『現代文の読解力の開発講座』
『入試現代文のアクセス発展編』
『Gmarchの関関同立の現代文』でしっかりと対策をしておきましょう。
古文の対策としては
『富民の古文読解を初めから丁寧に』で主語や敬語をマスターしよう。
『有名私大古文演習』
『首都圏難関私大古文演習』
『Gmarchの関関同立の古文』で対策をしましょう。
時間的に大問に対して厳しいのでスピーディーに解けるようにしておきましょう。

数学

[問題傾向]
大問構成:3題
1題目は6問からなる小門集合の問題で2~3第目は独立した大門問題となっている。
どちらも解答欄が答えのみなので、途中式などは点数加点にはならない。
典型的な問題となっているため、参考書をやればしっかり対応できる。

[対策方法]
『文系の数学重要事項完全習得編』
『文系の数学実践力』の問題に乗っているパターンなどをしっかり身に着けよう。
過去問を見てこの問題の解き方がわからない場合は参考書のやり直しをしてください。問題文をみて解き方のイメージがわかるようにしておきましょう。

日本史

[傾向]
1題と2題
日本史の史料を読み解きながら資料に関連している問題を解いていく形となっている。3題と4題は総合力を問われる問題となっている。
全体的にマーク式の問題が多く、一部記述が少しある。
また問題では80字で「自由民権運動」について書く問題も出ている。

[対策方法]
テーマに対しての論述問題対策では『石川の』などをやりこみましょう。
『日本史B史料問題一問一答完全版』
で判別のポイントが書いてありますので、身に着けるようにしておきましょう。
『参考書だけで明治大学政治経済学部』
武田塾の対策としてはMarchレベルの
『実力を付ける日本史100題』で論述や記述についての対策をしておこう。
『日本史B一問一答【完全版】2nd edition』
『無印の問題』などで全体的な総合力などを補っていきましょう。

世界史

[傾向]
1題目から3題目は私立でよく出てくるような総合力を問われてくる。
大問4は300文字論述の問題で驚異の大問となっている。2017年の問題では「国連の成立仮定を300文字で説明しなさい」という問題がでてきました。正確な知識がインプットされている必要がありそれを記述できるようにする必要がある。

[対策方法]
大問4の対策としては、『ナビゲーター世界史シリーズ』『神余のパノラマ世界史シリーズ』や『教科書』などの講義系の参考書を
読み込み、説明ができるようにまでしておきましょう。
論述の対策では『判る!解ける!書ける!世界史論述』をやりましょう。

大問1~3はMarchレベルまでの参考書をやっておきましょう。
『ツインズマスターシリーズ』『一問一答 ターゲット4000シリーズ』『ナビゲーター世界史』で基礎を固めてから『オンリーワン世界史完成ゼミ』をやりましょう。
②日本史B

地理

[問題傾向と対策]
図表やグラフなどの問題が多く出題されているためセンター試験や国公立に近い問題
がでてくる。そのためセンター試験をやっとくとよい。
大問の中で、去年は80字の論述問題が出ていた。そのため
対策としては『実力をつける地理100』に論述の問題があるためそれで対策をしましょう。
推察力や論述力をつける内容となっているため
Marchレベルの『実力をつける地理100』を重点的にやりましょう。

政治経済

[傾向]
多くの問題がマーク形式の問題となっている。一部で記述で回答する部分も
あります。経済分野からも多く出題されているので、
政治と経済どちらも対応できるようにしておきましょう。
レベルとしてはMarchレベルの知識まで覚えとけば問題ない。

参考書
『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』
『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集』で基礎知識を付けていきましょう。
の知識を解けるようにしておきましょう。
『私大攻略の政治経済』で全レベルまで行うことで余裕が生まれると思います。

明治大学 政治経済学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP