政治経済をより詳しく理解したい人にお勧め『蔭山のセンター 政治・経済』

政治経済をより詳しく理解したい人にお勧め『蔭山のセンター 政治・経済』
出版社名:学研教育出版

科目

政治経済

対象となる大学群

  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ,
  • 産近甲龍 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ,
  • 大東亜帝国 一覧
  • ジャンル

    政治経済参考書

    目的

    政治経済の基礎理解

    分量

    376ページ

    参考書対応大学

    『蔭山のセンター政治・経済』は政治経済の内容がわかりやすく学習できる参考です。初めて政治経済を目指す人でも安心して取り組めます。今回は『蔭山のセンター 政治・経済』の特徴と使い方を紹介します。

    『蔭山のセンター 政治・経済』の特徴

    『蔭山のセンター政治・経済』は講義系の参考書ですが、生徒と教師が対話して話が進むストーリー性のある参考書です。そのため講義系の参考書よりも取り組みやすくなっています。初めて政治経済を学び始める人や政治経済に苦手意識を持っている人にオススメです。

    また『蔭山のセンター 政治・経済』はセンター試験から産近甲龍・日大・MARCHまでのレベルをカバーすることが出来ます。基礎レベルから標準レベルの内容を網羅しているのでこの1冊で演習問題に取り組むことができるようになります。『蔭山のセンター 政治・経済』に取り組んだ後は演習問題で知識のアウトプットを行うようにしましょう。

    参考書の使い方

    何度も繰り返し取り組もう

    『蔭山のセンター 政治・経済』は政治分野、経済分野、時事問題の3テーマについて取り扱っており、3テーマ全部で全23単元で構成されています。時間に余裕がある受験生であれば、1単元ずつ丁寧に取り組み2週目で復習を行うと良いでしょう。もし時間に余裕がない受験生は1日に2単元ずつ取り組めば短期間で政治経済の全範囲を学習することが出来ます。

    『蔭山のセンター 政治・経済』は1通り政治経済全体の概要を学習した後、2周目で細かな点を仕上げていくと学習効率を上げることが出来ます。重要事項がわかりやすく説明されているので、その都度しっかりと覚えていくようにしましょう。1ヶ月〜2ヶ月は『蔭山のセンター 政治・経済』で政治経済の全体像を掴みましょう。

    演習問題と並行して取り組もう

    『蔭山のセンター 政治・経済』は講義形式の参考書なので、この1冊では入試に向けた演習を行うことが出来ません。そのため『蔭山のセンター 政治・経済』に取り組んだ後は、演習が行える参考書に取り組むことをお勧めします。

    政治経済は講義形式の参考書で全体の概要を学習しつつ、演習問題で知識のアウトプットを行うことで効率よく学習を進めることが出来ます。演習問題に取り組むのにお勧めな参考書は『マーク式基礎問題集 政治・経済』です。政治経済の基礎レベルの問題で、基礎の土台がしっかり出来ているか確認をしましょう。

    その後河合出版の『マーク式総合問題集政治・経済』で少しレベルの高い問題に取り組んでください。徐々にレベルを上げていくことで着実に自分の実力を上げることが出来るでしょう。

    『蔭山のセンター 政治・経済』がおすすめな理由

    『蔭山のセンター 政治・経済』には政治経済の学習に必要な全体概要から重要事項がわかりやすく解説されています。センター・MARCH・関関同立・早慶・地方国公立・産近甲龍・日大レベルの大学を目指す全ての受験生は取り組むようにしましょう。

    センター・日大・産近甲龍レベルの大学では選択問題が中心に出題されます。出題される問題の質も基礎〜標準レベルであることが多いのでしっかりと『蔭山のセンター 政治・経済』に取り組みましょう。MARCH・関関同立・早慶・地方国公立レベルの入試では基礎〜標準レベルの知識を応用させた問題や記述の問題が出題される時があります。しっかりと基礎〜標準レベルの知識を身につけておくことで、今後の学習効率を上げることが出来るでしょう。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    では実際に『蔭山のセンター 政治・経済』を使ってどのように志望大学の合格圏に近づくことができるのか説明をします。大学群ごとに参考書ルートをまとめてみました。もし自分の志望大学がない場合は、志望大学の出題傾向とレベルを比較して最も似ている大学の参考書ルートを参考にしてみてください。

    センター・産近甲龍・日大レベルのルート

    センター・産近甲龍・日大レベルの大学を目指す受験生は『蔭山のセンター 政治・経済』に取り組んだ後、演習問題に取り組みましょう。もし『蔭山のセンター 政治・経済』が難しいと感じた場合は『きめる!センター 政治経済』に取り組むとさらに簡潔な説明で理解しやすくなります。

    その後『マーク式基礎問題集 政治・経済』で基礎知識がしっかり身についているのか確認をします。そして『センター試験 政治・経済集中講義』で入試に必要な標準レベルの知識が身についている確認しましょう。その後志望大学の過去問に取り組むことをお勧めします。

    きめる!センター 政治経済

           

    出版社 学研教育出版
    対象となる大学群 MARCHレベル
    ジャンル 政治経済参考書
    目的 政治経済の内容理解
    分量 428ページ
    マーク式基礎問題集 政治・経済

           

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
    ジャンル 政治経済問題集
    目的 政治経済の知識整理
    分量 115ページ
    センター試験 政治・経済集中講義

           

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 センターレベル
    ジャンル 政治経済参考書
    目的 政治経済のセンター試験対策
    分量 256ページ

    MARCH・関関同立・早慶・地方国公立レベルのルート

    MARCH・関関同立・早慶・地方国公立レベルの大学を志望する受験生は、『蔭山のセンター 政治・経済』に取り組んだ後演習問題に取り組みます。もし『蔭山のセンター 政治・経済』が難しいと感じた場合は『きめる!センター政治経済』に取り組みましょう。加えて詳しくMARCH以上の知識が必要になりますので『畠山のスパッとわかる 政治・経済 爽快講義』に取り組んでください。その後知識のアウトプットを行うために『マーク式基礎問題集 政治・経済』『センター試験 政治・経済集中講義』に取り組むことをお勧めします。

    きめる!センター 政治経済

           

    出版社 学研教育出版
    対象となる大学群 MARCHレベル
    ジャンル 政治経済参考書
    目的 政治経済の内容理解
    分量 428ページ
    畠山のスパッとわかる 政治・経済 爽快講義

           

    出版社 栄光
    対象となる大学群 センター~早慶レベル
    ジャンル 政治経済参考書
    目的 政治経済のポイント理解
    分量 496ページ
    マーク式基礎問題集 政治・経済

           

    出版社 河合出版
    対象となる大学群 MARCH~難関大レベル
    ジャンル 政治経済問題集
    目的 政治経済の知識整理
    分量 115ページ
    センター試験 政治・経済集中講義

           

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 センターレベル
    ジャンル 政治経済参考書
    目的 政治経済のセンター試験対策
    分量 256ページ

    まとめ

    センターからMARCHレベルの政治経済の知識を身につけることができる『蔭山のセンター 政治・経済』。しっかりと取り組んで政治経済の基礎学習を完了させましょう。また志望大学の参考書ルートを使って、合格圏に近づくことができるようにこれからも頑張ってください。講義系の参考書と演習問題の参考書にしっかりと取り組むことで、知識のインプット・アウトプットが行えて学習効率を上げることができます。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP