筑波大学

筑波大学 試験の出題傾向/対策

英語

傾向
大問1、大問2が英語の長文問題です。大問3が英語の長文問題と英作文が混ざった形式の問題になっています。筑波大学の英語は120分という長い試験時間の中で3題の長文を読むという形になっていますが、これは解答の記述量が多いということがその理由です。他の科目にも共通することですが記述力・論述力を徹底的に仕上げていく必要があります。

対策
長文に関しては『毎年出る頻出英語長文』や『国公立標準問題集Canpass 英語』までのレベルをしっかり仕上げておきましょう。特に『国公立標準問題集Canpass英語』の中に含まれている記述問題に関しては採点基準にもしっかり目を通し、完璧な答案が書けるように何度も練習しておくことをオススメします。そのレベルまで勉強が進めば後は過去問で記述量の多い筑波大学の長文に慣れていくようにしましょう。
英作文に関しては自由英作文問題が出題されています。『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』
『英作文ハイパートレーニング自由英作文編』で対策を行っていきましょう。また整序問題も出題されているので整序問題が苦手な場合は『短期で攻める英語長文200』で対策を行うのがオススメです。

国語

傾向
大問1、2が現代文の問題、大問3が古文の問題。大問4が漢文からの出題になっていました。どの大問にも共通することは記述量が多い試験になります。特に現代文はほとんど全て記述形式の問題になるので、解答を記述・論述で書けるように訓練をしておいて下さい。

対策
『国公立標準集 Canpass現代文』レベルの文章、記述問題はしっかり書けるように仕上げておきましょう。さらに余裕があれば『得点奪取現代文』などの記述問題の対策をやっておくことをオススメします。これらは現代文に限らず古文・漢文にも言えることです。
古文でも記述問題が多く出題されているのでそちらの対策もしていって下さい。また、古文に関しては和歌の掛詞や古文単語や古文常識の知識も重要になってきます。そういったところも『古文単語315』の後ろの方に古文常識の知識が書いてあるのでそちらも必ず目を通しておきましょう。
漢文に関しては書き下し文であったり句法の知識が重要になってきます。漢文の基礎知識を充実させて後は記述問題の対策もしておくと良いでしょう。

文系数学

傾向
学部によりかなり形式が変わってきますが文系の方であれば、社会学類と国際総合科学類を受験する方が多いと思いますので3つの問題から2題を選択して解答するという形式になります。問題の難易度は標準レベルです。特別難しい難問が出題されるというよりは、典型問題が少しひねられた形式になっています。数学の入試問題を一通り解いてきた人であればある程度解答の方針が立つような難易度になるかと思います。

対策
まず『基礎問題精講』でしっかりと数学の基礎をつけるようにしましょう。その後センター試験の過去問に取り組み、まずセンター試験で高得点が取れるようにしていきましょう。センターレベルの対策を終えた後は『国公立標準問題集Canpass 数学』で国公立の数学の問題を一通り解答できるようにしてください。このレベルまで仕上がってくると筑波大学の問題でもある程度解答の方針が立つようになってくると思います。ただ、計算が複雑な問題も含まれているので計算力もしっかり身につけておきたいです。『受かる計算』などで計算の練習もしていくようにしましょう。後は過去問演習をしながら、社会学類を受験される方は3題の中でどの2題を選択すればいいかを見極めるトレーニングをしておくと高得点に結びついてくるかと思います。

理系数学

傾向
大問1から3にかけての範囲がⅠA・ⅡBの範囲、大問4から6が数Ⅲの範囲になっています。数Ⅲの3題は必ず解く事になっており、ⅠA・ⅡBの範囲から1題を選択する形になっています。大問4から6が数Ⅲの範囲で出題されることがわかっているので特に数Ⅲの範囲に時間をかけて取り組むようにしましょう。しかし2017年度の問題であれば格子点・数列のところと極限の範囲がミックスされた形式で出題されていたりするので、数学ⅠA・ⅡBの方も満遍なくどの分野も対策していくことをオススメします。

対策
参考書のレベルとしては『国公立標準問題集Canpass 数学』や『理系数学入試の核心 標準編』こちらのレベルは仕上げておきたいレベルになります。さらに難しい問題にも対応するために時間に余裕がある方は『易しい理系数学』の方まで踏み込んで対策をしていくことをオススメします。『理系数学入試の核心 標準編』までが身についていると入試で出題されるような典型的な問題に関しては十分対応できるようになってくると思います。数学で稼ぎたい方は『易しい理系数学』で初めて見る問題に対する初見の問題に対して解答の指針を立てていく力を鍛えて貰えるといいかなと思います。

日本史

傾向
大問5第ともテーマが与えられており、それぞれ400字で論述しなさいというような形式の問題になっています。120分で2000字近い論述を課されることとなり、とても論述料の多い試験になります。もしかすると筑波大学の日本史が全国の大学の中でも最も論述が多いと言えるかもしれません。そういったことがあらかじめ分かっているので、論述の対策を徹底的にしていくことをオススメします。

対策
『考える日本史論述』で論述の対策を重点的に行うようにして下さい。しかしいきなり論述の対策をしても中々点数が取れるわけでは無いので、まずしっかり基礎知識の定着をさせることをオススメします。『スピードマスター日本史』『日本史B一問一答完全版』、センター試験の過去問などで基礎力を磨いていきましょう。その時に単に語句を暗記することに留まらず、用語の意味や用語の使用されている文脈まで気を配って暗記するようにしましょう。『日本史B一問一答完全版』で語句の充実を計り、日本史の教科書の読み込みや『元祖日本史年代暗記法』で日本史の流れを理解しておくようにしましょう。読んだ内容が言葉で説明できるレベルになっておけば論述の対策に役立ちます。史料問題も出題されるので『日本史史料問題一問一答 完全版』にも取り組むようにしましょう。論述を書けるようにするにはどのように勉強を進めていけばいいのかということを念頭において日本史の対策を進めていきましょう。

世界史

傾向
大問4題はそれぞれテーマが与えられていて400字で論述するという出題形式になっています。120分間の中で400字論述を4題、1600字近い論述をしないといけない出題形式になっています。他大学と比べても筑波大学の世界史は最も論述量が多いと言えるかもしれないです。なので世界史の勉強をするときは言葉で記述して説明できるぐらい知識を身に着けておいて下さい。

対策
注意点としては『ツインズマスター世界史』『世界史B一問一答完全版』『ナビゲーター世界史』などで語句を覚える際に単純暗記するだけでは筑波大学の世界史では全く通用しません。言葉を覚えるときは論述の中で使えるように文脈をおさえ、言葉の意味などもおさえた上で暗記をしておくようにしましょう。そういった基礎知識の暗記が進んでいけば後は『わかる、解ける、書ける世界史論述』という論述の参考書を用いて、論述対策を徹底的に行うようにしましょう。論述の対策が難しい場合は教科書の読み込みや『元祖世界史年代暗記法』で世界史の出来事を縦に国ごと地域ごとに整理して流れを掴んでいきましょう。そして世界史の出来事について語れるようになっておいて下さい。最終的には過去問の400字論述を徹底的にトレーニングするすることが一番の対策になってきます。読み込み、知識の整理、論述の演習のステップで学習を進めていきましょう。

地理

傾向
大問は4題とも400字で論述をしなさいというような形式の問題になっています。120分間で1600字近い論述をしていかないといけない入試問題になっています。他大学と比較しても全国で一番論述量が多いと言っても過言では無いかもしれません。地理の問題も他の社会の科目と同じく知識だけでは回答出来ない、思考力、推理力、推察力がいるような問題が多いです。データやグラフ、写真が与えられていて、その中から数字や地形図を読みとったり写真の特徴を読み取ったりしながら地理的な考察をしていかないといけない問題が多いです。与えられたデータから情報を汲み取り、自分の中で考察を加えて論述していくというかなり難しい出題になっています。

対策
論述対策の中では与えられた情報の見方や読み取り方を鍛えていく必要があります。『納得できる地理論述』のような参考書をオススメします。参考書の解説に与えられた情報の見方が書いてあるのでしっかり読み込んで情報の見方を身に着けていきましょう。また400字の論述の中で採点基準を意識してポイントを正確に詰め込み、高得点が狙える答案づくりをしていきましょう。もちろん基礎知識や語句の暗記は必要なので『センター試験の点数が面白いほど取れる本』や『瀬川のセンター試験地理B超重要問題の解き方』などで地理の用語を暗記して正しい文脈の中で使えるような基礎知識の反復を常にやっておくようにしましょう。

倫理

傾向
4題それぞれの大問が400字の論述問題形式となっています。倫理の論述の参考書はほとんどゼロといっていいくらい無いです。なので対策がかなり難しい科目になることをわかった上で選択するようにして下さい。

対策
対策としては『蔭山のセンター倫理』や『倫理基本問題集』、マーク式問題集、センター試験の過去問などで倫理の基礎知識を徹底的に固めるようにして下さい。『蔭山のセンター倫理』という講義系の参考書があるんですけど、この参考書を徹底的に読み込んでおくことをオススメします。しかしセンター試験で高得点が取れるだけでは筑波大学の試験では全く得点出来ません。選択式ではなくて講義系の参考書で倫理の用語や、人物名が出てきた時にその人物はどのような思想をしているのかということを記述論述で書けるようなレベルまで知識を仕上げておく必要があります。講義系の参考書で読み込みを徹底的に行い、記述で説明できるようになって下さい。『蔭山のセンター倫理』の読み込みが終われば、『大学入試の得点源 センター倫理』でも同じように対策をしていくようにしましょう。最終的には過去問での演習が一番になってきます。過去問のやり込みもしっかり行っていきましょう。

物理

傾向
2017年度試験の物理の出題範囲は大問1が力学、大問2が電磁気、大問3が原子からの出題になっています。過去の出題からも1番が力学、2番が電磁気というケースが多いです。大問3は波動や熱力学、原子からの出題になっていました。なので全分野満遍なく対策しておくことをオススメします。問題の難易度は筑波大学ということもあり難易度はやや高めに設定されています。『名門の森』のレベルまではしっかり仕上げておくと安心かと思います。

対策
『物理のエッセンス』『良問の風』という所で地方国公立ぐらいのレベルまではしっかり仕上げておくことをオススメします。『良問の風』が終わったら『名門の森』に移行して、もし『名門の森』をやって時間が余るようであれば『物理重要問題集』などで演習量を確保しておくと高得点ができるかと思います。後は過去問の中で身につけた物理の知識、法則を用いて応用力を鍛えていくようにして下さい。

化学

傾向
2017年度の出題分野では大問1は有機化学メインの出題。大問2が理論化学からの出題。大問3が無機化学メインの出題となっていました。なのでどの分野からも満遍なく出題されています。全分野偏りなく勉強しておくことをオススメします。出題の特徴は化学反応式や構造式を記述で書く問題が多いです。また、計算問題や初めて見るような実験考察問題なども出題されています。なので化学の総合力を鍛えていく必要があります。

対策
『化学リードLightノート』で化学の基礎知識を身につけた後、『化学レベル別問題集3』『化学重要問題集』のA問題で国公立でよく見かけるような基本的な問題はおさえておくことができると思います。その後『化学レベル別問題集4』『 化学重要問題集』のB問題で筑波大学で出題されるような応用問題も対策できるので、『化学レベル別問題集4』『 化学重要問題集』のB問題まで着手しておくことをオススメします。そこまで仕上げていば十分合格点が狙えるので『レベル別問題集』と『化学重要問題集』の2冊を完璧に身につけておいて下さい。

生物

傾向
筑波大学の生物は論述問題が多いです。100字で記述しなさいという問題が複数出題されているので、生物についてしっかり現象から理解をして記述で書けるように対策を行って下さい。細かな知識の問題や初めて見るような生物の名前が出てくるような問題も出題されています。問題文をよく読み初見の現象や生物名に対してしっかり推察していく必要があります。なので応用問題の演習にも取り組むようにして下さい。

対策
『理系標準問題集 生物』のA問題とB問題にしっかり取り組み一般的な国公立の入試問題を解けるようにしましょう。時間がなければここまででもいいのですが、余裕があれば『大森徹の最強講義 生物』『大森徹の最強問題集 生物』の2冊まで仕上げておくとかなり点数が期待できるかと思います。『大森徹の最強講義 生物』では生物の細々した知識がカバーできるので読み込みをしておき知識のストックを蓄えましょう。『大森徹の最強問題集 生物』では筑波大学で一部聞かれるような応用的な知識を問う問題があるので、これで対策をしておくと筑波大学の生物にも対応できるでしょう。

筑波大学 動画で解説する科目別試験対策

TOP