講義形式で世界史の流れを掴める参考書はこれ!『神余のパノラマ世界史 古代から近代へ近現代』

講義形式で世界史の流れを掴める参考書はこれ!『神余のパノラマ世界史 古代から近代へ近現代』
出版社名:学研プラス

科目

世界史

対象となる大学群

  • MARCH 一覧
  • ,
  • 日東駒専 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ,
  • 産近甲龍 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ,
  • 大東亜帝国 一覧
  • ジャンル

    世界史 講義形式の参考書

    目的

    世界史の流れを把握する

    分量

    275ページ、287ページ

    参考書対応大学

    世界史の学習を進めていく上で、1番大切なことは世界史の全体概要をつかむことです。この参考書は『教科書よりやさしい世界史』よりも発展した参考書になります。講義形式で普通の参考書とは違い楽しく世界史の流れを把握することができる1冊です。

    講義形式で世界史を学習

    この参考書は講義形式で世界史の流れをつかむことができる参考書です。多くの参考書は白黒で読みづらいものが多いですが『神余のパノラマ世界史』はフルカラーで写真や図表が掲載されている参考書なので飽きずに取り組むことができます

    さらに発展した知識を得るためには参考書があったほうがより知識の吸収率を高めることができますが、基礎的で重要な世界史の流れをこの1冊でカバーすることができるので、この参考書に取り組む1周目は資料集を併用して取り組む必要がありません。

    参考書の使いかた

    わからない用語は必ず調べよう

    『神余のパノラマ世界史』はMARCHレベルの大学を目指すための内容が含まれています。この参考書内では重要語句はわかりやすく解説されていますが、もしそれでも理解ができない場合は世界史用語集を併用して使用しましょう。

    レベルの高い大学を目指す人は「どこで・いつ・何が」起こったのかを正確に覚える必要があります。この参考書ではどの時代に何が起こったのか図表と写真を使って解説をしてくれますがもしわからない単語があればその都度抑えていくようにしましょう。

    講義形式の参考書であるため、話し言葉で説明をしてくれますが、神余のパノラマ世界史』に取り組み、筆記形式の演習問題に取り組む場合は書き言葉で書くように注意してください。

    問題集を併用しよう

    神余のパノラマ世界史』は講義形式の参考書で、どちらかというの世界史の流れを把握するための参考書です。しかし実際に入試では、特に記述の入試では用語を正確に覚え書くことができなくてはいけません。そのためわからない用語が出てきたときは必ず用語集を使い知識を補ってください。

    この参考書で身につけた知識を次は実際に問題を解いて自分の知識があっているのか確認をしなければいけません。そのため1周この参考書に取り組んだ後は問題集に取り組んでみてください。

    そうすることで自分がどのような問題に弱いのか弱点を知ることができます。弱点を見つけたら、同じ間違いを繰り返さないように神余のパノラマ世界史』に取り組み必要な知識を再度吸収しましょう。

    大学傾向分析

    『MARCHレベル』を狙う受験生に『神余のパノラマ世界史』がオススメの理由

    MARCHレベルの世界史の試験では短めの記述問題が出題されます。条約の内容をしっかりと把握している必要があるので、歴史を点ではなく線で見る必要があります。

    神余のパノラマ世界史』は世界史の流れを確実に学習したい人にオススメです。この参考書は基礎レベル〜MARCHレベルを目指すことができるより細かい知識を吸収することができます。講義形式で世界史を学ぶことができるのでこれから世界史の問題集に取り組む人にもオススメです。

    難易度の高い内容も少し出てくるので理解しずらいことが多々ありますが、そのときは教科書・用語集もしくは資料集と併用してしようしてみてください。この一冊で基礎的な学習〜合格圏に近づくための知識を吸収することができるのでセンターレベルからMARCHレベルを目指す受験生は必ず取り組んでください。この1冊で世界史で必要な用語や流れを把握し、問題集に取り組むことでとで、さらに世界史のレベルアップへ繋げることができます。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    講義形式で世界史の流れを把握し、入試に必要な知識を吸収することができる参考書『神余のパノラマ世界史』。この参考書を生かしどのように合格圏に近づけば良いのか各大学ごとに必要な参考書ルートを解説をしますので、参考にしてみてください。世界史の学習に取り組むときは資料集の活用も忘れないようにしましょう。

    センターレベルのルート

    この『神余のパノラマ世界史』は『教科書よりやさしい世界史』に取り組んだ後に取り組んでください。しかしながらこの1冊だけではセンター試験やそれ以上の大学合格圏に近づくことは難しいです。そのため『教科書よりやさしい世界史』に取り組んでいる最中は自身が持っている資料集や世界史の用語集を使い重要な語彙を見落とさないようにしましょう。

    この参考書で全体の概要を理解した後『流れがわかる 各国別・地域別 世界史Bの整理』に取り組み世界史の内容を細かく分野ごとに理解を深め入試に備えてください。そうすれば『教科書よりやさしい世界史』で吸収した知識を武器として入試や問題集で活かすことができます。

    地方国立大レベルのルート

    『教科書よりやさしい世界史』、『神余のパノラマ世界史 古代から近代へ 近現代』いずれかを 高校世界史基本用語問題集 ツインズマスターと併用しましょう。

    『神余のパノラマ世界史』は世界史の流れがわかりやすく講義形式で作られています。さらに理解度を深めるようにフルカラーでグラフや写真が記載されています。しかし地方国公立やセンター試験では各時代ごとにどのようなことが起こり、さらに同じ時期に国ごとにどのようなことが起きたのかが問われます。

    そのためこの参考書に取り組んだ後は『流れがわかる 各国別・地域別 世界史Bの整理』に取り組み自分が吸収した知識を整理してみてください。

    さらに問題集と並行して取り組むことで自分の知識が正しいのか間違っているのか。間違っている場合どのように補っていけば良いのか自己理解をすることができるので受験勉強の計画を立てやすくなります。

    教科書よりやさしい世界史

    出版社 旺文社
    対象となる大学群 センター〜MARCH
    ジャンル 世界史参考書
    目的 世界史の概要把握
    分量 288ページ
    神余のパノラマ世界史 古代から近代へ近現代

    出版社 学研プラス
    対象となる大学群 MARCH
    ジャンル 世界史 講義形式の参考書
    目的 世界史の流れを把握する
    分量 275ページ、287ページ
    高校世界史基本用語問題集 ツインズマスター

    出版社 山川出版社
    対象となる大学群 センターレベルー日東駒専・産近甲龍
    ジャンル 世界史参考書
    目的 難しい問題にもなれる
    分量 168
    流れがわかる 各国別・地域別 世界史Bの整理

    出版社 山川出版社
    対象となる大学群 センターレベル
    ジャンル 世界史参考書
    目的 縦の流れを掴む
    分量 多め

    まとめ

    センターレベルからMARCHレベルを目指すことができる参考書『神余のパノラマ世界史』。この1冊を丁寧に取り組めばこれから取り組んでいくべき参考書へも抵抗なく取り組むことができます。

    自分の目標を達成するためにこの参考書にしっかりと取り組み世界史の全体概要を把握しましょう。自分の目標と自分の実力にあったルート参考書を利用して着実に合格圏に近づいてください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP