記述入試の対策入門は『判る!解ける!書ける!世界史論述』

記述入試の対策入門は『判る!解ける!書ける!世界史論述』
出版社名:山川出版社

科目

世界史

対象となる大学群

  • 東大 一覧
  • ,
  • 早慶 一覧
  • ,
  • MARCH 一覧
  • ,
  • 関関同立 一覧
  • ,
  • 地方国公立 一覧
  • ジャンル

    世界史参考書

    目的

    縦の流れを掴む

    分量

    多め

    参考書対応大学

    世界史の学習を始め、志望大学の受験方式が記述式の場合ある程度の知識を学習した後記述対策の参考書の少なさにびっくりすることもあると思います。なので今回は記述式の試験を受ける人のために世界史のい記述式対策に特化した参考書をお勧めします。

    わかりやすく論述の対策

    『判る!解ける!書ける!世界史論述』は世界史記述式対策の参考書として易しいレベルの問題が収録されています。そのため初めて記述式の問題に取り組む方、記述式が苦手な方、記述式の採点基準がわからない人はぜひ取り組んでみてください。この参考書は世界史の記述式試験で確実に点が取れるように解説がしてありますので解説をしっかりと読んでください。

    レイアウトもとても見やすく、見開きのページに問題と解説が収録されてあります。世界史の記述式の問題には加点される基準があらかじめ決められており、この参考書ではこのような問題の場合どのような要素を書くべきか示してくれます。

    参考書の使いかた

    センターレベル〜中級レベルの基礎知識を学習しましょう

    『判る!解ける!書ける!世界史論述』は記述式の問題としては難易度はやや低めの参考書ですが、記述式の問題で正解に近づくためには基礎知識がなければいけません。『ナビゲーター』や『神余のパノラマ世界史』に取り組み世界史の基礎知識を学びましょう。

    そうする事で学習した知識を記述式の問題で書き出す事でアウトプットする事ができ自分の頭で世界史の流れを整理する事ができます。頭の中で知識を整理する事で文章を書く事が上達し、記述式の問題で加点ポイントを狙う事ができます。世界史の記述式では何度も問題に取り組む事が必要ですので何度もなんども取り組んでみてください。

    さらに上のレベルにも取り組もう

    この参考書は他の記述式対策の参考書に比べ、比較的易しめな問題集になっています。そのため国立大学やMARCHなど難関大学を志望する大学ではカバーする事ができない可能性が出てきます。この参考書は記述式問題の入門として取り組むようにして、その後さらに上のレベルの問題に取り組むために別の参考書に取り組むようにしましょう。

    論述問題が出題される大学を受験する場合は『判る!解ける!書ける!世界史論述』に取り組んだあとは、自分の志望大学や志望大学と同じ形式の問題に何度も取り組むようにしましょう。私立の大学では記述式の入試問題が出る傾向は低いので余裕がある人は取り組むようにしてみましょう。国立大学や早慶の文系大学では記述式の問題が出題されますので、その場合旧帝大や中堅国立大の過去問に取り組み自分の実力を伸ばすこともお勧めします。

    大学傾向分析

    早慶を狙う受験生に『判る!解ける!書ける!世界史論述』がオススメの理由

    『判る!解ける!書ける!世界史論述』は入試形式が記述式の大学を受験する人にオススメの参考書です。初めて記述式の対策を始めると、どのような点に注意して解答をすれば良いのかわからないことがあると思います。さらに早慶など難関私大を受験する人は難しい問題を記述式で解く必要が出てきますので、記述式の対策を始めた時に基礎的なポイントを把握しておくことで応用問題が出題された時も基礎的なポイントを使用して解答にズレが起こらないようにすることができます。

    早慶などの難関私大は世界史の知識をどれだけ詳しく知っているかを問う選択問題が多く出題されます。また、論述よりも記述問題の方がが多く出題されます。難易度はそこまで高くは無いですが、語句を正確に答えることができるように歴史の流れと紐づけて覚えて対策をしておきましょう。

    そのためこの参考書は早慶や難関私大を受験する人はしっかりと取り組み、できるだけ正解に近い解答をするために集中して取り組むようにしてください。この参考書を効果的に使用するためには応用問題に取り組んでいる最中も基礎的なポイントを意識して問題を解くことです。

    参考書ルート一覧

    大学別合格点突破レベルのルート

    この参考書は入試で記述式の問題が出題される可能性がある人はまずこの参考書に取り組むようにしてください。この参考書では基礎的な得点基準を問題を解きながら学ぶことができます。そのためこの参考書に取り組み、志望大学の記述問題の難易度がそれほど高くない受験生は『判る!解ける!書ける!世界史論述』に取り組んだ後受験する大学の過去問で入試傾向や本番と同じ何どの問題に取り組み実力を上げるようにしてください。

    判る!解ける!書ける! 世界史論述

    出版社 山川出版社
    対象となる大学群 国立大~早慶レベル
    ジャンル 世界史参考書
    目的 縦の流れを掴む
    分量 多い

    まとめ

    『判る!解ける!書ける!世界史論述』は世界史の記述式入試の対策として入門の参考書です。そのため国立大学や早稲田大学や慶應義塾大学の難易度の高い学部を受験する人はこの参考書だけでなくさらに上のレベルの参考書や志望大学と似た形式・レベルの参考書に取り組み自分の実力を伸ばすようにしてみてください。

    無料受験相談のご案内

    武田塾では、「授業をしない」指導方法であなたの志望校への逆転合格を実現します。

    無料受験相談も行なっておりますので、カリキュラム、勉強方法、進路相談など武田塾や受験に関することなど、ご気軽にお問い合わせください。

    サブコンテンツ

    TOP