岡山大学

岡山大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
文学部 2.3~8.1倍 55.0 なし
教育学部 2.2倍 52.5 なし
法学部 2.7~6.3倍 55.0 なし
経済学部 3.1~7.2倍 57.5 なし
理学部 2.2~6.2倍 50.0~52.5 なし
医学部 2.5~8.6倍 50.0~65.0 なし
歯学部 3.9~10.1倍 60.0 なし
薬学部 3.2~17.7倍 57.5~60.0 なし
工学部 2.1~5.1倍 50.0~55.0 なし
環境理工学部 1.9~5.6倍 47.5~50.0 なし

岡山大学 試験の出題傾向/対策

英語

大問1、2が英語長文問題。大問3が和文英訳問題、英作文。大問4が自由英作文。英語の長文に関してはほとんどの問題が記述・論述問題になります。和訳問題・説明問題が中心になってくるのでそのあたりの対策を徹底的にやっていきましょう。具体的な対策としては『国公立標準問題集canpass』を丁寧にやりましょう。canpassは記述問題や和訳問題、説明問題が非常に多く出題されているので、この参考書でそれらの問題の対策を行いましょう。
英作文に関しては和文英訳問題と自由英作文の2種類があるので『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』の2冊を用いて対策を行いましょう。和文英訳に関しては英作文の書き方と例文暗記、自由英作文に関しては自由英作文の型をそれぞれ学ぶように意識して勉強してもらえたらと思います。

国語

大問1、2が現代文。大問3が古文。大問4が漢文からの出題となっています。現代文に関して大問2で小説からの出題がされていました。小説の対策も重要です。現代文全体としては記述・論述問題が中心となってくるので、『国公立標準問題集canpass 現代文』で対策をしていくようにしましょう。記述・論述問題は一度自分で回答を作成してみて、その後答案の採点基準と見比べながら自分の足りなかった点を洗い出し、完全答案を再現できるようにすることが対策のポイントとなります。
大問3、4の古文・漢文も記述問題が中心になっており、和訳問題、説明問題が出題されます。なので『国公立標準問題集canpass 古典』で記述・論述問題の対策をしましょう。canpassが終わったら過去問の演習で初見の問題に対してどれだけしっかり記述できるかどうかを確認して、鍛えていくということをしていきましょう。canpassと過去問の演習が重要な試験になります、記述力・論述力を磨いて行くようにしましょう。

文系数学

120分間で4題という出題形式なので1題30分時間が使えるという風に考えましょう。大問のレベルは典型的な問題からの出題が多いです。具体的な対策としては『基礎問題精講』しっかりとセンターレベルまでの基礎固めを行う。その後『国公立標準問題集canpass』で典型的な問題を押さえるということをしていけば、岡山大学の文系数学で高得点を狙えるかと思います。後は過去問演習の中で初見の問題を今まで取り組んだ参考書の問題と紐づけて解くことができるかどうかがポイントとなってきます。また、canpassのやりこみでどれだけ典型的な問題がしっかり自分の中に身につけられるかどうかも重要です。

理系数学

各大問の出題分野は4題中3題が数Ⅲの範囲からの出題となります。センター試験対策をまず優先して対策しましょう。
二次試験では複素数や微分・積分といった数Ⅲからの出題が目立つので二次試験対策では数Ⅲの範囲を優先して取り組みましょう。
各大問のレベルは標準的なものとなります。問題を見た時にある程度回答の指針が見える程度まで標準レベルの対策をしていくようにしましょう。具体的な対策方法としては『国公立標準問題集canpass ⅠA・ⅡB』と『国公立標準問題集canpass 数Ⅲ』
の範囲をしっかり取り組むようにしましょう。余裕のある方は『理系数学入試の核心標準編』まで取り組めるとベストです。
最終的には過去問演習の中で初めて見る問題を文章から回答の指針を立てていくトレーニングも重要になってきます。

物理

2017年の出題分野でいくと大問1が力学の問題。大問2が電磁気の問題。大問3が熱力学の問題。大問4が波動の問題。という形で原子以外の分野がどの分野も出題されるという形式になっていました。原子の分野も今後出題される可能性が非常に高いので
物理の全分野を満遍なく対策していくということが重要になります。問題のレベルは見た瞬間に解き方がわかるというような問題ではなく、典型的な問題がひねられたような形式になってくるので、初見の問題対策や難易度の高い問題の対策もしておかないと高得点は狙いづらい試験内容となっています。
標準レベルの物理の力をつける対策として『物理のエッセンス』『良問の風』の2冊を徹底的にやり込むようにしましょう。この2冊を身につけることができれば岡山大学の物理で最低限落としてはいけない問題が解けるようになります。難易度の高い問題の対策としては『名門の森』と『重要問題集』の2冊を取り組むようにしましょう。この2冊に取り組むことによって岡山大学の物理も十分対応可能な範囲になってきます。最終的には問題集のみで完結するのではなく、過去問演習の中で初めて見る問題をどうやって解いていくか考えるトレーニングもしていくようにしてください。

化学

生物

岡山大学の生物では基礎知識を問われる問題も出題されますが、初めて見るような実験・考察問題が多々出題されています。
これらの実験・考察問題で得点差がついてくると思われます。難易度の高い問題に対してどれだけ対策が出来ているかが問われる試験内容です。
具体的な対策としては『リードライト生物』で生物の基礎知識を徹底的に押さえるようにして下さい。次の段階として『理系標準問題集 生物』で生物のいわゆる典型問題を押さえるようにして下さい。さらに余裕をもって高得点を狙いたい方は『大森徹の最強講義』『大森徹の最強問題集』を使って対策をしていきましょう。これらの参考書は生物のかなり細かな知識まで載っており、一部実験・考察問題も載っています。これらの参考書で対策をしていけばかなり難易度の高い問題までカバーできる
と思います。
最終的には過去問演習の中で記述問題や実験考察問題は初見の問題でのトレーニングを積んで行くしかありません。なので、過去問演習の期間も十分取れるようにしましょう。

岡山大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP