宇宙一わかりやすい物理参考書はこれ!『宇宙一分かりやすい 高校物理 [力学・波動]』

宇宙一わかりやすい物理参考書はこれ!『宇宙一分かりやすい 高校物理 [力学・波動]』
出版社名:学研+

科目

物理

対象となる大学群

  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 産近甲龍 一覧
  • ジャンル

    物理参考書

    目的

    物理の基礎理解

    分量

    428ページ

    参考書対応大学

    受験生の多くは高校物理の[力学・波動]の学習を進める上でうまく理解することができず物理に対し苦手意識を持ってしまいがちです。今回の記事ではどんな受験生でも理解をすることができる『宇宙一わかりやすい高校物理【力学・波動】を紹介します。

    参考書の特徴

    この参考書の特徴は何と言ってもタイトル通りわかりやすい解説で構成割れている参考書という点です。教科書などと比べてもこの参考書はずば抜けてわかりやすい解説がされています。そのためこれから物理の学習を始める人や物理に苦手意識を持っている人はとても取り組みやすい参考書になっています。一つ一つの単元を丁寧に解説してくれるので全ての分野を平等に学習することができます。

    この参考書の表紙はとてもポップでとても可愛らしいですが、参考書の中身はしっかりと解説されています。この参考書はぶ厚めでとっつきにくい参考書かな、という印象を持ってしまうかもしれませんがこの参考書は練習問題がついているので効率がとても良いです。

    参考書の使いかた

    計算演習をしっかりと取り組もう

    この『宇宙一わかりやすい高校物理【力学・波動】』は一つ一つの分野に対してかなり詳しく解説がされていますが、分野ごとに計算演習問題がついているので学習をした後にしっかりと自分の実力になっているのか確かめることができます。この参考書は講義型の基礎項目を紹介する章と別冊で問題集と章末のチェックリストがあります。

    そのため自分の実力が着くまで繰り返し何度も取り組むことをお勧めします。そうすることで今後難易度の高い問題に取り組んだ時にも基礎知識をいかし問題に取り組むことができるのでとてもお勧めです。初めて物理を学習する人へのアドバイスとしては物理を学習する時に”言葉の定義”と”単位”をしっかりと意識して覚えることです。エネルギーや角速度、波動などを自分の言葉でしっかりと説明することができるようにしておくと入試学習にはとても役立ちます。

    この参考書の後はさらにレベルの高い問題に取り組もう

    今回紹介している『宇宙一わかりやすい高校物理』は物理の各単元の基本問題を取り扱った参考書になっています。そのためこの講義系の参考書だけでは入試で勝負するための力を培うことができません。入試に向けて実力を伸ばすためにはさらに1ランク上のレベルの参考書に取り組む必要があります。

    オススメの参考書としては入試形式の問題が収録されている参考書です。入試形式の問題が収録されている参考書に取り組むことで最終的にどのような問題が出題されるのか、入試で合格するためにはどのようなポイントを押さえておけば正解をすることができるのか取り組んでみてください。

    大学傾向分析

    『産近甲龍レベル』を狙う受験生に『宇宙一わかりやすい高校物理』がオススメの理由

    産近甲龍レベルの物理の入試問題では基本的な難易度の物理の問題が出題されます。特に力学の問題は出題必須の分野となっておりますのでしっかりと対策するようにしましょう。

    『宇宙一わかりやすい高校物理』は物理を初めて学び始める受験生は共通して取り組んでいただきたい参考書になっています。用語を辞書のような感じて解説をしてくれる参考書と比べ、この参考書はわかりやすい解説に徹底しています。そのため物理に対して苦手意識を持っている受験生は基礎事項を学習することができます。

    またこの参考書で物理の全ての分野を学習することができますのでとても効率よく学習を進めることができます。この参考書に取り組んだ上で入試形式の問題が収録されている参考書に取り組むことで自分の実力を把握することができますので是非自分の実力をあげるとともに、自分の苦手分野や自分に足りな部分を補うための指標にしてみてください。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際にこの『宇宙一わかりやすい 高校物理【力学・波動】』を使ってどのように参考書を進めていけば良いのか各大学別にオススメの参考書ルートを紹介します。もしこの記事で自分の志望大学が紹介されない場合は志望大学のレベルと問題傾向を参考に選ぶようにしてください。また自分の実力と使用する参考書のレベルもしっかりと考慮しましょう。

    日東駒専・産近甲龍レベルのルート

    物理を利用して、日東駒専・産近甲龍などの偏差値50前後の大学を志望する人はこの参考書に取り組んだ後は『宇宙一分かりやすい 高校物理 [磁気・熱・原子]』に取り組むようにしましょう。

    今回紹介した『宇宙一わかりやすい 高校物理【力学・波動】』は実力を伸ばすためにとても有効なので、一度この参考書で実力をつけ収録されている計算問題などにしっかり取り組んでから次の分野に取り組んでみてください。

    そうすることで入試に近づき難しい問題に取り組んでいる中で基礎学習で身につけた力を発揮することができ、難しい問題でも工夫して問題を解くことができますので基礎学習はしっかりと行うようにしましょう。

    宇宙一分かりやすい 高校物理 [力学・波動]

    出版社 学研+
    対象となる大学群 日東駒専・産近甲龍
    ジャンル 物理参考書
    目的 物理の基礎理解
    分量 428ページ
    宇宙一分かりやすい 高校物理 [磁気・熱・原子]

    出版社 学研+
    分量 477ページ

    まとめ

    いかがでしたか?『宇宙一わかりやすい 高校物理【力学・波動】』は初めて物理を学び始める受験生や物理に苦手意識を持っている受験生にぴったりの参考書です。そのため無理をして難しい参考書ばかりに取り組むよりもできるだけこの参考書で基礎学習をしっかりと行うようにしましょう。そうすることで今後過去問や難しい問題に取り組む時も基礎学習をしっかりといかして問題に取り組むことができますので頑張って挑戦してみてください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP