高校物理 基礎〜応用まで対応する参考書『リードLightノート物理」

高校物理 基礎〜応用まで対応する参考書『リードLightノート物理」
出版社名:数研出版

科目

物理

対象となる大学群

  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 産近甲龍 一覧
  • ジャンル

    化学問題集

    目的

    化学基礎理解

    分量

    112ページ

    参考書対応大学

    物理を学習し始めた受験生にぴったしな問題が収録されている参考書をご存知ですか?基礎知識を使用して取り組むことができる便利な参考書『リードLightノート物理』を今回は紹介します。

    参考書の特徴

    この参考書の特徴は何と言っても、物理の学習基礎内容を使って基礎〜標準レベルの問題に取り組むことができる点です。この参考書は物理の学習をし始めた人でも安心して取り組むことができるような問題を収録しています。基礎的な問題とはどのような問題なのかというと教科書に記載されている公式や化学式などを覚えるだけで解くことができる問題です。

    この参考書は基礎的な内容を含んでいますがこの参考書は様々な単元の問題を取り扱っているのでこの参考書の問題が完璧に解くことができればセンター試験や偏差値50前後の大学の入試でしたら十分取り組むことができる実力を身につけることができます。

    参考書の使いかた

    参考書を効率よく使用しよう

    この『リードLightノート物理』は講義パートと問題集パートの2冊で別れて構成されています。しかし問題量は他の参考書と比べて多すぎる訳でもなく少なすぎる訳でもない、とてもちょうどいい分量の参考書になっています。そして問題のレベルの基礎レベル〜標準レベルの問題がメインなのでしっかりとこの参考書に取り組めば過去問にも取り組むことができる学力を身につけることができます。

    この参考書で出題される問題のほとんどが入試で出題される問題形式と同じなのでこの参考書で演習問題を積み重ねることで自然と入試形式に近い癩で学習に取り組むことができます。解説も詳しく書いてありしっかりと解説を読むことで次の問題に生かすことができる知識を吸収することができますのでぜひしっかりと読んでみてください。難しい問題に取り組むと物理に対し苦手意識を持ってしまう可能性がありますが、この参考書は難しい問題は含まれていませんので安心して取り組むことができます。

    基礎をマスターした後は過去問に取り組もう

    この参考書で大学入試の基礎を学んだ後は必ず自分の志望大学の過去問やセンター試験の過去問に取り組むようにしましょう。この参考書では基礎的な学習を行うことができますが、しかしながら入試に挑むには知識が不十分なのです。

    そのためさらに知識を増やすために過去問演習を必ず行うようにしてください。センター試験の過去問演習問題でしたら赤本や『短期攻略 センター物理』などがありますのでぜひこれらの参考書に取り組み自分に足りない知識を問題を解きながら吸収して行きましょう。

    大学傾向分析

    『日東駒専・産近甲龍レベル』を狙う受験生に『リードLightノート物理』がオススメの理由

    産近甲龍レベルの物理の入試問題では基本的な難易度の物理の問題が出題されます。特に力学の問題は出題必須の分野となっておりますのでしっかりと対策するようにしましょう。

    『リードLightノート物理』は基礎的な知識を一通り学習し終えている人であれば取り組むことができる参考書です。この参考書をしようして自分がこれまでに学習をしてきた知識をアウトプットするだけで志望大学の入試やセンター試験の過去問に取り組むときにかなり楽に学習を進めることができます。

    また日東駒専や産近甲龍などの偏差値50前後の大学を志望する人であればこの参考書を完璧にするだけでセンター試験や大学入試で高得点を目指すことができます。この参考書は解説もかなり詳しいのでわからない問題もしっかりと納得いくまで学習することができます。入試で高得点を取るためにはながら作業でこの参考書に取り組むのではなくしっかりと1問1問なぜこの回答になるのかを明確にしながら取り組むようにしましょう。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際にこの『リードLightノート物理」を使ってどのように参考書を進めていけば良いのか各大学別にオススメの参考書ルートを紹介します。もしこの記事で自分の志望大学が紹介されない場合は志望大学のレベルと問題傾向を参考に選ぶようにしてください。また自分の実力と使用する参考書のレベルもしっかりと考慮しましょう。

    日東駒専や産近甲龍レベルのルート

    日東駒専や産近甲龍レベルの大学を志望する受験生はこの参考書に取り組み、もし難しいと感じた場合は『リードLightノート物理基礎』に取り組むようにしましょう。この参考書はこの記事で紹介している参考書の”基礎”版になっています。そのためより簡単な問題に取り組むことができます。

    簡単な基礎的な問題がこの参考書には収録されていますが、この参考書で問題の解き方やコツを学びその後『リードLightノート物理』に取り組みさらに難しい問題にも取り組むことができるような学習を進めましょう。そうすることで過去問に取り組むことができる学力と実力を身につけることができます。

    リードLightノート物理

    出版社 数研出版
    科目 物理
    リードLightノート物理

    出版社 数研出版
    対象となる大学群 日東駒専、産近甲龍
    ジャンル 化学問題集
    目的 化学基礎理解
    分量 112ページ

    まとめ

    『リードLightノート物理』は初めて物理を学び始める受験生や物理に苦手意識を持っている受験生にぴったりの参考書です。そのため無理をして難しい参考書ばかりに取り組むよりもできるだけこの参考書で基礎学習をしっかりと行うようにしましょう。そうすることで今後過去問や難しい問題に取り組む時も基礎学習をしっかりといかして問題に取り組むことができますので頑張って挑戦してみてください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP