明治大学 理工学部

明治大学 理工学部 試験の出題傾向/対策

英語

英語は、大問構成1題の文量が多い長文が1文だけ出てくる変わった傾向がある。『やっておきたい英語長文500』レベルの長文は読めるようにし、1度過去問を解いてみる。記述問題を解いてみて、実力を把握する。解けないようであれば、『CanPass』の国公立用の問題集で記述対策をする。文量の多い文の中で、内容一致問題が多く出るので、途中で切って読むことがオススメ。文章を読んで、問題を解くという順番で解答していくと良い。文法・イディオムといった知識問題はあまり出ないので、長文練習メインで対策をすると良い。

理系数学

数学は、数学Ⅲの出題割合が高い。難易度はやや高め。問題を見た瞬間、解き方がわかるのは小問集合くらいで、他の独立問題は思考力を要する。『理系数学入試の核心標準編』を繰り返しやり、その問題を解ける力は最低限身につけ、過去問に取り組んでいくこと。過去問を見て、問題の解法がわからないときは、問題文を見て、常に一行目の式を思い出せる訓練をしよう。それを重ねることで、初見問題にも対応できるようになる。

物理

"物理は、問題の文章量が多く、解答の形も複雑になるので、計算ミスが命取りになる。まずは、典型的な問題に答えられるように『物理のエッセンス』『良問の風』といった参考書をやる。『良問の風』は特に典型的な問題が多いので、これを中心にやっていこう。その後、過去問でアウトプットとひねられた問題と、文章量の多い問題のレベルに慣れていく。

化学

化学は、2017年の問題を見ると、理論化学からの問題が若干多い傾向。ただ、バランス良く全ての分野から出ているので、偏りのない勉強を意識する。『化学の基礎問題精講』『レベル別問題集3』『重要問題集A』のレベルは確実にクリアできるようにする。語句の暗記だけでなく、語句の意味まで理解するようにする。『これでわかる化学』『鎌田の理論化学の講義』といった講義系の参考書が重要。『化学の基礎問題精講』『レベル別問題集3』『重要問題集A』で演習を行い、過去問を解いてみて、解けない部分は講義系の参考書に戻って復習し、パワーアップしていこう。"

明治大学 理工学部 動画で解説する科目別試験対策

TOP