埼玉大学

埼玉大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
教養学部 2.2~8.4倍 55.0 なし
経済学部 3.5~11.5倍 55.0 なし
教育学部 3.2倍 52.5~57.5 なし
理学部 3.9~6.3倍 52.5~57.5 なし
工学部 3.1~6.3倍 50.0~55.0 なし

埼玉大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
英語の長文問題が大問1,2で、自由英作文問題が大問3で出題されています。長文問題が、他の国公立とは違ってほとんどがマーク式の問題になります。文章の内容を正確に読み取り、正しい選択肢を内容一致で当てることがポイントになってきます。

対策
長文のレベルとしては、『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』まで取り組んでもらえると十分かと思います。英作文の対策は、『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』で英作文の書き方や表現を学び、『英作文ハイパートレーニング自由英作文編』で対策していきましょう。最後は、過去問演習の中で長文と英作文セットで解ききる練習をしてください。

国語

傾向
経済学部では、大問1が現代文、大問2が古文、大問3が漢文からの出題です。経済学部では、大問2題とも現代文からの出題となっております。現代文に関しては、かなり長めの文章が出題されていて、記述問題もたくさん出題されています。記述で求められる文字数も160字の論述問題が経済学部で出題されていたり、かなり本格的な記述問題となっておりますので、記述対策を徹底的に行なっていく必要があります。

対策
『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。記述・論述問題がたくさん載っているのでちょうど良い演習問題となると思います。教育学部の古文・漢文に関しては、他の国公立大学と比較してみるとかなり短めの文章となっております。現代語訳させる問題があったり、古文・漢文の文法や句法について知識を問う問題が出題されています。記述で答えさせる問題が多いので、『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』で対策を行なっていきましょう。現代文重視の問題なので、現代文を優先的に対策してください。

文系数学

傾向
標準レベルの問題となっております。様々な分野を組み合わせた問題が出題される傾向があります。大問3に確率とデータと分析の分野を組み合わせた問題、大問4に微分・積分の分野と領域・軌跡の分野を組み合わせたような問題が出題されています。融合問題に対応する力もつけていく必要があります。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』で基礎固めを行い、『国公立標準問題集CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(駿台受験シリーズ)』で対策を行なって下さい。CanPassのレベルがしっかりできれば、過去問に挑んでも十分合格点が狙えようになってると思いますので、最後は過去問演習を徹底的に行なっていきましょう。

理系数学

傾向
やや難易度が高めの問題が出題されています。考えさせるような問題、思考力が必要な問題が多い傾向にありますので、じっくり数学の力を鍛えていくように対策をしていってください。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』『数学Ⅲ 基礎問題精講』で基礎固めを行なって下さい。その後、『国公立標準問題集CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学Ⅲ(駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。CanPassの問題も分からなかったら、すぐに答えを見るのではなく、じっくり考えていくことで埼玉大学の思考力が必要とする問題に対応する力がついていくかと思います。CanPassのレベルが十分解けるころには、過去問に挑んでも遜色ない点数が取れると思うので、その後は過去問演習を徹底的に行なっていきましょう。過去問演習のポイントは、思考力が必要な問題が多いので、じっくり考えることにあります。問題文を丁寧に読み込み、問題文から解答の最初の一行目をしっかり書けるように対策をしていってください。

総合問題理系

傾向と対策

理学部物理学科の総合問題は、全部で大問が2題出題されています。基本的には、物理中心の出題となっています。物理的現象を数学的な観点から考察したり、英語の文章で物理に関する話題が出題されていたりするので、英語の力、数学の力も重要になります。メインは、物理の対策になってくるので『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』のレベルまで物理の学力は仕上げておいて下さい。数学も微分・積分の分野が必要だったり、英語に関しても国公立レベルの標準的な文章の読み込みが必要だったりします。

理学部基礎科学科の総合問題は、大問が全部で3題出題されています。ほとんど全てが化学の内容に関する問題となっていて、化学の対策をしっかりしておけば十分合格点は取れると思います。化学に関しては無機・有機・理論化学の分野から満遍なく出題されているので、化学の基礎的な力と入試問題に対応する力をしっかりつけておけば十分です。最初に『リードLightノート化学』で基礎固めを行い、その後『国公立標準問題集 CanPass化学基礎+化学 (駿台受験シリーズ)』を使って、国公立の化学の問題をどんどん解いていきましょう。CanPassの問題が仕上がってくれば、埼玉大学の総合問題のレベルでも十分対応できると思います。

理学部分子生物学科の総合問題は、大問が全部で3題出題されています。ほぼ全て生物の分野からの出題となっていますので、生物の対策をしっかりしていけば十分合格点が狙えます。生物と化学が関連する分野は、化学の知識が必要になってきたりするのですが、生物の対策を徹底的に行っていってもらえれば合格点が狙えるようになっています。記述問題も出題されているので、国公立の生物の対策を仕上げてもらえれば十分合格点が狙えるようになっています。『生物の必修整理ノート 新課程版 (要点を書き込むだけで覚える)』で生物の基礎的な用語・語句を覚えてもらい、最終的には『国公立標準問題集 CanPass生物基礎+生物 (駿台受験シリーズ)』を使って、国公立でよく出る生物の問題を完全に網羅して下さい。CanPassの中で記述問題も含まれているので、記述の対策も徹底的に行っていきましょう。最後は、過去問演習をしてもらえれば十分だと思います。

理学部生体制御学科の総合問題は、大問が全てで2題出題されています。生物の問題がほとんど全てとなっていますので、生物の勉強をしっかりしてもらえれば合格点が狙えるようになっています。『生物の必修整理ノート 新課程版 (要点を書き込むだけで覚える)』で生物の基礎的な用語・語句を覚え、その後『国公立標準問題集 CanPass生物基礎+生物 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。CanPassの生物に取り組んでもらえれば、十分合格点が狙えるようになっています。記述問題が多く出題されているので、記述の練習を行うようにしましょう。一部思考力が必要な、考えさせる問題も出題されています。CanPassの中でも、普段の過去問演習のときも生物で初めて見るようなデータ、現象についてはその問題文からどういう現象になっているのかを正確に読み取り、しっかり考えて記述で説明するようにして下さい。そういった過去問練習が非常に重要になってきますね。

工学部応用化学科の総合問題は、特殊で大問1が英語の問題。大問2が化学の問題。大問3も化学の問題。という風に英語1,化学2という出題割合になっています。英語の長文読解も出ていますので、英語力も非常に重要になってきます。英語の文章自体は、化学を題材とした文章で英語の長文を読んだ問題に関しても化学の計算問題が出題されています。トータルで言うと、化学の出題割合が非常に高いのですが、英語の文章読解の力も上げていく必要があります。『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』のレベルまで仕上げておくようにしましょう。化学の大問については、無機化学の知識だったり、理論化学・有機化学の知識を満遍なく解いている問題が多いです。計算問題や化学反応式を書かせる問題、記述で説明するような問題が出題されていますので『リードLightノート化学』で化学の基礎的な問題、基礎的な用語を覚えてもらった後、『国公立標準問題集 CanPass化学基礎+化学 (駿台受験シリーズ)』で化学の問題演習を十分やっていくようにしましょう。最後は、過去問演習の中で埼玉大学の傾向に合わせて対策をしていってください。

各学部学科に分かれて、総合問題が出ています。総合問題の過去問をしっかりチェックして、その傾向に合わせて対策をしていくことが合格点を取るポイントになってきます。

埼玉大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP