静岡大学

静岡大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
人文社会科学部 2.3~2.4倍 50.0~52.5 なし
教育学部 1.9~3.1倍 50.0~57.5 なし
情報学部 2.2~2.4倍 50.0~52.5 なし
理学部 1.5~2.4倍 50.0~55.0 なし
工学部 2.4倍 50.0~52.5 あり
農学部 1.4~2.4倍 52.5~55.0 なし
地域創造学環 3.5~4.3倍 52.5 なし

静岡大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1,2が英語の長文問題。大問3が文法の正誤問題。大問4が会話文問題。大問5が自由英作文問題となっています。

対策
大問1,2の長文問題は記述問題が多めになっているので『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』で対策してください。大問3の正誤問題に関しては、『スーパー講義英文法・語法正誤問題(河合塾シリーズ)』を使って正誤問題の対策までしておくとバッチリです。大問4の会話文問題は、一度自力でやって難しそうだったら『英会話問題のトレーニング』に着手していくのがおすすめです。大問5の自由英作文に関しては、『英作文ハイパートレーニング和文英訳編』で英作文の型を身につけ、『英作文ハイパートレーニング自由英作文編』で自由英作文の書き方を学ぶようにしてもらったら問題なく書けるようになるかと思います。大問ごとに対策方法が変わってくるので、大問ごとに苦手分野を潰していってください。順番に対策して、最後は過去問演習の中で総合的な力を上げていきましょう。

国語

傾向
大問1が現代文。大問2が古文。大問3が漢文からの出題となっています。大問1の現代文が圧倒的に文量が多く、問題の数も多いです。現代文でどれだけ点数が取れるかが静岡大学の国語で合格点を取るポイントだと思います。大問2の古文、大問3の漢文は、文章の量も比較的少なめで出題や問題のレベルも易しめになります。古文・漢文は確実に点数を取って、現代文でしっかりどれだけ点数を取れるかもポイントとなってきます。

対策
現・古・漢共通して記述問題・論述問題が中心となるので、『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』の2冊を徹底的にやり込むようにしてください。それぞれ記述問題・論述問題が載っているので、記述力・論述力を磨いていくようにしましょう。最終的には、過去問演習の中で総合的な力を鍛えていくようにして下さい。

文系数学

傾向
問題の難易度は、高めの問題になります。思考力が必要な難しい問題が多い傾向にあります。なるべくレベルの高い問題まで演習していくことをオススメします。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』を完璧に身につけて、センター試験のレベルを確実にクリアできるようにしましょう。その後『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』に取り組むようにして下さい。最終的には、過去問演習の中で初めて見る問題に対してどれだけそこから解答の方針を建てられるかがポイントになってきます。初見問題に対する力を付けていって下さい。

理系数学

傾向
数学Ⅲに偏って出題する大学もあるが、静岡大学の場合はどの分野も満遍なく出題されているという形式です。特に数A・数Bの問題も多く出題されているので、そこの対策もしていくようにしましょう。問題のレベルは、理系数学の場合標準レベルの問題が多く、一部難易度の高い問題が出題されています。

対策
『数学I・A 基礎問題精講』『数学II・B 基礎問題精講』『数学Ⅲ 基礎問題精講』を徹底的に完璧にして、センター試験のレベルをクリアする。その先の二次試験の対策として『国公立標準問題集CanPass数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学Ⅲ(駿台受験シリーズ)』の2冊を完璧にするようにして下さい。国公立レベルの問題が集まっているので、静岡大学の出題の傾向としてもこのレベルの問題となります。CanPassのレベルを徹底的に解けるようにしていくのが一番の対策です。その後、過去問演習の中で初見の問題に対する力を付けていって下さい。

物理

傾向
2017年の出題分野は大問1が力学。大問2が電磁気。大問3が熱力学からの出題となっていました。力学・電磁気は出題頻度が高いと考え、そこから優先的に対策していきましょう。波動の分野や熱力学の分野、原子の分野は、どこから出題されても良いように全部分野満遍なく対策していくことをオススメします。レベルは、標準レベル、典型的なレベルの出題が多いです。

対策
『物理のエッセンス』『良問の風』この2冊を最優先で仕上げるようにして下さい。『良問の風』レベルまで取り組める状況になっていれば、静岡大学の物理もそう難しくは感じることはないと思います。国公立特有のちょっとひねった問題に慣れるために、『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』を仕上げていきましょう。このレベルがしっかり仕上がれば、静岡大学の物理でも高得点が狙えると思います。最終的には、過去問演習の中で問題文の読み込みや与えられた問題文から式を作る練習の繰り返しも重要になります。

化学

傾向
大問1が理論化学と有機化学の融合問題。大問2が理論化学からの出題。大問3が無機化学からの出題、大問4が有機化学からの出題となります。理論化学・有機化学・無機化学の3分野から満遍なく出題されているという形式です。化学の全分野を満遍なく対策していくことが重要ですね。文量が多いが、問題のレベルは典型的な出題が中心となっています。スピーディーに計算を処理していくことも課題ですね。計算問題も非常に多いので、計算能力をつけていくことも重要です。

対策
『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』この2冊でしっかり化学の基礎固めを徹底的に行うようにして下さい。この段階で、計算問題や語句・用語は網羅している状態を目指してください。その後『国公立標準問題集CanPass化学基礎+化学 (駿台受験シリーズ)』で、標準的な典型的なレベルの化学の問題を一通りマスターしておくようにしましょう。CanPassがしっかり身についていたら、静岡大学のそこまで苦戦するようなことはないと思います。最終的には、過去問演習の中で初見の問題に対応する力と80分の中で大問4つを完答しきるという時間間隔の練習をしてもらえればと思います。

生物

傾向
知識問題と記述問題がバランスよく出題されている形式になります。

対策
生物の基礎問題をまず『生物の必修整理ノート 新課程版 (要点を書き込むだけで覚える)』『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』 新課程版 (要点を書き込むだけで覚える)』で対策していくようにしましょう。記述問題・論述問題に関しては、しっかり生物の現象を日本語で記述で説明できるようになっておく必要があるので、『国公立標準問題集CanPass生物基礎+生物(駿台受験シリーズ)』で記述問題の対策をしていくことをオススメします。記述問題を攻略するためには、『高校これでわかる生物』といったような講義系の参考書を読み込むことも重要になってきます。生物の必修整理ノート で生物の基礎的な知識をしっかり暗記していく、高校これでわかる生物と国公立標準問題集CanPass生物基礎+生物の方で記述・論述問題の対策をしていく。これを完成させれば、静岡大学の生物でも高得点が狙えると思います。生物は、初見の問題を考察していかないといけない問題もあり、過去問演習も重要なので作戦を立てていくようにして下さい。

静岡大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP