徳島大学

徳島大学 学部/倍率/偏差値/センター利用

学部 倍率 偏差値 センター利用
総合科学部 2.1~3.4倍 47.5 なし
医学部 2.4~2.8倍 47.5~65.0 なし
歯学部 3.8~7.5倍 50.0~60.0 なし
薬学部 1.7~4.3倍 52.5~57.5 なし
理工学部 2.0~2.8倍 45.0~50.0 なし
生物資源産業学部 1.9~2.2倍 なし

徳島大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1大問2が英語長文問題。大問3が自由英作文問題となっています。長文問題に関しては記述問題中心の出題傾向となっています。ただ、少し注意して頂きたいのは一般的な和訳せよとか説明せよと言った記述問題ではなく、~について本文中でなんと書いてあるかなどを問われたりする設問が特徴的な問題が多いです。なので、徳島大学の過去問に取り組み、設問を分析してどういった答えをかけば設問に即した答えとなっているかは必ず確認して下さい。和訳する力や説明する力があったとしても、設問の意図をしっかり汲んでいない答案では得点できません。なので設問の意図をまずしっかりくんで、それに即した答えをしっかり記述で書けるように対策をしておいて下さい。

対策
長文問題に関しては『国公立標準問題集CanPass英語 (駿台受験シリーズ)』に取り組むようにして下さい。この参考書で記述の力を上げていき、長文読解力もつけていきましょう。CanPass英語に取り組んだ後は最後は過去問演習の中で徳島大学の傾向に合わせて対策をしていって下さい。英作文に関しては『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』で自由英作文が書けるように練習をしていって下さい。

国語

傾向
大問4題の中から3題を解くといった形式になっています。大問3が古文、大問4が漢文となっており、大問3か4のどちらかを解答するという形式です。なので古文、漢文のどちらか好きな方を選べるということが徳島大学の国語の特徴です。なので得意な科目を解くようにしましょう。また、私立大学と相性が良いのは古文です。関関同立などを考えている方は古文を選択することをオススメします。ただ、漢文のほうが勉強量は少なくて済みます。現代文、古文、漢文全てに共通することは記述問題が多いです。なので記述の対策をしっかりやっていくようにしましょう。現代文の出題傾向としては記述問題の中でも抽象的な部分に線が引いてあり、抽象的な部分をわかりやすく説明しなさいというような形式の記述問題が多いです。本文に必ずわかりやすく説明してある部分があるはずなのでそこを見つけて、抽象的な部分をわかりやすく言い換える訓練を行っていって下さい。

対策
記述問題に関しては『国公立標準問題集CanPass現代文 (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass古典 (駿台受験シリーズ)』で対策を行って下さい。そこで採点基準、採点ポイントと照らし合わせて自分の答案に抜けている部分はないかしっかり比較して、抜けているポイントがあれば完全答案が書けるようになるまで繰り返し復習を行って下さい。CanPassを徹底的に活用して記述の力をつけていきましょう。最終的には徳島大学の過去問演習の中で現代文、古文、漢文それぞれ記述の練習を行って、CanPassで培った力が反映されているかどうかを検証していくようにしましょう。

理系数学

傾向
徳島大学の理系数学には2種類の入試問題があります。1つ目が医学部医学科、歯学部、薬学部といった医歯薬系の学部が受験する問題。もう1つが医学部保健学科や理工学部が受験する問題。という風に2種類あります。2種類とも問題の難易度はそこまで大きな差はないですが、医歯薬系の方がやや難易度が上がるといった出題になっています。徳島大学の理系数学全体の傾向としては、大問ごとに小問が3つずつつけられています。小問1、2はかなり基礎的な内容になっています。ただ、小問3については複雑な難易度高めの問題が多いです。なので小問3が正確に解ききれるかどうかが徳島大学の理系数学で高得点が取れるかに直結します。大問を解くときに一番最後の小問まで解ききれる力をつけていくことを目標に対策していくと良いかと思います。小問3はどんな問題かというと数学の複数の分野が融合したような問題が出題されています。なので融合問題の本質を見抜いて融合問題の組み合わさった要素を明らかにしていくことが重要になります。それさえ見えれば後はオーソドックスな解き方に帰着させて完答することができると思うので、問題の本質を見抜く能力をつけていくようにして下さい。

対策
まず最初に『基礎問題精講 ⅠA・ⅡB・Ⅲ』を仕上げて下さい。その後にセンター試験対策を行ってください。センター試験対策が終わったら『国公立標準問題集CanPass数学1・A・2・B (駿台受験シリーズ)』『国公立標準問題集CanPass数学3 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。基礎問題精講の時点で問題文を見て、最初の解答の方針が言えるようになるまでやり込んでおくことが重要です。その力をCanPassに取り組むときも活かしましょう。CanPassの問題文から解答の方針が立てられるようになっていれば、基礎は盤石な状態と言えるかと思います。過去問を解くときにも問題文を見て、この問題はこういう方針で解くということが言えるぐらいまで復習をやり込んでおくと、大問の小問3まで取り切れる力がついていくと思います。結局数学は問題文を正確に把握して、解き方を言えるぐらいまでやり込んでおくことが重要になってきます。そのことを意識して基礎問題精講、CanPass、徳島大学の過去問に取り組んで下さい。

物理

傾向
2017年の入試問題は力学、電磁気、熱力学の3分野からの出題となっていました。今後原子の分野などからも出題される可能性が高いため、物理の全分野を満遍なく対策しておくことをオススメします。他の国公立大学と比較すると問題の難易度は易しめとなっています。基礎から標準レベルの演習をしっかりした方であれば十分高得点が狙える試験となっているのでしっかり対策をして高得点を狙いましょう。

対策
『物理のエッセンス』と『良問の風』に丁寧に取り組んで下さい。『良問の風』のレベルがしっかり身に付いていれば『良問の風』の解き方で十分合格点が狙える試験なので、時間がない方はそのまま過去問演習に入って下さい。徳島大学は国公立大学特有の図を書く問題やグラフを書く問題が出題されています。もし時間がある方は国公立大学専用の参考書『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』にも取り組んでおくことをオススメします。ここまでやっておくと余裕を持って徳島大学の問題にも対応できるかと思います。『良問の風』や『国公立標準問題集 CanPass物理基礎+物理 (駿台受験シリーズ)』をしっかりやり込み高得点を狙っていきましょう。

化学

傾向
徳島大学の化学の特徴はまず、問題文の分量が多いことです。2つ目が基礎的な用語や知識を問う問題が多いことです。計算問題は比較的少なめです。そういったことを念頭に対策をしていきましょう。基礎的な用語の種類として化学の実験に関する知識まで必要になってきます。他の大学ではあまり出題されない分野ですが実験に関する器具や実験についての注意点についても出題されていたので、そういった細々とした知識を含めて暗記していくようにしましょう。また、問題文が長い、文章量が多いということに関してですが、当然問題文の文脈に即して問題を解いていく必要があります。初めて見るような化学の物質の説明が問題文でされていたりする問題も出題されているので、問題文を正確に把握して解答の手がかりを得られるようにしましょう。

対策
まず最初に『リードLightノート化学基礎』『リードLightノート化学』を徹底的に仕上げるようにして下さい。その後に『国公立標準問題集CanPass化学基礎+化学 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。ここで徳島大学と同レベルの問題を演習することでリードLightノートで身に付けた知識が正確にアウトプットできるかどうかを試していきましょう。リードLightノートの知識がしっかり身に付いていれば徳島大学の化学では十分合格点が狙えると思います。後は過去問演習の中で分量の多い問題文を正確に読み取る訓練を行って下さい。

生物

傾向
徳島大学の生物の最大の特徴は論述問題の字数が多いことです。また、そういった論述問題が複数題出題されています。200字論述の問題が4題ほど出題されていて、これらの問題の配点が全体で占める割合が非常に高いです。論述問題がクリアできるかどうかが徳島大学の生物で高得点が取れるかどうかに直結してきます。論述問題の完成度を上げていくことが徳島大学の合格に一番近づくポイントとなってくるので、そこに重点を置いて対策していくようにしましょう。論述問題の攻略のポイントとしては生物の基礎的な用語や語句を記述で説明できるぐらい理解しておくことが大事です。生物は暗記科目というイメージから生物の用語や語句を単に暗記して、理解していないというケースが多いです。生物の用語や語句を覚えるときにその用語や語句の定義をしっかり確認して、定義が言えて用語や語句を説明できる状態になるまで暗記を行って下さい。徳島大学の論述問題は生物の基礎的な現象について説明を求めている問題が多いのでそのような勉強ができていれば上手く乗り越えられると思います。

対策
まず『必修整理ノート生物基礎改訂版』『必修整理ノート生物改訂版』を使って生物の基礎的な語句をまず徹底的に暗記していって下さい。その時同時に『高校これでわかる生物 (高校これでわかる新課程版)』という講義系の参考書を読み込んでいくようにして下さい。用語や語句の単純暗記ではなく『高校これでわかる生物 (高校これでわかる新課程版)』という説明の参考書を読むことによって理解を深めていくようにして下さい。用語や語句について頭でわかったというレベルではなく記述で説明できるレベルまで仕上げておくことが、記述問題で正確に記述できるようになるためのポイントとなります。そのあと『生物基本徹底48』やセンター試験対策でアウトプットの練習を行いましょう。最終的には『国公立標準問題集CanPass生物基礎+生物 (駿台受験シリーズ)』に取り組んで下さい。この参考書で記述の練習をして、自分の書いた答案と解答の採点基準を照らし合わせながら足りていない部分を把握して、記述の力を上げていきましょう。最後は徳島大学の200字論述がしっかり解けるようになるまで過去問演習をして対策をしていって下さい。

徳島大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP