センターMARCHの政治経済を学ぶなら『きめる!センター政治経済』

センターMARCHの政治経済を学ぶなら『きめる!センター政治経済』
出版社名:学研教育出版

科目

政治経済

対象となる大学群

ジャンル

政治経済教科書

目的

政治経済の基本理解

分量

428ページ

政治経済の基礎学習ができる『きめる!センター政治経済』。この参考書でMARCHレベルの入試もカバーすることが出来ます。今回は『きめる!センター政治経済』の特徴と使い方を紹介します。

『きめる!センター政治経済』の特徴

『きめる!センター政治経済』はMARCH・関関同立レベルの政治経済の知識を身につけることが出来ます。この参考書の名前に”センター”とありますが、センター試験だけでなく私大の入試でも活かすことができる参考書です。政治経済で頻出の用語から、難易度の高い用語まで収録されているのでこの参考書でかなりの知識を吸収することが出来ます。

学校や予備校の授業で学んだ範囲を『きめる!センター政治経済』で復習をするとより効率よく学習を進めることが出来ます。基礎学習をある程度終え、本格的に政治経済を学習し始める人にぜひ取り組んでいただきたい参考書です。

参考書の使い方

難しい場合は他の参考書と並行して取り組もう

『きめる!センター政治経済』は他の参考書と比べ、簡潔でとてもわかりやすい説明をしています。入試でよく出題されるポイントをまとめているので一目で何が重要なのかがわかります。

他の参考書では、何が重要なのか・どこを覚えたらいいのかの2点がわからなくなってしまうことがありますが心配いりません。『きめる!センター政治経済』は重要なポイントが簡潔にまとめられているので、学習効率を上げることが出来るでしょう。

もし簡潔に解説されすぎて理解するのが難しいという場合は、さらに噛み砕いて解説をしている参考書に取り組みましょう。オススメの参考書は『蔭山のセンター 政治・経済』です。『蔭山のセンター 政治・経済』は講義系の参考書ではなくストーリー形式で解説しているのでとても取り組みやすくなっています。

一通り学んだ後は演習問題・過去問に取り組もう

『きめる!センター政治経済』は講義形式の参考書です。そのため入試に向けた学習を行うことが出来ません。各大学によって入試の形式は異なるので、自分の志望大学がどのような入試傾向があるのか分析しておくことをお勧めします。

演習問題を行うのにオススメの参考書としては『マーク式基礎問題集 政治・経済』です。まずは基礎的な学習を行った後、正しく政治経済を理解できているのか確認をしましょう。そうすることで選択問題形式にもなれることが出来ますし、知識の整理を行うことができるのでオススメです。いきなり難しい問題に取り組んでしまうと、返って混乱してしまうので徐々にレベルを上げていくようにしましょう。

『きめる!センター政治経済』がおすすめな理由

『きめる!センター政治経済』はセンター・産近甲龍・日大・MARCH・関関同立・早慶・地方国公立を目指す受験生にオススメの参考書です。収録されている内容が政治経済の基礎〜標準レベルとなっており、初めて政治経済を学ぶ人でも取り組みやすい参考書となっています。そのため基礎〜標準レベルの選択問題が出題されやすいセンター・産近甲龍・日大レベルを目指す受験生は、『きめる!センター政治経済』に取り組んだ後『マーク式基礎問題集 政治・経済』に取り組むと良いでしょう。

またMARCH・関関同立・早慶・地方国公立レベルの大学では基礎知識を応用した問題が出題されたり、記述問題が出題される場合があります。そのような問題傾向でも基礎学習は必須になりますのでしっかりと『きめる!センター政治経済』に取り組むようにしましょう。

参考書ルート一覧

大学別合格点突破レベルのルート

では実際に、『きめる!センター 政治経済』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか参考書ルートをまとめました。もし自分の志望大学がない場合は、志望大学の出題傾向とレベルを比較して最も似ている大学の参考書ルートを参考にしてみてください。

センター・産近甲龍・日大レベルのルート

センター・産近甲龍・日大レベルの大学を志望する受験生は『きめる!センター政治経済』に取り組んだ後、さらに詳しい参考書に取り組む必要があります。『きめる!センター政治経済』は政治経済の基礎レベルの内容が網羅されていますが、入試に挑むには『蔭山のセンター 政治・経済』でさらに知識を増やしましょう。その後『マーク式基礎問題集 政治・経済』で知識のアウトプットを行うと効率よく学習を進めることが出来ます。

蔭山のセンター 政治・経済

       

出版社 学研教育出版
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 政治経済参考書
目的 政治経済の基礎理解
分量 376ページ
マーク式基礎問題集 政治・経済

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 政治経済問題集
目的 政治経済の知識整理
分量 115ページ

MARCH・関関同立・早慶・地方国公立レベルのルート

MARCH・関関同立・早慶・地方国公立レベルの大学を目指す受験生は『きめる!センター政治経済』に取り組んだ後、さらに細かな知識を身につける必要があります。入試で出題される問題も難しいものが多いので『蔭山のセンター 政治・経済』『畠山のスパッとわかる 政治・経済 爽快講義』を使ってさらに知識を増やしましょう。その後身につけた知識を整理するために『マーク式基礎問題集 政治・経済』に取り組むと効率よく学習を進めることが出来ます。

蔭山のセンター 政治・経済

       

出版社 学研教育出版
対象となる大学群 MARCH~難関大学レベル
ジャンル 政治経済参考書
目的 政治経済の基礎理解
分量 376ページ
畠山のスパッとわかる 政治・経済 爽快講義

       

出版社 栄光
対象となる大学群 センター~早慶レベル
ジャンル 政治経済参考書
目的 政治経済のポイント理解
分量 496ページ
マーク式基礎問題集 政治・経済

       

出版社 河合出版
対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
ジャンル 政治経済問題集
目的 政治経済の知識整理
分量 115ページ

まとめ

センターからMARCHレベルの政治経済の知識を身につけることができる『きめる!センター政治経済』。しっかりと取り組んで政治経済の基礎学習を完了させましょう。また志望大学の参考書ルートを使って、合格圏に近づくことができるようにこれからも頑張ってください。講義系の参考書と演習問題の参考書にしっかりと取り組むことで、知識のインプット・アウトプットが行えて学習効率を上げることができるでしょう。

無料受験相談のご案内

武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

サブコンテンツ

TOP