新潟大学

新潟大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
人文学部 2.2倍 52.5 なし
教育学部 3.1倍 47.5~55.0 なし
法学部 2.1倍 52.5 なし
経済学部 2.9倍 50.0~52.5 なし
理学部 2倍 50.0 なし
医学部 3.1倍 50.0~65.0 なし
歯学部 3倍 50.0~57.5 なし
工学部 1.9倍 47.5~50.0 なし
農学部 2倍 52.5 なし
創生学部 5.5倍 55.0 なし

新潟大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1、2が英語の長文問題、大問3が英作文問題で日本語を英語に直す和文英訳問題と与えられたテーマについて書く自由英作文問題が両方出題されています。教育学部の一部の学科のみ受験する大問4に関してはリスニング問題となっています。

対策
長文問題に関しては記述量の多い試験となるので『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』を使って対策をして下さい。英作文に関しては『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編』『大学入試英作文ハイパートレーニング自由英作文編』で日本語から英語に直す練習と、与えられたテーマについて自分で考え自分で英語に直すという練習を行って下さい。リスニングに関しては『センター試験のツボ 英語リスニング 新装版』、センター試験過去問のリスニング、また余裕がある方は『灘高キムタツの東大英語リスニング (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)』で対策を行っていきましょう。大問ごとに英語長文、英作文、リスニングと特徴が決まっているので、上記の参考書を使い分けて対策をしていって下さい。

国語

傾向
大問4題の中から学部によって解く問題が指定されているという形式になっています。人文学部、教育学部に関しては現代文、古文、漢文の問題。経済学部、医学部、創生学部に関しては現代文のみの出題となっています。

対策
まず現代文は150字記述や200字記述などのかなり長めの記述が出題されています。『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』を使って記述力・論述力を徹底的に鍛えていって下さい。古文に関しては他の大学と比べると比較的短めの文章が出題されています。短めの文章でも文法的事項や単語の知識が身についているかを試す記述問題が多く出題されています。『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』の古文範囲を使って記述・論述問題の対策をしていきましょう。また、漢文は比較的標準的な長さの問題量が出題されています。漢文の問題も現代語訳させる問題や説明させる記述問題が出題されています。『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』の漢文範囲を使って記述力をつけていって下さい。各科目国公立標準問題集CanPassを中心に対策をし記述力・論述力をつけていきましょう。

文系数学

傾向
各大問もいくつかの小問からなる出題形式となっており、小問の最初の方はかなり難易度が易しめな基礎の問題が中心となっています。小問3ぐらいから知識を応用させて解くような難易度が高めの問題となっています。全体の問題のレベルは国公立の中でも標準的なレベルの問題と言えます。『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』を徹底的にやり込むと入試問題を見た瞬間にある程度問題を解く方針が思いつくであろうというレベルです。

対策
まず『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』を徹底的にやり込み、基礎が仕上がった時点で『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。CanPassのレベルが十分仕上がった頃には過去問にも挑めるレベルかと思います。最終的には過去問演習の中で今まで身につけた数学の解き方をアウトプットする訓練を行いましょう。

理系数学

傾向
120分かけて5題を解く方式と5題の中から指定された4題を解く形式に分かれています。問題の難易度は前半の1、2、3の問題が文系受験者と全く同じ問題になります。理系の方にとってはここはかなり解きやすい部分になると思います。大問4、大問5が数Ⅲの範囲からの出題となっています。5題中3題がⅠA・ⅡB、残りの2題が数学Ⅲというのは毎年同じような傾向となっています。数Ⅲの範囲を含めて全体を通して言えることは各大問に小問がいくつかついています。(1)(2)(3)というように前半の問題が易しめの基礎の問題で後半の小問が比較的難易度の高い問題となっているので、難易度の高い問題までカバーしていきましょう。

対策
『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学3 (駿台受験シリーズ)』や『理系数学 入試の核心 標準編 改訂版 (数学入試の核心)』といった参考書のレベルは確実にこなしておきたいです。これらの参考書が仕上がっていれば新潟大学の理系数学の問題でも十分合格点が狙えるかと思います。また、医学部医学科などかなり高い得点率が求められる場合は時間に余裕があるならば『やさしい理系数学(河合塾シリーズ)』で難問の対策をしておくことをオススメします。自分の受験する学部に合わせて対策する参考書を決めて下さい。

日本史

傾向
新潟大学の日本史の出題形式は多くの問題が短答式の一問一答問題になります。なので漢字でしっかり日本語の用語についてかけるようになっておく必要があります。記述問題も15字~20字の記述問題が数問あります。最大の山場は400字の論述問題です。この長い論述問題が合否を決めているのではないかという問題構成になっています。

対策
まず知識系の短答問題に関しては『スピードマスター日本史問題集―日本史B』や『日本史B一問一答【完全版】』で日本史の知識を蓄えていくと十分解ける問題となっています。400字の論述問題に関しては『“考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ (河合塾SERIES)』という参考書が論述用の参考書になっているので、これを徹底的にやり込み論述の力を身につけていきましょう。また同時に『詳説日本史』といった教科書の読み込みも行うようにして下さい。最後に過去問演習の中で身につけた知識のアウトプットの質を上げていきましょう。

世界史

傾向と対策
出題形式は一問一答のような形式で用語を書くという問題と80字や100字の論述問題に分かれています。用語を答える短答式の問題に関しては『ツインズマスター世界史問題集』や『センター攻略 よくでる一問一答世界史』や『一問一答 世界史Bターゲット4000 改訂版』などの一問一答の問題集を使って対策をしていきましょう。ツインズマスターや一問一答で知識を覚えていけば、短答式の問題は答えられます。
厄介なのは80字や100字の論述問題になります。対策としては『判る!解ける!書ける!世界史論述 (河合塾シリーズ)』という参考書で論述問題対策を徹底的にやっていきましょう。また同時に『詳説世界史』という教科書をしっかり読み込んで、論述のための知識をため込んでおいて下さい。論述問題は背景や因果関係が問われるので教科書の読み込みも重要な作業となります。

地理

傾向
出題されている問題はほとんどが記述・論述問題になります。140~160字で説明しなさいといったようなかなり長めの記述問題になるので記述の対策を徹底的に行うようにしましょう。記述問題のレベルとしては地理でよくあるテーマについて聞かれている問題となっています。そこまで思考力が必要というわけではなく、しっかりと対策をしていくことの方が重要になります。

対策
まずセンター試験レベルの問題がしっかり解答できるようになって下さい。センターがクリア出来た後は『納得できる地理論述 (河合塾シリーズ)』という地理の論述用の参考書で論述対策を行って下さい。ある程度よく出るテーマを抑えることができれば新潟大学の地理は十分攻略できると思うので、『納得できる地理論述 (河合塾シリーズ)』を如何にやり込めるかということが合否のポイントになってきます。

物理

傾向
学部により解く大問が指定されています。全学部必答の問題が大問1の力学の問題になります。大問2~4は学部ごとに答える問題が異なります。大問2は電磁気の範囲から出題。大問3が波動の分野から出題。大問4が熱力学の分野から出題というように、物理の原子以外の分野がかなり満遍なく出題されている入試方式になっています。今後は原子の問題が出題される可能性も十分にあるので力学・電磁気・熱・波動・原子の全分野を満遍なく対策しておくことをオススメします。問題のレベルとしては国公立の中でも標準的な難易度になります。物理の勉強を進めている受験生ならば問題なく解答できるレベルでしょう。

対策
『物理のエッセンス』と『良問の風』を使って基礎と応用問題の練習をして下さい。『良問の風』のレベルが新潟大学のレベルと比較的似ているので、『良問の風』のレベルがしっかり解けるようになれば新潟大学でも十分合格点が狙えると思います。医学部医学科などかなり高得点をとらなければいけない場合は『名門の森』『物理 重要問題集』などで難易度の高い問題までカバーしておくと余裕が出てきます。

化学

傾向
大問1が無機化学の分野から出題。大問2、3が有機化学からの出題。大問4が理論化学中心の出題となっています。2017年の入試問題は全体的に有機化学から多く出題されているので、各分野満遍なく対策はしていきたいところですが気持ち有機化学の分野を優先してもいいかと思います。問題のレベルとしては知識系の問題もあり、構造式や反応式を書かないといけない記述問題もあり、計算量が多い計算問題も出題されていました。化学の色々なタイプの問題を満遍なく対策しておく必要がありそうです。

対策
『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』で化学の基礎的な語句・用語、あるいは基礎的な計算問題を完璧に解けるようにしておきましょう。その後は『化学レベル別問題集 3上級編 (東進ブックス 大学受験 レベル別問題集)』『化学重要問題集ー化学基礎・化学』のA問題を使って化学の一般的な入試問題を攻略できるよう対策をしていって下さい。ここまでのレベルが解けるようになると新潟大学の化学でも十分合格点が狙えるかと思います。医学部医学科などかなり高得点が必要となる学部を受験する場合は『化学レベル別問題集 4難関編 (東進ブックス 大学受験 レベル別問題集シリーズ)』や『化学重要問題集ー化学基礎・化学』のB問題で難易度の高い問題も抑えておきましょう。化学は暗記が必要な部分と計算で解ける部分があります。両方の対策を行って合格点が取れるようにしていきましょう。

生物

傾向
他の国公立大学と比べると生物の知識系の問題が多めの傾向にあります。生物の細かい用語や語句をしっかり暗記しておくことが重要な試験です。もちろん60字や80字で記述・論述する問題も出題されているので、これらの問題の対策も同時に進めておきましょう。

対策
まず『リードLightノート生物基礎』『リードLightノート生物』で基礎的な語句を抑え、簡単な計算問題が解けるようにしましょう。その後は『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。これが新潟大学の生物と同じようなレベルの問題が集まった問題集になります。『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』がしっかり解けるようになれば新潟大学の過去問でも十分合格点が狙えるようになります。医学部医学科などかなり高得点が必要となる学部を受験する場合は『大森徹の最強講義117講 生物[生物基礎・生物]』『大森徹の最強問題集159問 生物[生物基礎・生物] (シグマベスト)』の方に取り組んで下さい。『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』のやり込みが新潟大学の生物に直結します。『理系標準問題集生物 (駿台受験シリーズ)』をやり込んで過去問対策をしていって下さい。

新潟大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP