物理力学・熱力学をマスターする参考書はこれだ!大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が 面白いほどわかる本[力学・熱力学編]

物理力学・熱力学をマスターする参考書はこれだ!大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が 面白いほどわかる本[力学・熱力学編]
出版社名:KADOKAWA

科目

物理

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ジャンル

    物理参考書

    目的

    物理の基礎理解

    分量

    320ページ

    参考書対応大学

    初めて物理を学び始める人にとって、物理はいうイメージがイメージがあると思います。そんな受験生を救うためにとてもわかりやすく物理に取り組むことができる参考書があるので今回は『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』を紹介します。

    参考書の特徴

    この参考書オススメの特徴としては何と言ってもわかりやすいイラスト調の教科書であるということです。この『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』は物理に対し苦手意識を持っている人に対してわかりやすい解説と、難しい化学式などもわかりやすいようにイラストで説明をしてくれます。

    わかりやすいイラスト付きの参考書でありながらも解説が詳しい講義型の参考書であるので、物理の重要なポイントをしっかりと学ぶことができます。この参考書では対話公式の講義型参考書なので物理が苦手な人でも取り組みやすい参考書になっています。

    参考書の使いかた

    さらにレベルの高い参考書に取り組もう

    この『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』は基礎事項を学習するためには十分活用することができる参考書ですが、この講義系の参考書だけでは入試で勝負するための力を培うことができません。そのため入試に向けて実力を伸ばすためにはさらに1ランク上のレベルの参考書に取り組む必要があります。

    オススメの参考書としては入試形式の問題が収録されている参考書です。入試形式の問題が収録されている参考書に取り組むことで最終的にどのような問題が出題されるのか、入試で合格するためにはどのようなポイントを押さえておけば正解をすることができるのか取り組んでみてください。もし問題に解いていてわからない内容が出てきた場合は、『大学入試漆原晃の物理基礎・物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』に戻り基礎知識を吸収するようにしてみてください。

    自分のペースで理解できる分野から取り組もう

    この本は初めて物理を学び始める人にとってはかなりわかりやすい参考書です。しかしまだ学校の授業が終了していない学生にとっては初めて見る分野が参考書で出る可能性があります。しかしその時は無理をせずわかるところから学習をするようにしましょう。

    一つ一つの内容を理解することができず8割くらいの理解度のまま読み切っていただいても大丈夫です。後々全ての分野がつながり、そういうことか!と理解力を上げることができます。もしこの参考書に取り組んでいて難しいなと感じた場合は、教科書やもう一冊講義系の参考書に取り組み並行して読んだ方が理解力が高まりますので、是非取り組んでみてください。

    大学傾向分析

    『MARCH〜東大レベル』を狙う受験生に『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』がオススメの理由

    MARCHレベルも東大レベルの物理の入試でも、力学の問題は一問目に出題されるほど出題必須の分野になります。ですので確実に答えることができるようにしっかりと対応しておきましょう。

    この『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』は物理を初めて学び始める受験生は共通して取り組んでいただきたい参考書になっています。用語を辞書のような感じて解説をしてくれる参考書と比べイラストで対話形式の講義参考書は他にありません。そのため物理に対して苦手意識を持っている受験生はこの参考書で漫画を読んでいる感覚で基礎事項を学習することができます。

    またこの参考書で物理の全ての分野を学習することができますのでとても効率よく学習を進めることができます。この参考書に取り組んだ上で入試形式の問題が収録されている参考書に取り組むことで自分の実力を把握することができますので是非自分の実力をあげるとともに、自分の苦手分野や自分に足りな部分を補うための指標にしてみてください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際にこの『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』を使ってどのように参考書を進めていけば良いのか各大学別にオススメの参考書ルートを紹介します。もしこの記事で自分の志望大学が紹介されない場合は志望大学のレベルと問題傾向を参考に選ぶようにしてください。また自分の実力と使用する参考書のレベルもしっかりと考慮しましょう。

    MARCH〜東大レベルのルート

    今回の参考書は入門の入門で基礎事項を学習するための参考書なのでMARCH・関関同立・早慶・東大レベルの大学を目指す人は共通して『やまぐち健一のわくわく 物理探検隊 NEO [力学・熱力学・波動編] [電磁気・原子編]』もしくは『大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が 面白いほどわかる本 [波動・原子編] [力学・熱力学編] [電磁気編]』のどちらかの問題集と並行して取り組むようにしてください。

    いずれかの参考書に取り組むことで実際に出題される問題の傾向を早い段階で理解することができるので今後物理のレベルを上げるためにはかなり役に立ちます。

    やまぐち健一のわくわく 物理探検隊 NEO [力学・熱力学・波動編]

    出版社 河合塾
    科目 物理
    分量 416ページ
    やまぐち健一のわくわく 物理探検隊 NEO [電磁気・原子編]

    出版社 河合塾
    科目 物理
    分量 320ページ
    大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が 面白いほどわかる本 [波動・原子編]

    出版社 KADOKAWA
    対象となる大学群 東大、早慶、MARCH、関関同立
    ジャンル 物理参考書
    目的 物理の基礎理解
    分量 293ページページ
    大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が 面白いほどわかる本[力学・熱力学編]

    出版社 KADOKAWA
    対象となる大学群 東大、早慶、MARCH、関関同立
    ジャンル 物理参考書
    目的 物理の基礎理解
    分量 320ページ
    大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理が 面白いほどわかる本[電磁気編]

    出版社 KADOKAWA
    対象となる大学群 東大、早慶、MARCH、関関同立
    ジャンル 物理参考書
    目的 物理の基礎理解
    分量 301ページ

    まとめ

    今回の記事で紹介した『大学入試漆原晃の物理力学・熱力学編が面白いほどわかる本』は基礎学習を始める受験生にはオススメの参考書です。自分の実力と志望大学の合格圏までの差をしっかりと確認した上で参考書ルートに取り組むようにしましょう。そうすることで着実に志望大学の合格圏に近づく学力を身につけることができます。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP