三重大学

三重大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
人文学部 3.4~7.0倍 52.5~55.0 なし
教育学部 3.8~12.3倍 47.5~55.0 なし
医学部 3.5~5.0倍 50.0~65.0 なし
工学部 2.5~3.4倍 50.0~57.5 なし
生物資源学部 4.5~6.3倍 50.0~57.5 なし

三重大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
三重大学の英語は大問3問とも全て英語の長文問題であることが大きな特徴です。長文の出来が合否に直結する形になっています。中には英作文が2題ほど出題されているのですが、長文の比率が圧倒的に高いので長文対策を徹底的に行うようにして下さい。

対策
長文問題に関しては記述問題が多いです。なので『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。CanPass英語は記述・論述問題が多い参考書なのでCanPass英語を仕上げれば三重大学の英語でも十分合格点が狙えるかと思います。一部出題される英作文に関しては『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編』の方で対策をしていって下さい。最後は過去問演習の中で三重大学の傾向に合わせて対策をしていきましょう。

国語

傾向
大問1、2が現代文、大問3が古文、大問4が漢文からの出題となっていました。現古漢バランスよく出題されているので、それぞれを満遍なく対策をしておいて下さい。具体的な問題の中身は記述・論述問題が大半を占めています。なので、記述・論述の練習を徹底的に行うことをオススメします。

対策
『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』の2冊に取り組んで下さい。国公立大学入試に向けて記述・論述問題が豊富に載っている参考書なので、この参考書で記述・論述を徹底的に仕上げていきましょう。CanPassをやり終わった後は過去問で演習をしていって下さい。現代文、古文、漢文ともに比較的文章の量が多いものとなっているので、長めの文章に対応できるように演習を積んでいきましょう。

文系数学

傾向
三重大学の文系数学の難易度は国公立大学の中でも標準的な難易度となっています。文系数学の対策がある程度進んでいる人なら問題を見た瞬間に問題を解く方針が思いつくような難易度になっているので、まずは標準レベルの演習をしっかりやっていきましょう。

対策
まずは『基礎問題精講ⅠA・ⅡB』で基礎固めをしっかり行って下さい。その後は『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』に入っていきましょう。CanPass数学1・A・2・Bの問題が完璧に解けるようになれば、三重大学の文系数学でも十分合格点が狙えるかと思います。最後は過去問演習の中で今まで身に付けた解き方がアウトプットできるかどうか練習をしていきましょう。

理系数学

傾向
三重大学には生物資源学部、医学部、工学部と3つの理系学部があります。それぞれの学部ごとに数学の問題が分かれているので、各学部に合わせた対策を行って下さい。大体どの学部も数Ⅲの出題割合が高いということと、骨のある比較的難易度の高い問題が多いという特徴があります。他の国公立大学と比較してもやや難易度が高めになってくるので、その辺りを意識して対策を行って下さい。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』『新課程 数学III基礎問題精講』で数学の基礎固めを行い、『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学3 (駿台受験シリーズ)』で国公立大学入試レベルの対策を行い、『理系数学 入試の核心 標準編 改訂版 (数学入試の核心)』までやっておくようにして下さい。医学部医学科などの合格点が高い学部を受ける場合は難易度の高い問題も取りこぼしが許されないので、『やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)』で難しい問題に対しての思考力を付けていきましょう。最後は過去問演習の中で今まで身につけた解き方がアウトプットできるかどうかを実践演習していきましょう。

物理

傾向
2017年の出題分野は大問1、2が力学、大問3が電磁気、大問4が波動、大問5が原子の分野から出題されています。なので物理の5つの分野から満遍なく出題されているというふうに考えて下さい。物理の勉強をするときはどこかの分野に特化して対策するよりも、全分野満遍なく対策していくことをオススメします。特に原子の分野はノーマークだった方もいたかもしれないですが、今後は必ず出るというような心構えで勉強をしていってもらえるといいかと思います。大問が多いのでスピーディーに処理することも重要になってきます。他の国公立大学と比較して違う点としては記述問題ではなく答えのみを書くという形式になっているので、答えを導き出せるように普段の勉強から意識していきましょう。

対策
『物理のエッセンス』で基礎を固めた後、『良問の風』で三重大学や国公立大学の標準的な問題に取り組むようにして下さい。『良問の風』が固まれば『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』に取り組み、最後は過去問演習で三重大学の傾向に合わせて対策をしていきましょう。医学部医学科などの合格点が高い学部を受ける場合は『名門の森』や『物理重要問題集』のB問題まで取り組んでおくとかなり余裕が持てると思います。最後は過去問演習の中で今まで身につけた解き方がアウトプットできるよう練習していきましょう。

化学

傾向
三重大学の化学の特徴は知識系の問題の出題割合が他の国公立大学に比べて高いことです。なので知識のインプットを正確に行っていくようにして下さい。また計算問題も多く出題されているので、計算問題の対策も同時に行っていきましょう。

対策
まず『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』に取り組んで下さい。これらで基礎的な用語や語句と基礎的な計算問題の対策を行って下さい。この参考書が完璧に正答できるようになれば三重大学を受験するための土台が固まってくるので、この段階を丁寧にやっていくようにして下さい。その次に『化学レベル別問題集 3上級編 (東進ブックス 大学受験 レベル別問題集)』『化学重要問題集ー化学基礎・化学』のA問題がちょうど三重大学と同じような問題になっているので取り組んで下さい。あるいは『国公立標準問題集CanPass化学基礎+化学 (駿台受験シリーズ)』でもOKです。医学部医学科などの合格点が高い学部を受ける場合は『化学レベル別問題集 4難関編 (東進ブックス 大学受験 レベル別問題集シリーズ)』や『化学重要問題集ー化学基礎・化学』のB問題といった難易度の高い問題まで対策をしておいて下さい。最後は過去問演習の中で今まで身につけた解き方がアウトプットできるよう練習していきましょう。

生物

傾向
他の国公立大学の入試問題と比較したときに三重大学の生物の特徴は記述問題の出題割合が非常に高いです。短いものは10字から長いものは60字といった記述問題が出題されているので、徹底的に対策するようにしましょう。

対策
まず最初に『リードLightノート生物基礎』『リードLightノート生物』に取り組んで下さい。この参考書で基礎を徹底的に固めるようにしましょう。リードLightノートを仕上げるときに『高校これでわかる生物基礎 (高校これでわかる新課程版)』『高校これでわかる生物 (高校これでわかる新課程版)』といったような講義系の参考書も読むようにして下さい。講義系の参考書の読み込みが記述・論述問題を書いていくための土台となります。基礎が固まったら次は『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』あるいは『国公立標準問題集CanPass生物基礎+生物 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。このレベルが三重大学と同じようなレベルの参考書となります。これらの参考書の中には記述・論述問題が数多く含まれていてるので、収録されている記述問題はしっかり書けるように何度も復習しておきましょう。医学部医学科などの合格点が高い学部を受ける場合は『大森徹の最強講義117講 生物[生物基礎・生物]』『大森徹の最強問題集159問 生物[生物基礎・生物] (シグマベスト)』まで取り組んでおくと盤石の体制と言えます。最後は過去問演習の中で三重大学の傾向に合わせて対策をしていきましょう。

三重大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP