東京理科大学

東京理科大学は東京都・千葉県などにキャンパスをもつ大学で、
理学部・工学部を中心に理系に特化した私立大学です。
理系の私立大学を目指す方、国公立大学理系学部の併願で受験する方が多い人気大学です。

東京理科大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1と2と(3(文系))は長文と会話などの読解問題。大問3と大問4は文法系の知識問題が出てくる。文法問題が単独で2題出てくるのが特徴となっている。同意文問題などがでてくる。

対策
文法の対策では『NextStage』や『Vintage』などをやっておこう。『システム英単語』や『ターゲット』の単語帳で似ている単語の勉教をしておこう。長文の対策では『毎年出る頻出英語長文』『やっておきたい英語長文500』レベルとしてMarchレベルの参考書を勉教しっかりしましょう。会話文では『英会話問題のトレーニング』で対策しておきましょう。

国語

傾向
大門2題とも現代文の問題である。古文漢文の出題は無い。科学系統の問題や基礎知識(日本語、漢字)を問う問題になっている。

対策
現代文の良く出る語句などの対策をしましょう。参考書では、『言葉は力だ!』『現代文キーワード読解』をやっておきましょう。抜き出しや記述問題なども出てきますので、対策としては武田宿のルート(Marchレベル)の『Gmarch関関同立の現代文』,『Marchレベルの現代文読解力の開発講座』などを勉強しておきましょう。最終的には過去問などをやりましょう。

文系数学

傾向
数学のレベルはMarchで比べるとやや上となっている。大問1が小問の問題で優しめ。大問2~3が標準レベルの問題となっている。武田塾のMarchレベルの参考書をやっておきましょう。

対策
武田塾のMarchレベルの参考書を行いましょう。『基礎問題精講』→『文系の数学重要事項完全習得編』→『文系の数学実戦力向上編』の順番で対策をしておきましょう。特に向上編の完成度をしっかりと上げておきましょう。上記の参考書が終わったら、過去問の演習をかさねていきましょう。

理系数学

傾向
大問1から大問3まで数Ⅲの絡んだ問題が多い。典型的な問題から一段階踏み込んだ難易度となっています。

対策
数Ⅲの対策をしっかりと行ってから入試対策をしておきましょう。『理系数学の入試の革新標準編』までのレベルをしっかりと抑えておきましょう。余裕のある方などは『やさしい理系数学』で思考力を鍛えましょう。過去問などは典型的な問題がある程度解けるようになったら入っていきましょう。

日本史

傾向
200字以内で論述しなさいという内容の問題が出題されています。対策をしっかりしておきましょう。もう一点の傾向としては出来事の順序を問う問題が多いです。また正誤問題も多く出題されています。日本史の用語を覚えるだけでは無くて、文章の正しい文脈の中でその語句が使われているかを吟味する対策が必要になってきます。

対策
『元祖日本史年代暗記法』を使って知識を時系列で整理しながら覚えて行くということが重要になります。論述対策としては『考える日本史論述』を使って下さい。かけないテーマがあった場合は教科書で調べるようにしましょう。史料問題も出題されるので『日本史史料問題一問一答』もやっておくと良いかと思います。

世界史

傾向
全問題マーク式となっている。正解とは1個とは限らず、複数の回答を選ばなければならないため正誤問題の対策が必要となっている。時系列の問題も出てくる。

対策
世界史の語句を正確に暗記しておくことが重要となっている。『ツインズマスターシリーズ』『一問一答ターゲット4000シリーズ』『神余のパノラマ世界史シリーズ』『世界史一問一答』を対策した後『オンリーワン世界史』を解いて総合的な力を付けていきましょう。時系列の問題では『元祖世界史年代暗記法』で年号ごとに対策をしておきましょう。

政治経済

傾向
基礎的な内容を問う問題が多い傾向にあります。一部正誤問題で細かな数字が問われたり、時事問題を絡めた問題があります。

対策
『畠山のズバッとわかる爽快講義』『畠山のズバッとわかる爽快問題集』の2冊を軸として身につけていけば、問題なく回答できる問題が多いです。総合的な演習として『私大攻略の政治経済』で演習を積んでいくようにしましょう。これらをこなすことができれば十分対応できる範囲だと思います。

物理

傾向
力学・電磁気・波動・熱力学を全範囲満遍なく対策をしていく必要があります。分野によって偏りを作らず全分野満遍なく対策をしていくよう意識しましょう。問題の難易度はやや高めに作られています。まずは典型的な問題に回答できるように基礎固めをしていきましょう。

対策
『良問の風』で典型的な問題の解き方をおさえた後、過去問演習の中でその知識をアウトプットしていくようにしましょう。時間に余裕のある方は早慶レベルの『名問の森』の対策まで

化学

傾向
典型的な問題がほとんど多く、大問が6題ということで早く解けるようにしておく必要がある。瞬発力やスピード力を鍛える必要がある。

対策
『化学レベル別問題集 3上級編』『化学重要問題集 A問題』をしっかり見た瞬間解けるようにしておきましょう。高得点を取りたい方は『化学レベル別問題集 4』や『化学重要問題集 B問題』を行いましょう。

生物

傾向
東京理科大学の生物は基礎的な問題が多いです。基礎的な生物の用語や現象に関しての問題は必ず答えられるようにしましょう。実験考察系の問題が如何に得点できるかが合否の分かれ目になってくるので対策が重要になってきます。

対策
『リードLightノート』を使って生物の基礎的な語句・用語を網羅していく形になります。その後『理系標準問題集 生物』をやっていき、問題演習を重ねていきましょう。実験考察や思考力が必要な問題は標準問題集の中にある程度含まれているのでこの問題集に取り組む時にデータが与えられていたらどこに注目して生物現象とつなげて解いていくのか、実験問題だったらどこに着眼点を持っていけばいいのかというところを参考書・問題集をやりながら鍛えていくようにして下さい。最終的に過去問をやる時に身につけたアプローチを実践していくようにしましょう。もし余裕があれば『大森徹の最強講義117項』『大森徹の最強問題集』の2冊の方に入っていって貰えたらと思います。

東京理科大学 武田塾式偏差値40からの受験生活

高3春(偏差値40)

東京理科大学を目指す受験生の春は「基礎基本を固めること」が重要です。
特に理系数学の対策に時間がかかるので理系数学は優先的にすすめ、早めに完成させましょう。

高3夏(偏差値50)

東京理科大学を目指す受験生の夏の過ごし方は基礎の徹底確認です。
数学や理科の基礎を完璧に仕上げましょう。
理系科目は基礎事項に漏れがあると応用がきかない科目です。
夏の時点で基礎事項に漏れがない状態にしておきましょう。

高3秋(偏差値60)

東京理科大学を目指す受験生の秋の過ごし方はMARCHレベルの演習に入っていきましょう。
特に数学や理科は難易度の高い問題も多く出題されるため、
秋にかけて入試の実践演習に入り、余裕をもって対策しましょう。

高3冬(偏差値65)

東京理科大学を目指す受験生の直前期の過ごし方は「過去問演習」と「最終調整」に力をいれましょう。
東京理科大学は標準レベルの入試問題に長い文章や複雑な設定が加えられていたりするので、
過去問にあわせた対策が非常に重要になります。

東京理科大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP